読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

ピアノの森を全巻読破したので感想を書きます(ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

今回は、「ピアノの森」という漫画について、感想やらを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

第一印象はあまり良くなかった

面白い漫画として話題に上がったので最近読んだのですが、正直言って1巻を読んだ時点では期待外れでした。

まず、何より絵柄が好みではないです。

絵が描けない私が言うのは大変生意気なのですが、ようやく絵が描けるようになった人が、何とか人物を描いている、そんな絵柄なのです。

最近はいわゆる「上手い」人が増えているため(例えば、アイシールド21の村田雄介さんなど)、悪い意味で目が肥えてしまっていたのでしょう。

そして、内容も主人公の幼少期が描かれているのですが、子供がくだらないことでケンカしているシーンが多く、何か引き込まれるといった部分があまりないのです。

そうすると、「ああ!続きが気になるな!!」という早く読みたい衝動に駆られることもないわけでして、思わず「どうしようかなあ・・・」と次の巻を手に取るのを躊躇うほどでした。

 

1巻だけでは、この作品の魅力はわからない?

しかし!ここで止めてしまっては非常に勿体ないです。

絵については気になるのは最初の方だけでしたし、なによりこの作品は、巻を追うごとにどんどん面白くなっていくタイプだったのです。

最初、一見すると雨宮修平が主人公のように思えますが、主人公は転校先で修平が出会った「一之瀬海」です。

この主人公である海がいわゆる「天才型」であり、修平が「努力型」となっているので、私のような凡人は修平に感情移入をし、海の才能に憧れながら読むことができると思います。

物語の構成としては、「天才型」の海が修平、学校の音楽教師である阿字野壮介との出会いを経て、やがては世界から認められるピアニストへと成長していくという話であり、これだけ聞くと音楽ものによくある話のように思えます。

しかし、主要人物の掘り下げや心理描写についてとても丁寧に描かれており、彼ら、彼女らのやり取りが「よくある話」ではなくさせています。

人間が当たり前に持っている悩みや、葛藤などもちゃんと表現されているので、現実離れしたキャラクターというよりは、どこかに存在しそうな、そんな身近に感じられるところが魅力の一つなのだと思います。

なにより、主人公である海が気持ちの良い青年だったというのも、この作品を良い作品たらしめているのでしょう。

また、題材が音楽についてということなので、専門用語などが多くなってしまうと、音楽に疎い人は分からないことも多いと思われます。

しかし、この作品ではそういった専門用語というよりは、演奏を聴いて素人の人が感じた事、それをそのまま表現したかのような描き方がなされているので、そういった心配もありません。

 

内容は大きく分けて2部構成

物語の内容としては、海がピアノを弾き始めるまでの幼年期、ピアノを阿字野から本格的に習い始め、ショパン・コンクールで優勝するまでの青年期と大きく分けて2つに分けることができます。

いきなり青年の状態から描くのではなく、幼年のころから描くことで、彼らの成長度合いがわかりやすくなっているのだと思います。

また、前記の通り、努力型の雨宮を登場させることで、海の天才さを際立たせることができており、随所に読者がわかりやすく読めるような工夫が見て取れます。

登場人物についても、嫌な人間がおらず、いたとしても海の才能の前に素直になってしまうため、読んでいて嫌な気分にならないというのも良いです。

最終的に海がショパン・コンクールで優勝するというのは、一見するとご都合主義ともとられかねませんが、物語を1巻からきちんと読んでいれば、むしろ優勝しない事の方が不自然というか、あえて外してきたなと思われてしまう可能性があるので、納得の結果だと思います。

また、その優勝で最後にするのではなく、阿字野の左手を手術により治し、最後に2人で演奏するところで終わらせたというのも、正に大団円といった感じで心地良い読了感を味わうことができました。

 

おわりに

このように、この作品は読んでいてストレスを覚えるようなことが皆無なため、万人に薦めることができる作品だと思います。

音楽好きな人も、そうでない人も等しく楽しむことができるのではないでしょうか。もしかしたら、専門家の人からすると、気になる表現などがあるのかもしれませんが・・・。

なにはともあれ、百聞は一見に如かず。全26巻というのも、長すぎず短すぎずで丁度良い巻数ですし、気になった方は是非一読していただければと思います。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。