読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

『Mimori Suzuko Live Tour 2016 “Grand Revue”』日本武道館公演2日目(感想・レポート・セトリ)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

本日、というか、もう日付が変わってしまっていますが、10月28日に日本武道館にて、三森すずこさん(みもりん)のライブがありました。

f:id:aniota-alvarado:20161029020701j:plain

7月23日の札幌公演を皮切りに、愛知、大阪、福岡と約3カ月かけて、昨日の日本武道館。

そして本日、めでたく最終日と相成ったわけです。

私はこの最終日、ツアーファイナルに幸運にも参戦できたので、本日はそのレポートなんかを書いていこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

物販は前日の27日よりも完売する速度が早かった

aniota-alvarado.hatenablog.com


上の記事の通り、前日にリサーチしていたので、私が欲しいものはそこまで早くいかなくて大丈夫と踏んで遅く家を出た結果、着いたのは大体16時半でした。

どれどれとグッズ一覧を見てみたところ、


みもりんブレードがない!?


前回のライブで販売された、星形のように特殊な形であれば是が非でも欲しかったのですが、今回はキンブレとそこまでかわらなかったので、あったら買おうかなというテンションでした。

でも、ないとわかるとちょっと惜しいことをしたなと思ってしまいます。もうちょっと早く行けばよかったかな・・・。

とはいえ、絶対に欲しいと思っていたマフラータオル、リストバンド、ディズニーTシャツは買えたので、概ね満足です。



ちなみに、サイズのほうはやはり通常のTシャツよりも大きめだったので、約178㎝の身長ではあるものの、Sサイズで丁度良かったです。

私よりも大きくなければ、ライブTシャツはSサイズで安定なのかもしれませんね。

f:id:aniota-alvarado:20161029021623p:plain
私が購入した時間帯の物販の様子です。あまり人はおらず、並ばずにすぐ買えました。

f:id:aniota-alvarado:20161029021720p:plain
物販の販売状況です。変な角度でとってしまったので、見難くて申し訳ないです。

日本武道館は実際よりも狭く感じる?

私が会場に入って一番最初に思ったのは、何だかいつもより狭いというか、ステージが近く感じられるなということでした。

これはおそらく、私が1階席スタンドだったため、ステージを見下ろす形になっていたということと、花道が用意されていたためだと思います。

最速先行を当てていたので、もちろんアリーナが望ましいのでしょうけど、アリーナ後方になるのであれば、むしろ1階席スタンドのほうが観やすくて結果的には良かったのかもしれません。



なお、日本武道館に限った話ではありませんが、行く前に座席表で大体の位置を確認しておくとスムーズに座席まで行くことができるのでオススメです。

武道館については、以下のサイトを参考にすると良いかと思われます。

日本武道館 座席解説 [1/4] -- livehis

みもりんのライブは、まるでショーのようだった

私は前回のライブである、『Fun!Fun!Fantasic Funfair!』は落選してしまったため、残念ながら行けてはいないのですが、代わりにBlu-rayを購入して観ています。

この前回のライブもそうでしたが、みもりんのライブはただ歌うというのではなく、何かしらのコンセプトを強く意識した作りになっており、今回もそうでした。

3rdアルバムである「Toyful Basket」が少し前に発売していたということもあって、今回のテーマは「おもちゃの世界」といったところでしょうか、みもりんが持っているおもちゃが動き出して・・・というのが導入のようでした。

ぬいぐるみが出てきて一緒に踊ったり、大きな輪投げを楽しんだり、悪いおもちゃというか本の住人(?)に旗を奪われて、それを取り戻すべく、剣士になって戦ったり、曲が最初止まったかと思ったら、ダンサーさんの背中に付いたネジを巻いてやり直したり。そして最後に、おもちゃ箱にみんな帰っていく演出があったり・・・。

前回のライブ同様、間にMCが挟まれなかったということもあるのでしょうけれど、1つのショーをずーっと観ているようで、終始楽しくて、時間があっという間に過ぎていきました。



もっとも、今回は「おもちゃの世界」をテーマにしていたためか、おもちゃたちとの絡みや、演出を優先させたため、ダンスは前回のライブよりも控えめだったかなという印象です。

みもりんといえば、キレのあるダンスも見どころの一つなので、その点は少しだけ物足りなかったのですが、それを補って余りある演出と、ダンサーさんのハイクオリティなパフォーマンス、そして後述する“夢”についてのMCがそれを上手くカバーしていたように思います。



あとは、テーマがテーマなので、全体的にロリータファッション系の衣装が多かったかなという印象も受けました。

個人的にはあまりああいう格好をしているみもりんを見たことがなかったので、何だか新鮮でしたし、非常に可愛らしかったです。

こういう系統の衣装が多かったのは、テーマに沿っていたというのもありますが、「子供の頃の気持ちを持っていたい」という(うろ覚えですが大体このようなことをおっしゃっていました)、みもりんの想いが形になっていたのではないかなとも思います。

特に印象深いのは、「My First Lesson」

もちろんどの曲も素晴らしかったのですが、個人的に印象深かったのは、「My First Lesson」のAパートです。

ここでは、なんとピアノ伴奏のみで、みもりんが座りながら歌うという演出がなされました。

普段のライブなどでも、踊りながらよくもまああそこまで歌えるなと感心していましたが、今度は一切踊らずに、ピアノ伴奏のみであそこまで“聴かせる”とは・・・、ただただ圧倒されてしまいました。

最初少しだけプレードを振っていたのですが、すぐに振るのを止めて聴き入ってしまうほどに、みもりんの歌声は優しいのに力強い、聴いている人の心を揺さぶるような、そんな歌声でした。



この他にも、個人的に好きな「恋のキモチは5%」が生で聴けたのは嬉しかったですし、「Light for Knight」、「Xenotopia」で騎士の格好をして殺陣を披露していたのも格好良くて素敵でした。

これらの曲や、前述した「My First Lesson」などで、スクリーンに特殊効果が施されていたというのもまた、素晴らしい演出だったなと思います。

みもりんが表現したいことを、特殊効果などでさらにわかり易くするというか、補完している感じで、それが全体的に完成度の高いライブを作り出しているのでしょう。

満を持しての生バンド!だけどちょっと大人しめだった

そして今回、みもりんのライブではおそらく初である生バンドということで、相当期待していました。

個人的には、やっぱりライブは生バンドのほうが迫力がありますし、ライブ感が段違いなので、これは本当に嬉しかったです。

もっとも、生バンドならではのセッション感があまりなかったのは、少々残念だったというか、物足りなかったですかね。

これはおそらく、あまりアレンジせず限りなく原曲に近づけて演奏していたためだと思うのですが、折角ならちょっと攻めたアレンジというか、ライブでしか聴けないような演奏を聴いてみたかったです。

とはいえ、バンドメンバーの皆さんの演奏は素晴らしかったですし、何より全員が本当に楽しそうに演奏なさっていたので、そこまで不満はありません。

今回のMCはいつもよりも更に熱がこもっていた

こうして、一通りショーという名のライブが終わり、アンコールで再び登場したところで、ようやく通常のライブへとシフトしたようで、ここで初めてMCが入りました。

この時は、少し軽めといいますか、どちらかというと楽し気な雰囲気でMCをなさっていましたが、Wアンコール後のMCでは一転して、かなり熱のこもった想いが語られました。

若干涙ぐみながら、ここまで来ることができたのは、支えてくれている家族、友人、関係者の人達のおかげで、その皆を代表して今ここに立っている。本当にみんなありがとうという感謝の気持ち。

そして、嫌なことが多い世の中だけど、夢を持って前を向いて歩いていって欲しいという、私たちファンに向けて“夢”を持つことの大切さを強く伝えてくれました。

また、この日本武道館での公演は、自分の昔からの夢で、とても大きな夢だと思っていたのに今回こうして叶えることができた。どうせだったら夢は大きく、次は単独で紅白にまた出たいというみもりんの想いは、決して無謀なものではなくて、いつか本当に叶うんだろうなという予感を感じさせるものでした。

普段はこんな感じで語らないんだけど良いよね、と少し照れ臭そうにしていましたが、本当に、グッとくるものがありましたね。

中々こういう、ちょっと直球というか、ともすれば臭いと取られるようなことを語るのは難しいのですが、夢を叶えてきた、大きな目標を達成してきた彼女だからこそ、説得力がありましたし、熱のこもったあの言葉を笑える人は誰一人としていないと思います。

ライブ中ももちろんそうでしたが、この「大きな夢を持つことの素晴らしさ」を語っていたみもりんは、本当にキラキラしていて眩しかったです。



ちなみに、みもりんのとりあえずの目標は、年内にTwitterフォロワー数を100万人にすることだそうなので、まだフォローされていないかたは是非フォローして下さいね。

twitter.com

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ライブの余韻が冷めやらないままに書いたので、時系列がおかしかったり、ところどころ変な表現があったかと思います。

とりあえず、色々と書きましたが、一番伝えたいのはとにかく楽しかったということですかね。

今回、初めてみもりんのライブに行きましたが、これからもライブには絶対に行きたいなと、そう素直に思える素晴らしいライブでした。

ライブに行って、これだけ明日から頑張ろう!というパワーをもらえたのは初めてでしたし、本当に行って良かったです。

あの圧倒的なパフォーマンスを未だ体感していないというかたは、是非一度行ってみて下さい。ライブ後にはきっと私のように虜になっていることでしょう。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。


f:id:aniota-alvarado:20161029040615j:plain
ライブ後に正面入り口前で、南ちゃんとミルキィの3人からのフラスタを発見しました。

f:id:aniota-alvarado:20161029040716j:plain
ちなみにこれが公演終了後の武道館前の様子です。流石みもりん、かなりの大雨でした(笑)

セットリスト

それでは、最後に、本日のセットリストを以下に載せておきます。


01.TINY TRAIN TOUR
02.会いたいよ...会いたいよ!
03.FUTURE IS MINE
04.Traveling Kit
05.ドキドキトキドキトキメキス♡
06.ユニバーページ(y0c1e remix)
07.純情 Da DanDan(kz remix)
08.Wonderland Love(Short ver.)
09.大切なキミ(Short ver.)
10.ハッピーハッピークリスマス(Short ver.)
11.Shall we dance?
12.WONDER FLIGHT
13.恋のキモチは5%
14.My First Lesson
15.Heart Collection
16.Light for Knight
17.Xenotopia
18.ヒカリノメロディ
19.ちいさな手と観覧車
20.グローリー!
21.Fantasic Funfair

アンコール
01.ミライスタート
02.スマイリウム
03.せいいっぱい、つたえたい!

ダブルアンコール
01.ユニバーページ

公演時間:約2時間30分