読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

僕だけがいない街 第5話「逃亡」(感想・ネタバレあり)

アニメ レビュー 感想

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

今回は、「僕だけがいない街」の5話について、感想やらを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

どういった内容か

この作品はいわゆるタイムリープものです。

主人公が現在において何か問題を抱え、それを過去のある時点に遡って、問題の根本的な原因となるものを取り除くことで、現在の問題を解決するというのが主な目的だと思います。

その問題というのが、主人公である藤沼悟の母親である佐和子の死。そして、その原因というのが、佐和子を殺した人物の除去というわけです。

そのためには、どうやら悟の幼少期に起きた連続誘拐殺人事件が深くかかわっているようなのですが、この5話の段階ではまだ解決の糸口はつかめていない状況です。

5話の冒頭で、主人公が現段階で佐和子を助ける鍵になると考えている、雛月加代の失踪と殺害が回避できなかったところから始まるのですが、そこから現在へとまた戻ってきます。

そこで、バイト先の同僚だった片桐愛梨に色々と助けてもらうのですが、その愛梨もまた誰かに殺されそうになるところで、次週へと続くという形になっていました。

 

現在真犯人といえそうなのは・・・?

以上のことから考えられるのは、佐和子を殺害したのは、やはり連続誘拐殺人事件の真犯人か、その真犯人を助けることで何か得をする人物であること、その犯人は、悟の動向を容易に把握できる人物ということでしょうか。

こういったミステリー要素のある作品は、我々が全く知らない人間が犯人であるということは少ないため、悟と関係のある人物が真犯人である可能性が高いです。

これまで出てきた人物の中で怪しいのは、加代の母親、佐知子の元同僚である澤田真、担任の先生である八代学、バイト先の店長である高橋と会話をしていた市議会議員である西園の4人でしょうか。

もっとも、これから登場する人物の中に真犯人がいる可能性もあるので、あくまでも現時点での話ですが、私は八代学が一番怪しいと思って観ています。

 

おわりに

といったように、私があれこれ考えていることからもわかる通り、この作品は続きが気になるよう上手く作られていると思います。

毎回、話の終わる直前に何かしらの問題が生じて、次週が気になるようになっていますし、登場人物の何名かに意味深な行動をとらせることで、全てのことに意味があるのではないかと疑わせるようにしているように思えます。

例えば、小学生の時のクラスメイトである小林賢也。

彼が真犯人であるというのは余りにも無茶なのでないとしても、何かしらの鍵を握っていそうだなと思わせるほどに、悟のことを意味ありげな目で見ている描写が何度もありました。

また、「母親を助けられるのか」「加代を助けられるのか」「愛梨を助けられるのか」という分かりやすい目標があるからこそ、飽きずに観ていられるのだとも思います。

この先どうなるのか、全く読めない状態ですが、だからこそ続きが気になりますし、これからの展開にも期待しています。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。