読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

e+(イープラス)で先着チケットを購入するには~チケット争奪戦~

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

本日、一部のオタクたちにとって、大規模な戦争が勃発していました。

そうです、ラブライブ!のファイナルライブである、「μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」のチケット一般販売の日だったのです。

一般販売にも先着と抽選の二種類あり、今回は前者という事と、祝日とが重なって、それはもう大変な戦いが勃発しました。

今回は、そんな状況であるにもかかわらず、無事両日購入できた私が、どのようにして争奪戦に勝利したのか、その方法というか、流れを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

一般販売までの経緯

私はラブライブ!という作品に出会ったのは、比較的遅い1期のアニメ放送からでして、新参ファンの部類に入ります。

そんな私ですが、ファンであることに変わりはなく、しかもファイナルライブともなれば是非行きたいと思うのは自然なことです。

ということで、別に特典がついていたからというわけではないのですが、折角映画のBlu-rayを購入したのですから、ここで当てておきたいなと思い、まずBlu-ray先行抽選申込に応募しました。

正直なところ、この時点では開催日が平日であること、開催場所が東京ドームということで、キャパシティが55000もあること、友人が前回のライブをBlu-ray1枚で当てていた事から、当たるだろうと楽観視しておりました。

しかし、結果は友人共々落選。そして次のHP先行も落選し、いよいよもって後がない状況となっていたのです。

そんな状況でのこの一般販売、先着順という事で、これはもういよいよ諦めるしかないのかもしれないと、ある種の覚悟のようなものを持って挑みました。

 

チケット入手のコツは、いかに情報収集をするか?

前述した通り、結果としては、なんと奇跡的に両日2枚ずつ取ることができました。

3月31日の方は自力で、4月1日の方は同行する友人が無事購入できたのです。

改めて振り返ってみて、勝因が一体何だったのか、もし他のライブイベント等で争奪戦が起きそうな時に、参考になればと思い以下にチケットを取るうえでのコツというか、心得のようなものを経験談を踏まえて書いていきたいと思います。

 

まず、当日は10時スタートだったのですが、私は1時間前の9時くらいにはログインし、画像認証もパスしておき、あとは申込むというボタンをクリックするだけの状態にしておきました。

そこから30分経ったころには、もう購入画面はもちろんのこと、e+のトップ画面ですら入りにくい状態になっていました。

そんな中、10時になったと同時にクリックしたのですが、サーバーがダウンしてしまったらしく、エラーが出たり、混雑しておりますという表記が出たりして、一向にその先に進むことができませんでした。

そこからひたすら戻るボタンと申込むボタンを交互に押していたのですが、1時間経ったころでしょうか、友人から4月1日の方の購入ができたという連絡が来ました。

一体どうやっていたのかと問うと、ブラウザをChromeとFirefoxの2つ同時に立ち上げて、両方で臨んだとの事でした。

ここからすぐさま3月31日の方へと切り替え、私もブラウザ2つ利用を真似すべく、Firefoxは入っていなかったので久しぶりにIEを起動してやっていたのですが、全くもって買える兆しがありません。

そんな中、情報収集として見ていたTwitterの書き込みで(「買えた」というキーワードで検索していました)、スマホアプリの方が繋がりやすいのではないかという印象を受け、すぐさまe+のアプリをダウンロードしました。

そこから、購入画面まで行き、申込む→エラーを何度も繰り返していたところ、11時半頃に無事3月31日の方も購入することができたのです。

こうして、無事両日購入できたことで、私の初めての一般販売争奪戦は幕を閉じました。

 

まとめ

以上のことから推測するに、PCからの購入よりは、スマホアプリからの購入の方がまだ可能性はあるように感じました。

サーバーがダウンしてから復旧するまでにかかった時間は約1時間のようなので、最低でも2時間は覚悟して臨む必要があるようです。

また、購入ページにはラブライブ!の公式サイトからダイレクトで行くことができたのですが、そのほかにもe+のトップ画面から直接行くことができたので、あらゆる方向から試してみるというのも大切な気がします。

とにもかくにも、今後このような争奪戦がまたある際には、事前の情報収集はもちろんのこと、戦いの最中での情報収集も必須であり、また、長期戦も覚悟の上で臨む必要があるなと感じました。

まあ、当分は勘弁願いたいほどに疲れましたけどね・・・。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ラブライブ!に関わらず、人気のアーティストさんであれば、同じような争奪戦が起こることは必至です。

転売屋の影響などもあり、チケットを手にできないことが増えている昨今、一人でも多くのファンがチケットを入手できますよう、この記事が参考になれば幸いです。

 

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。