オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

PS3でBlu-rayを観た時に、スピーカーが最大音量でも小さい場合の対処法

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

本日、6月13日は、「ラブライブ!The School Idol Movie」が公開されて、ちょうど1年目となる日です。

Twitterでも1周年を記念して、映画を観ている人をちらほらと見かけたので、私も便乗して久しぶりに観てみることにしました。

当時、割と必死になって探し回って手に入れたチラシを使って、部屋を気持ち映画館風にして、いざ!というところで、どうしても看過できない問題が発生しました。


音が・・・小さい・・・。


そう、聞こえないわけではないものの、全体的に音量が小さいのです。

ボリュームをMAXにしても、スノハレのCメロ前の振りのごとく、耳に手を当てなければ聞こえにくい始末。

これは集中できない!という事で何とかできないか、あれこれ調べてみたので、同じように苦しんでいる人の参考になれば幸いです。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

使っているスピーカーが原因?

まず、前提として私の使用しているスピーカーについて述べておきますと、私が現在使用しているのは、「LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW」です。

かなり安価なものではありますが、これまでPS3につないでゲームをしたり、映像を観たりする中で、不満に思ったことは一度もありませんでした。

しかし、いつだったかにTSUTAYAで借りてきた映画や、今回観ようとしたラブライブ!劇場版については、音量が小さすぎて映画に集中できないという問題が発生しています。

一体全体、何故このようなことが起きるのかというと、どうやらスピーカーに原因があるようなのです。

というのも、私の使用しているスピーカーは、音を出す方式が2ch、つまり、左右のスピーカーから普通に音声を出すことを念頭に作られたものです。

他方、観ようとしていた映画は、5.1chという、少し前からよく聞くようになった方式がとられていて、左右以外にも前後から音が聞こえるように音声が収録されていました。

そのため、本来であれば前後にもスピーカーが必要なのに、それを無理やり左右のスピーカーだけで聴こうとしていたことになり、その結果音量が小さくなるという問題が生じたようなのです。

満足のいく音量にするには5.1ch対応のスピーカーを買うしかないのか

では、一体どうすればいいのか。

ひとつは簡単で、実際に5.1chに対応しているスピーカーを買えば良いのです。

というと、元も子もない感じがしますし、置き場所に困ったり、どうしても値段が高くついたりしてしまいます。

そこで、少しだけ価格が抑えられていて、5.1chに対応しているスピーカーを配置しているかのような、疑似的な環境を演出することができる、サウンドバータイプを買うというのも一つの手だと思います。

しかし、私は公開1周年となる“今”この映画を観たいのであって、そんな快適な映画環境なんてものを時間をかけて整える余裕などないのです!

今あるこの2chスピーカーで、どうにかこうにか観られる方法がないのであれば意味がないのです!!

設定をいじるのはスピーカーやPS3側だけではない

ということで、若干詰んだなと思いながらも、ひたすら悪あがきをし続けたところ、別のアプローチからの解決方法があることに気付きました。

それは、観ているBlu-rayの方の設定を変更するという方法です。

具体的に申しますと、Blu-rayを再生した際に、通常の作品であれば「メニュー画面」というものが存在していると思います。

そのメニューに、再生する音声の形式として、「ステレオ」という選択肢があれば、そちらを選んでください。

f:id:aniota-alvarado:20160613230434j:plain
「ラブライブ! The School Idol Movie」であればこのような感じです。

こうすることで、5.1chサラウンド形式のものを、無理に2ch形式で再生せずに済むため、そのスピーカーが本来出せるだけの音量を確保することができます。

事実、私も設定を変更したことで、ちゃんと最後まで満足のいく音量で楽しむことができました。

おわりに

満足のいく音量が得られずに、映画のセリフなどが小さく感じられた場合、ついつい、スピーカーや再生する機器(私の場合はPS3)の方を疑ってしまいがちです。

しかし、ハードではなく、ソフトの方をどうにかすることで、解決する場合もあるのだなという事に、今回の一件で気づかされました。

もっとも、5.1chサラウンドの音声で映画が楽しめるのであれば、その方が絶対良いでしょうから、ちゃんとそれに対応した環境を整えたいものです。

やはり、好きなものは一番いい状態で楽しみたいので、これを機に、Blu-rayの再生環境について、少し見直してみたいと思います。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。



ちなみに、こちらは、5.1chサラウンド形式のスピーカーで、調べていて比較的評価が高かったものです。

こちらが、サウンドバータイプのもので、調べていて比較的評価が高かったものです。