オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

僕だけがいない街 第10話 「歓喜」(ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

レビューには書いていませんでしたが、この作品も実はひそかに視聴継続していました。

というか、今期のアニメの中でも結構楽しみな方でして、毎週真犯人は誰なのかと推理しながら固唾を飲んで見守っていた次第です。

では、早速感想を書いていきたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

犯人はやっぱり八代?

これまでで、第1回目のリバイバルの失敗を経て、第2回目でようやく加代を救い出すことに成功し、その後、次のターゲットである中西彩に近づくというところまでが放送されています。

これまでの内容から、新たな登場人物が増えるという事もなく、要所要所で担任である八代学の言動がクローズアップされていたため、やはり以前予想した通り八代が真犯人なのではないかという疑念がどんどん膨らんでいました。

特に、先週の放送で、八代所有する車の助手席にあるダッシュボードから、大量の飴が出てきたという描写。あれは余りにも露骨すぎて、逆にわからなくなったほどです。

こういったミステリー物は、あからさまに犯人であるかのような描写をしておきながら、実は全くノーマークの人物が犯人だったという事もよくあるため、八代は我々をミスリードするための存在なのではと混乱してしまいました。

 

悟の著しい成長

そんな、まんまとこの作品を楽しんでいる状態での第10話です。

2回目のリバイバルともなると、細心の注意を払うようになるため、悟が大きくミスをするということも減ったのでしょう。

かなり順調に物事が運んでいるようで、被害者の1人だった中西彩との接触も上手くいき、悟たちのアジトに入り浸るようにまでなります。

これで、雛月加代、中西彩、杉田広美という3人の被害者となるはずだった人間を、守ることに成功したわけです。

ちなみに、全く関係のない話ですが、悟のこうした取り組みに対して、今回広美が「両親共働きの自分は、一人の寂しさを知っているから、悟たちのやっていることは凄くいいことだ。ありがとう。誘ってくれてうれしかった」といっていました。

広美は男の子ですよね。そう、男の子なんです。

でもなぜでしょう、一人ぼっちにさせまいと悟が一緒に行動するようになってから特に、その仕草一つ一つが可愛いと思ってしまうのです。

毎週、何かいけない扉を開いてしまいそうになっている気がして、そういった意味でもこの作品をびくびくしながら観ている自分がいます。

もしリバイバルできるのであれば、この作品を観ないよう全力で阻止するよう行動してしまうかもしれません。助けて下さい。

 

とうとう真犯人が明らかに

話が脱線してしまいました。

こうして、悟が真犯人のターゲットをことごとく潰したことで、真犯人は相当欲求不満に駆られていると思われます。

過去にこの3人のみをターゲットとしたのは、自分の欲求が解消されたからという事も考えられますが、おそらくこの3人のみが単独行動していて狙いやすく、他の子どもはガードが堅かったからだと思うのです。

そうだとすれば、次に犯人がとる行動は先週だったか先々週あたりから一人ぼっちの描写がなされていた、美里にターゲットを変えるはずです。

案の定、そのことに悟も気づき、美里を一人にさせないよう行動を開始するのですが、ここで遂に真犯人との直接対決とあいなります。

トイレに行った美里の戻りがあまりにも遅いため、様子を見に行った悟の目の前に現れたのはなんと、八代学でした。

これまで私は真犯人が八代学である可能性が7割で、残りの3割がミスリードである可能性といった感じで考えていました。

しかし、今回のこれまでの流れと、トイレではなくその先の非常階段からひょっこり顔を出した八代を見て、9割の確率で真犯人だろうと思うようになります。

八代曰く、美里は非常階段から帰ったらしいのですが、丁度そのタイミングで犯人とされていた白鳥潤の実家が経営している「白鳥食品」の軽トラがその場を去ります。

当然、それを追おうとする悟は、八代に車で追いかけて欲しいと懇願するのですが、もうこの時点で危険なにおいがプンプンしていました。

このあとはもう怒涛の展開というか、あれよあれよという間に八代の独白が始まり、自分が実行に移そうとしていた犯罪計画が、悟により未然に防がれているといったことを供述し始めます。

その時の八代の悪い顔ったらもう、もし悟が外見と同様の年齢であったら、号泣していたと思います。

もちろん、八代が自分を犯罪者予備軍であると告白したからには、悟を生かして帰すわけもなく、外れないシートベルトにより悟を拘束したまま、夜の冷たい川へと車ごと突き落とします。

このまま悟は死んでしまうのか?果たして続きは?!というところで、今週は終わりでした。

 

おわりに

ということで、ここで現実ならばゲームオーバーとなりますが、悟は主人公です。

おそらく再度現実に戻るか、何らかの偶発的な事象によって、無事脱出することができるのだと思います。

この作品は1クールとのことなので、次回か次々回で最終回です。

このまま八代が勝ち逃げするということもないでしょうし、佐知子の安否もきがかりです。最後まで目が離せませんね。

 

ちなみに、今回で八代が真犯人であることは確定したわけですが、前記の通り自分が過去きちんとそれを予測していたため、観ていてかなりドヤ顔になっていた気がします。

こういうミステリー物は続きが気になるのもそうですが、こういった犯人当てでも楽しめるのが良いですね。

では、得意顔でその時の記事を貼りつけたところで、レビューを終わりにしたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

aniota-alvarado.hatenablog.com