読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

Cut 2016年6月号「表紙巻頭μ's Final LoveLive!特集」 予約店舗一覧

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

昨日、ラブライブ!の公式Twitterにより、映画雑誌であるCutでラブライブ!の特集が組まれるという発表がありました。

Cutでここまで大々的にラブライブ!の特集がされるのは、2015年8月号、12月号以来で、声優さんのインタビュー記事も含んだものとなると8月号からの2回目となります。

おそらく、今回の記事を担当されるのは、過去ラブライブ!の記事を担当されていた清水大輔さんだと思うのですが、そうであるならば素敵な内容であることは間違いないと思います。

今やコラボさせれば一定以上の収益が見込めるため、色々な企業がコラボしたり、特集を組むようになっているラブライブ!ですが、その中には良く知りもしないでとりあえず・・・という所もあるかと思われます。

しかし、この清水大輔さんは明らかにラブライブ!という作品をよく知り、好きであるということがわかるような、深い考察や鋭い質問を記事の中でしています。

ファンであれば共感したり、感心することは間違いないですし、ファンでない人でも興味を引かれるようなその構成力は必読と言えるでしょう。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

なぜ予約が必要なのか

そんな清水大輔さんが特集するであろうCutですが、過去、8月号を入手するにあたって、それはもう大変な苦労をしました。

発売してから書店で購入すれば良いだろうと高をくくっていたところ、発売日翌日にはほぼどこの書店でも完売しているという有様。

アニメイトやとらのあななどのショップはもちろんのこと、百貨店の本屋やタワレコ、HMVにビレバンなど、色々な所を駆けずり回りましたが全滅で、その時の私の絶望感たるや筆舌に尽くし難いです。

最終的にローソンの検索システムを駆使して、何とか車で行ける範囲にあるという情報を得たので、店員さんに電話で取り置きしておいてもらう事でゲットできたのですが、かなりの精神的ダメージを負ったのは記憶に新しいです。

ファイナルライブのチケット争奪戦からもわかる通り、確実にファンは前回の時よりも増えていると思います。

だとすると、前回よりもさらに入手するのは困難となるでしょうから、欲しいのであれば確実に手に入れられる予約をすべきでしょう。

どこでインターネット予約できるのか?

ということで、予約すべく現時点で予約可能な店を検索したので、ここにその一覧をまとめておこうと思います。

tower.jp

7net.omni7.jp

https://goods.bookwalker.jp/item/B16418973/goods.bookwalker.jp
※BOOK☆WALKERは現在ページがなくなってしまっているようです(2016.05.24追記)

www.chara-ani.com

とりあえず、私が検索して発見できたのはこの5つの店舗でした。

私は頻繁に利用しているAmazonで予約したのですが、何故かAmazonだけ100円安かったのが若干気になってはいます。

※現在は通常価格に戻っています。

おわりに

おそらく過去の私のように、当日に買えばいいかなと思っている人もいるかと思われます。

しかし、8月号発売後、紅白、Eテレでの1期再放送、ファイナルライブを経て、確実にファンは増えていると思います。

しかも、μ’sのメンバーが揃ってコメントを述べる機会というのは、これを逃すともしかするともうないかもしれません。

このように考えている人は、私以外にもたくさんいるでしょうから、そうすると過酷な争奪戦が起きる可能性は高いといえるでしょう。

転売屋によって、価格が高騰した物を泣く泣く購入するという事がないように、ラブライブ!ファンの方は早めの予約をオススメします。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

※現在、上にあるAmazonやセブンネット以外に、Fujisan.co.jpや、Neowingでもまだ在庫があるようですので、もしお困りの方がいらっしゃるのであればということで一応載せておきます(2016.05.24追記)。
www.fujisan.co.jp

Cut (カット) 2016年6月号 【表紙&巻頭】 μ's (ミューズ) とみんなの夢が永遠になった日 ロッキング・オン 本/雑誌 - Neowing