読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

キャリアであるauから、MVNOであるmineoに移行するまで~事前準備編~

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


前回、移行するMVNOをmineoに決定したという事で、いよいよ実際の契約段階へと進むときが来ました。
aniota-alvarado.hatenablog.com
と、その前に、色々と事前にやっておくことがあったので、今回はそれらについて書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

WALLETポイントやau WALLETカードの残りって使えなくなるの?

まず、auを解約するということで、一番最初に気になったのがこの「ポイント関係」です。

WALLETポイントに関しては、当然のことながら解約後には使えないようですが、au WALLETカードにチャージされている分に関しては、解約後も使用可能ということでした。
www.amamoba.com
とはいえ、もうau関係のポイントを所有していても意味が無いので、これを期にすべて使い切ってしまいたいところです。

そこで私は、WALLETポイントをまずau WALLETカードにチャージして、au WALLETカードの残額をAmazonギフト券に交換することにしました。

以下、一応理由と流れとを書いていきますが、興味がない人は遠慮なく読み飛ばしちゃってください。



最初はWALLETポイントもAmazonギフト券に直接換えるつもりだったのですが、購入できるのが10,000円(10800pt)、1,000円(1170pt)、25円(50pt)とポイントが指定されており、私の場合は使い切ることができないことがわかりました。

だったら、まずWALLETカードにチャージしてから、Amazonギフト券に交換すればいいのではないか。

そう思って調べてみたところ、「WALLETポイントは1P→1円」という利率で変換されるようでして、問題がないようにも思えます。

しかしながら、チャージできるのは100円からという事なので、残りの99円以下はどうしても諦めなければなりません。

とはいえ、他にぴったり使えるような商品が、私の場合は売っていなかったので、大人しくWALLETカードにチャージしたという流れになります。

チャージの方法は以下のサイトに詳しく載っています。
www.au.com
また、Amazonギフト券への交換は、以下のサイト様が詳しく解説して下さっています。
restartlog.com

サポート店であるPCデポの信用性について確認を取る

次に、mineoはWebですべての手続が可能なのですが、私はアナログ人間ですので、やはり店頭が望ましい。

そうすると、mineoの店舗か、サポート店という事になりますが、近くにあるのはサポート店であるPCデポのみでした。

んっ・・・、PCデポ・・・?

PCデポというと、高齢者のかたに悪質な契約を結ばせていた、あの不祥事が記憶に新しいですよね。

そんなところにホイホイ行って、果たしてちゃんと対応してくれるのか、非常に不安です。

その点について、mineoで質問したところ、以下のような回答が返ってきました。
f:id:aniota-alvarado:20170413175935p:plain
簡単にまとめると、「PCデポの店員はmineoから派遣されてないよ。何かあったらmineoに電話してきてね。」とのことでした。

正直かなり不安ですが、かといって遠くの店に行くのも面倒ですし、時間もありませんから、ここは大人しく人柱になろうと思います。

Amazonでエントリーパッケージを事前に購入しておく

正直なところ、これが一番重要だと思います。

携帯会社を変えるとき、ほとんど必ずといっていいほど支払う羽目に陥るのが「事務手数料」です。

mineoでもそれは例外ではないのですが、なんと、事前にエントリーパッケージなるものを購入しておくと、その金額だけで済むというのです。イミワカンナイ

しかも、驚くべきことに、私が調べた中ではAmazonが一番安かったのですが、3,000円強かかる事務手数料が、1,000円弱、つまり、3分の1の値段で済むというのですから、アホらしくてやってられませんよねこれ。

私は家族と私の分で合わせて2つ購入しましたが、それでも2,000円いきませんでした。

ちなみに、このエントリーパッケージは、Web契約だけではなく、サポート店でも使用できるところはあるそうです(そのお店に事前に確認を取ってくれとの事でした)。

知り合いの紹介URL、または電話番号を教えてもらう

mineoでは、ただいま紹介キャンペーンを実施しており、紹介者と契約者にそれぞれAmazonギフト券1,000円分が贈呈されるそうです。

しかも、現在はその額が2倍の2,000円になっているということで、Amazonにおんぶにだっこの私にとってはとてもありがたいキャンペーンとなっています。

こちらは、サポート店でも対象内とのことで、その場合(店頭の場合)はmineoユーザーのフルネームと、mineoの利用番号である電話番号が必要との事でした。

なお、現在行われている新生活応援キャンペーンとの併用も可能とのことなので、知り合いがいる場合は積極的に活用しましょう。

MNP転出の手続きを済ませておく

電話番号は使い慣れたコイツじゃないと嫌だ!という人だけですが、MNP転出の手続きをあらかじめ済ませておく必要があります。
www.au.com
とりあえず、私はauなので上のリンクだけ載せましたが、その他のキャリアもおそらくウェブ上での手続きが可能だと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

何気なしに準備することを羅列してみたら、事前にやることが意外にあったのでびっくりしました。

月末ギリギリになって手続きをしようと思うと、間に合わなくなって来月分も支払う羽目に・・・なんてことにもなりかねないので、早めに準備に取り掛かるのが良さそうです。

これまで、長々と格安SIMへの移行について書いてきましたが、次回はいよいよ契約について書く予定ですので、引き続きお付き合いいただければ幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

キャリアであるauから、MVNOであるmineoに移行するまで~会社比較編~

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


少し間が空いてしまいましたが、現在、格安SIMに移行すべく、着々と準備を開始しています。
aniota-alvarado.hatenablog.com
今回は、前回の続きという事で、何故このMVNOに決定したのかという事について、書いていきたいと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

auの場合、選択しは大きく分けて4つらしい

格安SIMに移行する際、面倒な手続きはできるだけ省きたいと思っていたので、SIMロック解除をするつもりはありませんでした。

そうすると、私が現在使っているのはauですので、au系のMVNOである4種類選択肢があることがわかりました。

以下が参考にさせていただいたサイト様です。
simchange.jp
しかしながら、よくよく調べてみたところ、私のiPhoneSEは「VoLTE対応端末」の可能性が高く、結局はSIMロックを解除する必要が出てきたため、前回、とりあえずしてみたという流れになります。

色々なサイト様を拝見した結果、mineoに落ち着いた

ということで、SIMロック解除したことで、別にau系にこだわる必要もなくなりました。

SIMロック解除の際、参考にさせていただいたサイト様です。
simchange.jp
が、私は良くても、家族はそうはいきません。

家族が使用しているのは、auのiPhone6。調べてみたところ、これは、SIMロック解除に対応していない端末なのだそうです。

そうすると、やはりau系、しかもSIMロック解除不要のMVNOに選択肢が限定されることになります。

そこで候補として上ったのは、サイトを見たり、評判を調べたりした結果、mineoかUQモバイルの2社です。

その上で、どちらにするのか、これが本当に、ほんっと~~~~~に悩みました。

以下、参考にさせていただいたサイト様です。
www.orefolder.net
digital-life.jp
pssection9.com
webdesignerwork.jp
mobareco.jp

結局は好みで、何を重視するかに過ぎない

では、どちらにするのが良いのか、上に載せたサイト様等を参考にしつつ、実際に使用している友人などにも話を聞いた結果、簡単にまとめると、以下のような感じらしいです。

先に結論を言うと、どちらも一長一短であり、結局は自分の状況に合わせて選べばいいのではないかと思います。

mineo

mineoは、安いという事と、とにかくサービスが豊富な印象です。

プランの選択肢が多いのはもちろん、ユーザー同士の交流や、データ容量を寄付・引き出すことができるなど、面白い試みもしています。

UQモバイル

対して、UQモバイルは何といっても安定性と通信速度の速さです。

docomo系も合わせて、それでもダントツに速いというのは、それだけで選ぶ価値がありますね。

あとは、テザリングができること、データ無制限のプランがあるというのも、強みの一つだと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

以上の事を踏まえた上で、私の状況を考慮した結果、mineoが良いのではないかという結論に達しました。

通信速度はかなり魅力的だったのですが、外でそこまでネットを使用しないことを考えると、それよりもmineoのサービスのほうが適していると思ったからです。

具体的には、料金が安いこと、家族間で色々なサービス(割引やデータ容量のやり取り等)を受けられること等です。

ということで、今回は会社をどこにするかまで決まったので、次回は契約までにやっておく、事前準備について書いていければと思っています。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

前期の作品が終わったので、2017年冬アニメを勝手にランキング

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


昨日、小林さんちのメイドラゴン(BS)が終了したことで、私が観ていた前期の冬アニメがすべて終了しました。

そこで、今回は個人的に面白かったと思う作品の、トップ3を感想を交えつつ書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

2期などの続き物も含めたランキング(総合)

まず、シリーズを通して観ていないとわからない、続き物を含んだトップ3、つまり総合的に面白かったものを発表していきます。

第3位 幼女戦記

原作が続いているため、最終話ですべて完結!とはなりませんでしたが、その割には上手くまとまっていたと思います。

異世界転生+俺TUEEEE系の作品ではありますが、軍という規律や、体が幼女であること、信仰を誓う言葉を述べなければ能力を発揮できないことなど、制限が色々あるので、適度な緊張感がありました。

また、主人公の性格がかなりひん曲がっているため、上記の制約によって苦しめられても、それが丁度いいというか、「お気の毒に・・・」くらいのテンションで観ることができたのも良かったですね。

全体的に、バランス感覚に優れた作品だったなという印象です。

第2位 この素晴らしい世界に祝福を!2

1期でかなり期待値が高くなったにもかかわらず、その期待を大きく外すようなことがなかっただけで、素晴らしかったと思います。

会話のテンポ感や、各キャラの個性、笑えるポイントの多さだけで終わらせず、最終回で上手く盛り上げて収束する流れは見事でした。

もっとも、良い意味でも悪い意味でも安定してしまっており、1期ほどの衝撃が無かったため、1位とまではいかないかなと個人的には思った次第です。

ちなみに、2期で改めて思ったのですが、この作品のMVPはアクア様ではないでしょうか。

結構な頻度で、彼女を起点に笑いやハプニングが起きていた気がします(笑)

第1位 小林さんちのメイドラゴン

正直なところ、最初は「まあ、普通に面白いよね」くらいの印象でした。

しかし、回を重ねるごとに、各キャラクターの性格がわかってきて、物語に幅が出てきたというか、良い刺激のようなものが生まれるようになったと思います。

加えて、人間である小林さんと、ドラゴンであるトール、カンナとの間に、種族を超えた関係性がゆっくりと形成されていくのが見て取れて、とても暖かい気持ちにしてくれました。

また、構成にもこだわりが感じられ、最後にトールが小林さんを慕うようになったきっかけが判明するという流れは素晴らしかったです。

あのタイミングで明かされたからこそ、そこから起きたトールの父親とのイザコザの唐突感が中和されましたし(往々にして、過去を振り返るのは、別れへのフラグですからね)、小林さんがトールのために頑張ることへの説得力が増したと思います。

人間とドラゴンという、別種族だからこそ生じる一方的な別れの問題に触れたのも、個人的には良かったですね。

笑いあり、涙あり、可愛さありと三拍子そろった中に、京アニの丁寧な作画が加わった、中々にクオリティの高い作品だったのではないでしょうか。

2期などの続き物を抜いたランキング

第3位 けものフレンズ

私は3位にしましたが、間違いなく今期で一番話題に上がった、覇権を取った作品だったといえるでしょう。

ではなぜ3位なのか、別に「みんなが面白いっていう中で、高順位を付けない俺かっけー」をやっているわけではありません。

私個人としても、考察できる要素が沢山あったり、ところどころに伏線が張ってあったりと、純粋に物語として楽しめる一方で、フレンズたちの可愛さに癒されるという、良いとこ取りの作品だったと思っています。

しかしながら、私個人の好みとして、ある一定のラインで要求されるテンポ感よりも、若干間延びするポイントがあったこと。

また、これは仕方ないのですが、もう少しだけキャラクターに動きが欲しかった場面が多々あったことが、この順位に落ち着いた理由です。

とはいえ、色々と制限がある中で、あれだけの作品を作り、話題作にしたというのは本当に凄いことですし、これだけで終わる作品ではないだろうなと思わせるだけの内容だったと思います。

第2位 幼女戦記

総合で3位ですので、続き物を抜けば当然この順位になります。

理由は上に述べた通りです。

第1位 小林さんちのメイドラゴン

同じく、総合で1位ですので、こちらでも1位となります。

理由は上に述べた通りです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

総合とそうでないものとで分ける意味がほとんどなかった気もしますが、一応毎回やっている事なので別にしました。

個人的な感想としては、前のクールは、とび抜けて面白い作品はないものの、僅差で面白いものが結構あったという印象です。

とはいえ、けものフレンズに関しては、ニコニコ動画のサーバーをダウンさせたり、Twitterのトレンドに毎回上ったり、Mステの出演が決まったりと、社会現象と化しているので、ここだけは別格という感じですかね。

今回上げた中に、観てないよというものがあるかたは、是非一度観ていただければと思います。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

キャリアであるauから、MVNOであるmineoに移行するまで~SIMロック解除編~

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


今月と来月に、ようやくキャリアからのえげつない束縛である、2年縛りが終了します。

そこで、以前からずっと気になっていた格安SIMへの移行を、本格的に進めることにしました。

ということで、今回は移行前の準備から、移行後までを数回に分けて更新していこうと思っています。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

格安SIMに移行するためには、SIMロックを解除する必要がある?

移行する会社によって異なるようですが、格安SIMを利用するにあたって、キャリアで契約した携帯を使う場合、SIMロックを解除する必要があるらしい。

そんな話を目にしたので、とりあえず自分が移行する予定のmineoで調べてみました。
mineo.jp
すると、au SIMであれば、解除の必要はないけど、au VoLTE対応SIMの場合は解除しないとダメだよ、というではありませんか。

au VoLTE???

全く聞きなれない単語です。ということで、まずはそこから調べる必要がありました。

au VoLTEかどうかは、どうやって確認するのか

まず、そもそもau VoLTEとは何ぞやということで、調べてみたところ、かな~りざっくりいうと、通話品質が結構良くなるよ!というものらしいです。

で、肝心の私のスマホはというと、使用しているのがauで契約したiPhoneSEなのですが、正直全く記憶にありませんでした。

そこで、確認方法について調べたところ、以下のサイト様が大変参考になったのでご紹介します。
rymandoujou.tokyo
しかし、私の場合はSIMカードがくっついていた土台のようなものを、いくら探しても見つからず、携帯から出すのも面倒なので、とりあえずロックを解除することにしました。

解除には手数料がかかると思っていたけど、無料でできるらしい

では、一体どうすればいいのか。

以前調べた時、解除には契約してから半年以上経過していれば、3,000円でできるといっていた気がします。

手数料がかかるのは嫌だなあと思いながら、念のためもう一度その方法を調べてみたところ、なんとネットであれば無料でできるというではありませんか。
www.au.com
auである私は、このサイトの「SIMロック解除が可能な機種かを確認」のところから手続きを進めることで、無事解除することができました。
f:id:aniota-alvarado:20170407002928p:plain

SIMロックを解除しただけで終わりではない

これで一安心と思ったのですが、どうも続きがあるらしく、iPhone側で設定しなければならないことがあるそうです。
support.apple.com
Appleのサイトに詳しく載っていますが、簡単に流れを説明すると、そのまま会社を変える場合は新しいSIMを刺し、とりあえず変えない場合はバックアップを取って、「iPhoenを消去」→「復元」というステップを踏む必要があります。

その際、iTunesを使って復元する場合、「お使いのiPhone用のキャリア設定の更新プログラムが利用できます。今すぐダウンロードしますか?」という表示が出る場合があります。
f:id:aniota-alvarado:20170407004155p:plain
しかし、これはキャンセルし、スマホ本体のほうの指示に従って操作していけば良いです。

おわりに

いかかでしたでしょうか。

以上の工程を辿れば、おそらく誰でも簡単にSIMロックが解除できると思います。

一応、解除にあたっては注意事項などもあるので、自分が使っているキャリアのそういった警告を理解した上で、ロックを解除してくださいね。

次回は、順番が前後するかもしれませんが、何故mineoに移行することにしたのかについて、書いていきたいと思います。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

ゆいかおりの活動休止報道を受けて、今、思うこと

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

先月、3月31日に、ゆいかおりの活動休止が発表されました。

そもそもの絶対数が少ないというのもありますが、私が今までライブに行った回数が一番多いのは、ゆいかおりです。

そんな私にとって、活動休止という事実は中々受け入れることができず、未だに整理しきれていないというのが正直なところではあります。

それでも、最初に比べれば色々と考えることができるようになってきており、そういった中で今、このタイミングで書いておきたいことがあると思うようになりました。

そこで、今回は、個人的に思う事、言いたいことを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

まず何より言いたいのは、不仲が原因ではないということ

もちろん、私は彼女たちと直接知り合いではないので、そういう可能性が一切ないとまでは言い切れません。

しかしながら、これまで彼女たちのライブに行ったり、ラジオを聴いたり、映像を観たりしてきて、彼女たちが仲違いをした結果の活動休止という考えにはどうしても至れませんでした。

ファンだからバイアスがかかっているのだろう、幸せな奴だなと、そう思われても仕方がありませんが、彼女たちの空気感を知っている人であれば、誰もがそう思う事でしょう。

売上不振によるものとも考えにくい

では、何故このタイミングで活動休止なのか、考えられる理由として、売上というものがあります。

しかし、これに関しても個人的な感覚では、活動休止を決定するほどに、彼女たちの売上が伸び悩んでいるとは思えません。
anisonsinger.blogspot.jp
私の主観になってしまいますが、高くて約5,000枚、本当のボーダーラインは3,000枚~2,000枚くらいで初めて、活動休止ないしは解散の文字が浮かんでくると思うのです。

ギングレコードとの関係悪化という話も出ているけど・・・

そこで一番話題として上がっているのが、キングレコードとこじれたのではないかという理由です。

確かに、キングレコードのホームページを見てみると、ゆいかおりの活動休止の事が載っていなかったり、ゆいかおりのページの更新も細かく行われていなかったりと、あまり力を入れていないように見えます。

しかし、それだけで関係が悪化したというのは早計だと思いますし、そもそも、誤解を恐れずに言えば、まだ若く、いち個人でしかない彼女たちが、真っ向から対峙するほどに環境が劣悪ならば、何かしらの問題として表面化していると思います。

結局は彼女たちの意思が尊重されたのではないか?

では、一体何故活動休止なのか。

これはあくまでも私の想像でしかありませんが、二人の、特に、石原夏織さんの希望なのではないかと思っています。

彼女のここ数年の声優としての活動を振り返ると、全体的に主要キャラクターを演じる回数が増えているとは言い難い状況です。

そんな状態で、声優業にもっと力を入れるために、声の仕事のほうをとにかく優先させよう、そう思ったのではないでしょうか。

事実、ホームページに載っているコメントにも、

今後は声優の活動を今よりももっと一生懸命頑張っていきます。

と記載されています。

少し前に、1人で出ていた「アニゲー☆イレブン!」でも、自分の声の強みについて話しており、声優業に対してかなり前向きな様子がうかがえましたしね。

こう考えると、“解散”ではなく、“活動休止”というのも何だか納得がいくのは、私だけ・・・かもしれませんけど、そういう意味合いなのかなと思っています。

ファンである私たちができること

以上の事を踏まえて、ファンである私たちができること、それは、月並みではありますが、変わらず応援し続けることだと思います。

彼女たちが、個々の活動を頑張るというのであれば、ファンとしてそれぞれ思うところはあるでしょうが、グッと飲み込んで、気持ちよく応援する。これが一番なのではないでしょうか。

希望的観測に過ぎないのかもしれませんが、声優業を頑張って、納得できたその時、また活動再開する可能性は十分ありますしね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

おそらく、感情的になっている部分もあるため、普段よりもいっそう乱文になっていると思います。

それでも書かずにいられなかったのは、伝えたいことがあったのはもちろんのこと、もしかすると、書くことで気持ちを整理したかったからというのもあるかもしれませんね。

とにもかくにも、二人が新たな道へと歩み始めたことに変わりはないわけですから、これからはうだうだ言うのではなく、むしろ祝福するくらいの気持ちでいたいと思っています。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。