読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

カテゴリ違いは万死に値する。はてブのカテゴリを変更する方法

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170514175914j:plain

はてなブログに投稿し、はてなブックマーク(はてブ)が3つ以上つくことで、以下のサイトにエントリーされると言われています。
b.hatena.ne.jp
このはてブが加速度的につけば、それだけたくさんの人に読んでもらえるチャンスが来るようなのですが、この時、投稿した記事は自動で特定のカテゴリに分類されていたりします。

今回は、そのカテゴリが思ってたんと違う!!というときに、変更する方法を調べたので、その方法を書いていきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

なぜ万死に値するのか

言葉は強いですが、ギルティであることに違いはないです。

通常、ブログを書いている時、この記事はこういう層に読んでもらいたいな、と、なんとなく自分でカテゴライズしていると思います。

にもかかわらず、全く別のカテゴリに記事がぶち込まれた場合、その記事はそのカテゴリ内で“浮いている”わけですから、そのカテゴリ内で記事を物色している人には刺さり難くなるわけです。

当然、そうなればスルーされる可能性は高く、本来、ちゃんとしたカテゴリに分類されていれば読んでくれたかもしれない読者を、逃してしまったことになります。間違いなくギルティです。

そういう場合、どうやって変更するのか

では、どうやってカテゴリを変更するのか。実はかなり簡単にできたりします。



1.まず、該当する記事のはてブアイコンをクリックし、タイトル横にある~usersをクリックします。

f:id:aniota-alvarado:20170514184215p:plain
※はてブが1つもない場合は、自分ではてブすれば出てきます。



2.次に、以下のページに移るので、カテゴリの横にある鉛筆マークをクリックします。

f:id:aniota-alvarado:20170514184330p:plain



3.色々なカテゴリがあるので、自分の記事に最も適したものを選択し、変更をクリックします。

f:id:aniota-alvarado:20170514184423p:plain

f:id:aniota-alvarado:20170514184458p:plain



4.ちゃんと反映されていたら完了です。

f:id:aniota-alvarado:20170514184531p:plain

私の場合は、上の記事はアニメ関係だと考えて書いていたので、「アニメとゲーム」カテゴリに変更しました。

【注意】変更の際は、ガイドラインを遵守しなくてはならない

このように、カテゴリ変更はかなり簡単にできるのですが、だからといって何でもかんでもやっていいわけではありません。

はてなはカテゴリ変更のガイドラインを定めており、それを公開しています。

カテゴリ変更のガイドライン - はてなブックマークヘルプ

このガイドラインから著しく逸脱する行為を繰り返した場合、変更権限の停止やはてブの利用一時停止となることもあるので、十分気を付けながら変更しましょう。

おわりに

カテゴライズのミスは、はてブきっかけでたくさんの人に読んでもらいたい!という人にとっては死活問題だと思います。

特に、はてブが連続で付き始めた時、確認してみたら違った!なんて時ほど、変更が必要なのかもしれません。

ガイドラインを正しく理解した上で、間違っていた時は自分で修正してみてはいかがでしょうか。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

みんなは大丈夫?オタクって楽しいだけじゃないと気付いてしまった話

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170513181455j:plain

先日、友人が所有していたフィギュアをタダで大量に貰う機会がありました。

1つ1つのクオリティも悪くなく(むしろ良い)、普通であれば嬉しい出来事だと思います。

が、貰った時、私はかなり複雑な心境に陥ってしまいました。

今回は、その理由と、この件で少し思うところがあったので、その事について書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

きっかけは、友人に彼女ができたことだった

事の始まりは、友人との何気ない会話からでした。

「駿河屋ってさ、どうなの?」

聞けば、自宅にあるフィギュアの処分先に困っており、行きついたのが「駿河屋」だったようです。

フィギュアという“お人形”をただ捨てるのは躊躇われる。処分といってもまた次の主人が見つかるような環境が望ましいとのことでした。

別に今まで友人に彼女がいなかったわけではないのですが、今回の彼女は非オタで、彼が隠れオタクということもあり、部屋にあっても困るらしいのです。



私は自他共に認めるキモオタなので、冗談半分、本気半分で「フィギュアってさ!そういうものじゃないじゃんか!!」と良くわからないテンションで言いましたが、友人の意思は変わりません。

そこから生産性のない会話をしばらく続けていたところ、私から言い出したのか、友人からだったのかは覚えていませんが、最終的に私が全て引き受けるという流れになっていました。

届いたフィギュアを見て出てきたのは、“嬉しい”とは別の感情だった

それから数日後、無事、私の家に友人のフィギュアたちが到着しました。
f:id:aniota-alvarado:20170513181625j:plain

f:id:aniota-alvarado:20170513181646j:plain

f:id:aniota-alvarado:20170513181605j:plain

f:id:aniota-alvarado:20170513181704j:plain

f:id:aniota-alvarado:20170513181719j:plain
加えて、先日書いた撮影ボックスの記事で撮った、絵里も貰ったものです。どれも素晴らしいです。

中には、私の大好きな作品の物もあり、もちろん嬉しいという気持ちもありましたが、それを上回る複雑な感情が沸いてきたのです。

あれをあえて言葉で表すなら、“焦燥”とか“寂しさ”、“不安”なのだと思います。どちらにしても、ポジティブな感情でない事だけは確かです。

オタクであり続けることには、覚悟が必要なのかもしれない

オタク活動(オタ活)は楽しいです。

漫画・ラノベやアニメは自分ができない体験を、疑似的に味わわせてくれますし、イベントやライブはその感覚がよりリアルに体験できます。

SNSが発達した現代においては、同じ趣味の人と簡単に繋がることができ、それがまたオタ活の楽しさを加速させています。

ニコニコ動画やTwitterの実況などで、想いの共有ができますし、ブログではより詳しく、個人の感想が読めたりもします。



しかし、その楽しさは限りなく現実に近いだけで、現実ではありません。

私にとって現実は、やはり実際に会って遊ぶような存在。つまりリア友と楽しさを共有することだったのです。



オタ活をしている友人は、周りにそれなりにいましたが、気付けば1人、また1人と疎遠になっており、未だオタ活をしている友人は数名です。

元々オタクだった友人も、環境が変わるにつれて、オタ活をしなくなるか、していても本当に必要最小限といった感じで、周りからオタクがどんどん減っていっています。

・・・まあ、これは私が、そもそも友人がたくさんいるタイプではないせいというのもありますが。



そこにきて、今回の友人です。

この友人は、私と同じか、それ以上にキモオタだった奴で、一番の親友といってもいいほど仲がいいです。

かねてよりオタ活のペースが落ちて来てはいましたが、依然としてオタクであり続けていました。

しかし、今回のフィギュア一斉在庫処分によって、ほぼオタ活にピリオドを打ったといっても過言ではない状態。

この事実が、これから先、どんどん仲間がいなくなることを改めて突きつけ、意識させることとなり、なんとも言えない感情を抱かせたのだと思います。



オタ活を続ける限り、おそらくこれからも、そういうシーンが何度も訪れるのでしょう。

その度にこの、なんとも言えない感情を味わうというのは、中々にきついものがあります。

オタクであるということは、そういった感情を受け入れる、覚悟が必要なのかもしれません。

そういう覚悟も大事だが、他にできることもあるはず

今はまだ、同年代でオタクの友人が完全に絶滅してはいません。

しかし、これから先確実に減るでしょうし、周りが結婚し始めたら更にその速度は増すはずです。

その度に、得も言われぬ感情を抱くだなんてごめんですが、だからといってオタクをスパッと止められないほど、私の中核を成してしまっています。



ではどうすべきか。

オタ活に対する熱量を他の趣味に分け、同じくらいの配分で楽むようにすれば良いのです。要はバランスが大事というわけです。

昔はもうちょっとマシだったのですが、今の私の熱量をパーセンテージで表すと、9割がオタ活で、残り1割が他の趣味という状態だと思います。これはあまりにも体重を預け過ぎです。

そんなんだから、オタクの友人が減るたびに、無駄にダメージを負う事になるのです。

「え?やめんの?ほーん、まあいんじゃね?」くらいのテンションで聞き流せるくらい、オタ活の比重を減らしていくというのが、今の私の理想ですね。

おわりに

覚悟とか何を大袈裟な、と思われたかもしれませんが、親友の脱オタは私にとってそれくらい衝撃的な出来事でした。

今まで何も考えず、「たーのしー!」と与えられるものを享受し続けてきましたが、これからはちょっと控えめにしようと思います。

オタクの友達なんて本気出せばすぐ作れるっしょ!というコミュ力お化けの人は関係ないですが、私のように新規開拓できない人種のオタクで、全力投球している人は、同じく熱量の配分を考えるのも良いかもしれません。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

【重要】mineoユーザーがミサイル情報の受信に必要な個別設定

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170512220601j:plain

少し前からになりますが、某北の将軍様からのミサイルによるプレッシャーがえげつない。という状況が続いております。

日本政府からも、ミサイルが落ちてきたときどうするかという、「いやどうしようもないのでは・・・?」と思わずにはいられない案内が発信されるほどです。

そんないつ飛んできてもおかしくないミサイルが、遂に発射されたというタイミングで、その旨を知らせてくれるサービスがあります。

今回は、そのサービスである全国瞬時警報システム(Jアラート)を、mineoで受信するためにはどうすればいいか。その設定方法を書いていきます。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

Jアラートを通じ発信される国民保護情報の仕組み

当該情報については、携帯大手事業者(docomo、au、SoftBank)を経由し、エリアメール・緊急速報メールで配信されます。

Jアラートの詳しい情報は以下参照。
内閣官房 国民保護ポータルサイト

しかし、mineoは端末により、受信の可否が異なるらしいのです。

mineo端末・SIMロックフリー端末を利用している場合

この場合は、エリアメール・緊急速報メールは受信できません

これについての対策は、後述するので安心してください。

docomo、au、SoftBankブランド端末を利用している場合

この場合は、一部の端末を除き、基本的にエリアメール・緊急速報メールは受信できます

ただし、携帯大手事業者及びmineoが受信を保証しているものではなく、SIMロック解除を行っている場合は、端末によって受信できないおそれがあります

※iPhoneは3社のブランド端末といえるのか、ちょっと迷ったので調べてみたところ、どうやら含まれるようでした。

もっとも、あくまでも“おそらく”のレベルなので、心配な人は後述するアプリを入れることをオススメします。

対応していない場合はどうすれば良いのか?

前述した受信できない場合に当てはまったり、自分の使っている端末が、携帯大手事業者の対応機種に含まれていない場合は、どうしようもないのかというと、そういうわけではないようです。

なんと、スマートフォンアプリの「Yahoo!防災速報」を使えば、Jアラートによる災害・避難情報の受信が可能になるというではありませんか。

私はau時代に購入したiPhoneSEのSIMロックを解除し、mineoに移行しているのですが、一応不安だったのでこのアプリを導入しました。
emg.yahoo.co.jp

ちなみに、大手3社の対応機種は以下のサイトで確認することができます。

docomo
www.nttdocomo.co.jp
au
www.au.com
SoftBank
www.softbank.jp

おわりに

以上は、mineoから先ほど直接送られてきたメールを主軸にし、調べたことをまとめたものなので、信頼性は高いと思います。

今回紹介した「Yahoo!防災速報」は、Jアラート以外にも、色々な災害情報や、自分が住んでいる地域で起きた事件についても教えてくれるみたいなので、インストールしておいても損はないはずです。

転ばぬ先のなんとやら、折角便利なハードを持っているのですから、積極的に利用していこうではありませんか。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

今月に購入した漫画の紹介と簡単な感想(ネタバレあり)

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170511212504j:plain

今月はまだ半分以上ありますが、今の所追加で漫画を購入する予定はありません。

ということで、ちょっと早すぎる気もしますが、今月分の購入した漫画紹介と、簡単な感想を書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ONE PIECE 第85巻

サンジがいなくなってずいぶん経ちますが、今回でようやく物語が大きく動き出しました。

当初は、プリンの存在により、どうサンジを仲間に戻すのかと思っていましたが、なるほど、プリンも“悪”であるならば、あと腐れはないですね。

また、これも意外だったのですが、どう考えても敵であろうベッジと手を組むというのは、面白い流れだと思いました。

いつもは圧倒的な正義をもってして、敵を討ち果たさんという感じですが、今回はそこに悪の要素があるベッジが加わることで、戦闘にいつもと違う味付けが加わることでしょう。次巻が楽しみです。

ダンジョン飯 第1巻

いつだったかのこの漫画がすごい!で1位を取ったことで知り、ずっと読みたかった作品です。

今回ようやく購入に至ったのですが、なるほど確かにこれはすごい!めちゃめちゃ面白かったです。

ファンタジーものでモンスターが出るのはもはや当たり前となっていますが、そのモンスターを調理して食べることをメインに持ってくるのは斬新すぎます。

しかも、調理工程やら完成品やらがいかにももっともらしくて、本当に作れるんじゃ・・・と錯覚するほど細かく描写されているのです。

加えて、主人公のライオスとセンシがクレイジーなせいで、常識人のマルシルとチルチャックが振り回される様が本当に絶妙で、笑いどころがコンスタントに挟まっていたのもポイント高いですね。

早く全巻揃えて追いつきたいです。

おわりに

今月は購入しているものがONE PIECEしか発売されなかったので、新しく何かを・・・と思いダンジョン飯を購入してみたのですが、大当たりでした。

世界観も良く、ギャグも面白い。しかもストーリーも普通に先が気になる丁寧な作りといった感じで、かなり満足度が高かったです。

いないかもしれませんが、まだ読んだことないよ!というかたは、是非一度読んでみて下さい。オススメです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

慢性活動性EBウィルス感染症かを判断する4つのチェック項目【ザ!世界仰天ニュース2017年5月9日放送より】

はじめに

いつものテンプレの挨拶や、サムネ画像は割愛し、手短に。

私のようなオタクであれば、忘れられないであろう、松来未祐さんの死。

当時は本当に突然で、ただ悲しむだけしかできませんでしたが、その後、原因が慢性活動性EBウィルス感染症だという事が発表されました。

ご遺族のご意向から、病名及び闘病の様子が公表されたり、声優の儀武ゆう子さんを始めとするご友人も、周知のため活動されたりしています。

そのような中、今回、ザ!世界仰天ニュースで松来さんの特集が組まれ、先ほど、録画してあった動画を観終えました。

本日、既にブログを更新しておりますが、このタイミングでこの内容に触れることで、微々たるものかもしれませんが、より多くの人の目に触れるのではないかと考えました。

そこで、今回は番組中で「大阪府立母子保健総合医療センター顧問 河 敬世(かわ けいせい)医師」が解説していた内容について、まとめておこうと思います。

慢性活動性EBウィルス感染症とは

この病気は、癌という名前がついておらず、感染症だが、感染した細胞がどんどん増えるという点で、癌と非常に似ているそうです。

慢性に経過をする時期もあれば、急変することもある。いつそれが起きるかは中々予測できないとの事でした。

どの時点で発覚していれば、松来さんは助かったのかという質問に対しては、「発熱を繰り返す」、「首のリンパ節が腫れたりひいたりする」という症状があった時との事でした。

その時点で、EBウィルスの検査をしていれば良かったが、この病気を知らない医者であれば、検査すらできないため、発症から病名発覚まで時間がかかってしまったのです。

慢性活動性EBウィルス感染症 4つのチェック項目

f:id:aniota-alvarado:20170510014624p:plain
(出典:ザ!世界仰天ニュース 2017年5月9日放送)

  1. 原因不明の発熱(37.5℃以上)を繰り返す
  2. 首のリンパ節が腫れる
  3. 蚊や虫に刺された痕が水疱になり、全身の発熱を伴う
  4. 顔や手足の日光が当たる部位に繰り返し水疱ができる

これらの項目にどれか一つでも当てはまり、おかしいと思った時は、すぐに血液検査をして下さい。

※血液検査を定期的にやっていたとしても、通常の血液検査ではEBウィルスの検査はできません。

EBウィルスを項目に入れての血液検査が必要との事でした。

おわりに

別に面白半分とか、そういう軽い気持ちでこの話題に触れたわけではもちろんありませんが、話題が話題なだけに、当ブログに掲載しても良いものか、結構悩みました。

しかし、松来さんがこの病気を多くの人に知ってもらいたいと考えていた事から、今回、短いスパンでブログを更新するに至りました。

当時運営していた別のブログはほぼ壁打ちでしたし、SNSも今ほど上手く使いこなせていなかったのでできませんでしたが、当ブログであれば、ほんの少しは周知活動の手助けができるかなと思っています。

慢性活動性EBウィルス感染症による死がなくなることを切に願っています。それでは。