読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

一番売れたアニメが一番面白い?2016年夏アニメの売り上げベスト3と、私個人のベスト3にズレはあるか検証

アニメ レビュー 感想

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

「このハンバーガーとコーラは世界で一番売れている。だから世界で一番美味いものに決まってるだろ」


出典:Q.E.D.証明終了(32)


ネットでは結構有名なセリフだと思うのですが、この理論からすると、DVD・Blu-rayが一番売れたアニメが、一番面白いアニメだということになります。

では、実際にそうだといえるのか、秋アニメが始まって落ち着いたこのタイミングで、前のクールのアニメの売り上げと、自分が観て面白いと思ったアニメとでズレがあるかどうか、感想を書きがてら検証してみたいと思います。

なお、量が量なので、ベスト3だけに絞って書くことをお許しください。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

夏アニメ第1巻の売り上げは、案の定「ラブライブ!サンシャイン!!」だった

まず、夏アニメ第1巻の売り上げをみてみます。

○2016年夏期放送開始TVアニメ 1巻ランキング
66,912 ラブライブ!サンシャイン!!
16,278 B-PROJECT ~鼓動*アンビシャス~
*6,452 NEW GAME!
*5,994 美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!
*5,649 モブサイコ100
*4,630 SERVAMP -サーヴァンプ-
*4,465 ツキウタ。 THE ANIMATION
*3,716 魔装学園H×H
*3,671 ダンガンロンパ3 The End of 希望ヶ峰学園 未来編/絶望編/希望編
*3,150 アルスラーン戦記 風塵乱舞
*3,131 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!
*2,556 あまんちゅ!
*2,132 不機嫌なモノノケ庵
*2,096 Rewrite
*1,638 アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
*1,634 バッテリー
*1,536 クオリディア・コード
*1,478 この美術部には問題がある!
*1,258 初恋モンスター
**,858 食戟のソーマ 弐ノ皿 (Blu-ray:1/7巻、DVD-BOX:0/1巻)
**,671 チア男子!!
**,442 ReLIFE
**,418 魔法少女?なりあ☆がーるず
**,376 はんだくん
**,368 タブー・タトゥー
**,292 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン
**,224 orange
**,*** SHOW BY ROCK!!しょ~と!! (※アルバムランキング集計:5,624)
**,*** ももくり
**,*** スカーレッドライダーゼクス
―,--- 甘々と稲妻 (BOX:0/1巻、単巻:0/6巻)
―,--- 腐男子高校生活
―,--- DAYS
―,--- 91Days
―,--- ベルセルク
―,--- アンジュ・ヴィエルジュ
―,--- OZMAFIA!!
―,--- レガリア The Three Sacred Stars
―,--- パズドラクロス
―,--- テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス
―,--- 斉木楠雄のΨ難
―,--- 七つの大罪 聖戦の予兆
―,--- D.Gray-man HALLOW
―,--- ばなにゃ バナナにひそむにゃんこ
―,--- ぐらP&ろで夫II
―,--- おなら吾郎
―,--- ほのぼのログ
―,--- レゴ ネックスナイツ
―,--- タイムトラベル少女 ~マリ・ワカと8人の科学者たち~
―,--- オトナの一休さん
―,--- ネコこのゴロ
―,--- ちょびっとづかん
―,--- 一人之下 the outcast
―,--- ONE PIECE 18THシーズン ゾウ編
―,--- ミカンせいじん現わる
―,--- アルプスの少女ハイジ?ちゃらおんじ


出典:アニメDVD・BD売り上げ一覧表まとめWiki - クール別/2016年夏期


この中にはまだ、1巻が発売されていない作品もあるのですが、もしベスト3の順位が変動するようなことがあれば、その時は加筆いたします。

私個人のベスト3は、売り上げとは大きくかけ離れたものだった

では次に、私個人のベスト3を感想付きで書いていこうと思います。

第3位 不機嫌なモノノケ庵

この作品は、とにかく妖怪と主人公の芦屋とのやり取りが、観ていてとても心温まるというか、彼の人間であれ妖怪であれ、色眼鏡をかけることなく接する様子にとても好感が持てました。

最初は怖がるだけだったのが、いつの間にか妖怪という事を意識せず、心を通わせていくその過程が非常に丁寧に描かれていましたし、登場する妖怪の背景をしっかりと描くことで、より感情移入しやすかったのも良かったです。

最後に、芦屋が妖怪を見ることができなくなってしまうという問題が発生し、それをきっかけに芦屋はもちろんの事、安倍を始めとする周りの人・妖怪が良い意味で変わっていた事、芦屋がいつの間にかなくてはならない存在になっていた事がわかり、今まで関わった人・妖怪によってまた見えるようになるという終わり方も、とても良くまとまっていました。

ストーリー・テンポ・作画すべてがバランスよく仕上がっていて、毎回観るのが楽しみな作品の一つだったのをよく覚えています。

第2位 モブサイコ100

正直なところ、私はこの作品の1話を観た段階では、そこまで面白いと思いませんでしたし、切ろうかどうか迷ったくらいでした。

しかし、回を重ねるごとに、モブの純粋さや、霊幻の適当なようで、意外に真理を突いている物言いや、どこか憎めない所が好きになってきましたし、他の登場人物も皆、良いキャラクターをしていて観ていてどんどん引き込まれていきました。

そして何より素晴らしかったのが、超能力者同士の戦闘シーンです。

こんなに動かして、アニメーターさんは過労で倒れてしまうのではないか?と思わず心配になるくらいの迫力で、毎回ただただ圧倒されるばかりでした。

話も回を追うごとに面白くなっていきましたし、最後の「爪」との戦いは本当にクライマックス!という感じで、あっという間に終わってしまったような感覚に陥ったほどです。

2期があったら是非観たい作品ですし、観ていない人には自信をもって薦められる作品です。

第1位 ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

このクールでは、2クール目の物や、第2期のものを除けば、ダントツでこの作品が面白かったです。

戦記物で主人公が知略を巡らせて敵を倒していく、そういうタイプの「俺TUEEEE」系の作品は、この作品に限った事ではありません。

しかし、この作品は少し違っていて、毎回毎回主人公の思う通りにことが運ぶわけではないのです。

時には苦渋の決断を迫られたり、間に合わなかったり、身を削って何とか犠牲を最小限に止めたりと、苦しい展開が多々ありました。

そのため、通常の「俺TUEEEE」系にはない緊張感があって、それが楽しく観ることができた一番の理由なのだと思います。

主人公を始めとした各キャラクターの個性も上手く描かれていましたし、少々展開が遅いなと思う事があった点以外は、他作品と一線を画していたのではないかなという印象です。

終わり方が中途半端だったので、是非2期もやって欲しいのですが、売り上げを見るに絶望的かもしれません・・・。

おわりに

いかがだったでしょうか。

それぞれかなりのズレがありましたが、特に、私が個人的に1位だと思っている作品と実際の売り上げとのギャップはえげつないですね。

もちろんあくまで私個人の感想ですから、売り上げ通り、この3作品が特に面白かった!という人も中にはいると思います。

しかし、おそらくそういう人は稀で、売り上げと面白さは比例しないのではないかと考えている人のほうが多いのではないでしょうか。



ちなみに、私個人としては、ラブライブ!が好きなので売り上げと同様に1位に決まってるじゃないか!!といいたいところなのですが、冷静に、客観的に順位を付けるとすれば、4位くらいではないかなと思っています。

また、今回は2クール目の物や2期の作品は外しましたが、これも込みで考えると、尚更、評価は売り上げと大きくズレることになったでしょう。

とにもかくにも、当たり前の話ではありますが、やはり売り上げだけで作品の面白さは測れないようなので、これからもちゃんと自分の目で見極めて、アニメを楽しみたいと思います。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。