読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

初心者によるノートパソコンのメモリ交換奮闘記 その1

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

少し前に、母のノートPCのOSをアップデートしたのですが、その時、あまりにも動作が重かったのでメモリを増設しようと思い立ちました。

aniota-alvarado.hatenablog.com

私は以前、デスクトップパソコンの自作をしたことがあるので、パソコンを自作することについて抵抗感はあまりないのですが、そうはいっても自作したのはかなり昔の事。

しかも、デスクトップとノートはまた別物ですから、ノートパソコンのメモリ交換(増設)については、やり方が全く分からず、もう初心者丸出しといった感じでございます。

という事で、今回は同じ自作初心者の人で、最近何だか動作が重い事だし、ちょっとノートのメモリ交換・増設をやってみようかなと思っている人に向けて(もしくは、他のパーツ交換を検討している人に向けて)、注意点~交換の方法に至るまでを簡単に書いていこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

パーツショップに行く前にノートのスペックを詳細に調べるべし

自作するにあたって、玄人であれば必要となるパーツをAmazon等、ネットショップで購入するのも良いでしょう。

しかし、我々のような初心者・素人は、本当にそのパーツで合っているのか、買ったは良いけど組み込めないのではないかという不安がかなり大きいはずです。

そうすると、確認してから買うのが一番安全かつ安心なので、自然と選択肢はパーツショップでの購入一択になるかと思われます。

もっとも、パーツショップの店員さんも超能力者ではありませんから、どのようなノートPCに組み込もうとしているかがわからないと、正解を導き出すのは困難というか多分無理です。

そのため、パーツショップに行く前にまず、自分のノートPCのスペックをなるべく詳細に調べておくことが必要となります。

その際、Google先生に型番を入力して検索、詳細なスペックがpdf(私の場合はこのような感じです)などで公開されていれば、そのURLを控えておき、店頭でスマホに表示させて見せることができます。

しかし、そのようなpdfが存在していない場合には、型番を入力することで出てくるサイトに記載されている、①OS、②CPU、③メモリ、④HDD、⑤チップセットくらいはメモっておくことをお勧めします(もちろん、型番も一緒にメモっておいてください)。

そうすることで、店員さんがこれらを手掛かりに、詳細を調べてくれると思いますので。

他力本願で心苦しくはありますが、そこは初心者という事で、今回は大目に見てもらいましょう。

どういうパーツを選べばいいかはIO-DATAが知っている?

前述したノートPCのスペックを調べることはもちろん必要ですが、それに加えて、目的のパーツ(私の場合はメモリ)はどれを選べばいいのか、大体のアタリを事前につけておくとよりスムーズだと思います。

その際に利用するのが、IO-DATAのサイトにあるパーツ検索システムです(同様のシステムはBUFFALOにもありますが、私のパーツはBUFFALOではヒットしませんでした)。

www.iodata.jp

上にあるトップページから、商品一覧から探す→該当パーツ(私の場合はメモリー)→対応メモリー検索の「型番・モデル名」に自分のノートPCの型番を入力→機種タイプを「ノート」にする。といった感じで選択・入力していきます。

私の場合の例を以下に写真で載せておきますので参考にしてみてください。

f:id:aniota-alvarado:20160530221831j:plain
IO-DATAのトップページです。

f:id:aniota-alvarado:20160530221905j:plain
該当パーツを選択します。

f:id:aniota-alvarado:20160530221928j:plain
型番やら何やらを入力します。

f:id:aniota-alvarado:20160530221952j:plain
自分のノートPCの型番とピッタリ合うものを選択します。

f:id:aniota-alvarado:20160530222021j:plain
該当メモリがヒットしました。

f:id:aniota-alvarado:20160530222037j:plain
これこれ、これが欲しかったのです。

といった感じです。

情報が集まったらそれっぽいパーツを手に(なければ手ぶらで)、店員さんに尋ねるべし

さて、ここまで色々と情報が集まったのと思いますので、これらを引っ提げて実際にパーツショップに行って、店員さんにどれが良いのか聞いてみましょう。

私がこの時回ったパーツショップは、秋葉原にあるツクモ、ドスパラ、BUY MORE(元TWOTOP)、ソフマップ 秋葉原リユース総合館の4店舗でした。

もちろんどのパーツショップの店員さんも丁寧なのですが、前回デスクトップのパーツでわからないことがあり、ドスパラの店員さんに質問したところ非常に丁寧かつ親身にアドバイスして下さった過去があったため、まずドスパラで店員さんに聞いてみました。

そこで返ってきたのは、「そのメモリ、もう古すぎて新品ないよ」という残念なお知らせ。

おっと、早くももう詰んだか?!と若干焦りましたが、とりあえずセカンドオピニオンよろしく他のお店でも見たり聞いたりしてみました。

結果は全滅。現実は非情です。

ただ、新品はないという事だったので、裏を返せば中古ならあるという事になりますよね。

ということで、一縷の望みを託して、ソフマップ 秋葉原リユース総合館に行くと、何やらそれっぽいパーツを発見。

うひょおおおおお!!!と心の中で叫びながら、そのパーツを握りしめ、一応念のため店員さんに合っているか確認してみました。

本当に、本当に親身になってあれこれ調べたり確認したりして下さり、まあ、結果としては私が握りしめていたパーツではなかったのですが(型番は合っていて、1Gではなく2Gの方が必要だったみたいです)、何とか無事目当ての物を購入することができました。

その際、安心サポート的な補償をつけるか確認されたのですが(1カ月の間は相性が悪い等で交換可能)、中古という事もあったのでつけておくことをオススメします。

おわりに

ここまでの感じでわかる通り、私、冒頭で自作経験者といいながらも、完全なる初心者・素人でございます。

そんな私ですら、こうして無事目的のものが買えたわけですから、パーツショップの店員さんには本当に頭が上がりません。

とはいえ、前述したように、最低限の情報がなければ店員さんも探しようがないので、上に述べた情報、最悪ノートPCの型番くらいは把握したうえで、尋ねるようにすると良いと思います。

ということで、今回こうしてパーツを無事入手したので、次回は実際にどのような感じでメモリ交換をしたのかを書こうと思います。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。