オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

早見沙織 1st CONCERT TOUR 2016 “Live Love Laugh”LIVE 市川公演(感想・レポート)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

本日、早見沙織さん(はやみん)のライブが、千葉県は市川市で行われました。

f:id:aniota-alvarado:20161029233932j:plain

私自身は、彼女の演技、声質、キャラクターは好きではあるものの、熱心なファンというほどではありませんでした。

今回は、たまたま彼女の大ファンである友人が誘ってくれたので、行く事になったのですが、ライブが終わってみて、誘ってくれた友人には感謝しかありません。

という事で、本日はニワカ中のニワカが初めてはやみんのライブに参加してみてどうだったのか、レポートを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

物販は一部を除いて、比較的余裕がありそう

はやみんというと、その圧倒的な歌唱力の高さを一番にイメージする人も多いと思います。

あれだけの歌唱力ならば、普段の声優さんのライブとは雰囲気が少し違って、コールなどもない大人しい感じなのではないかと勝手に考えた私。

ならば普段購入するような物販も必要ないかな?ということで、今回は遠慮させていただく事にしました。

というのもありますが、どちらかというと、完全なるニワカであるという事と、最近お金を使いすぎているということのほうが大きかった気もします。



このような理由から、開場にに先立って行われた14時〜17時での販売は見送ったのですが、開場した段階での物販状況は以下のような感じでした。

f:id:aniota-alvarado:20161029234017j:plain

完売していたのはモバイルバッテリーとマググラスで、はやみん曰く、モバイルバッテリーは売れるか心配だったみたいです(笑)

この両者が欲しいという人は、先行販売の段階で買う必要がありそうですね。

コールいりません、立つ必要もありません、ブレードもなくて大丈夫です

開演の時間になり、生バンドの演奏が始まって、はやみんが颯爽と登場。アルバムのリード曲である「NOTE」からライブが始まりました。

ここで会場を見渡してみると、案の定と言いますか、観客はみな座っており、コールしている人も、ブレードを振っている人も皆無でした。

正確には、途中のMCではやみんから立つように促され、それから暫くはコールあり、ブレードありの時間がありましたが、それ以外は終始座ってゆったりと聴いていましたね。

声優さんのライブというよりは、アーティストさんのコンサートという表現のほうがしっくりくるような感じです。

生バンドとの相性は抜群、途中のMCも良いアクセントになっていた

今回のライブにおけるバンド構成は、ベース、ギター、ドラム、キーボードだったのですが、それぞれが良い感じにアレンジを入れていて、シングル・アルバム曲が全て違う雰囲気のものになっていました。

そこにはやみんの、CDで聴くよりも迫力があって、感情がダイレクトに伝わってくる歌声が加わることで、とてつもないライブ感が生み出されていたように思います。

途中、はやみんが着替えるタイミングで披露されたインスト曲(「untitled~for Ichikawa~」改め「はやみんすと」)も良かったですし、これぞ生バンド!という感じでした。

このように、バンド演奏に乗せてはやみんの聴く者を圧倒する歌声が響いたかと思えば、MCでは一転してゆる~い雰囲気で話していて、これが絶妙なメリハリを生んでいたのもまた良かったですね。

歌っている時の観客の乗せ方もそうですが、本当にライブの雰囲気を作るのが上手くて、これでツアー2日目だというのですから驚きです。

はやみんは何よりも“LIVE”であることを大切にする人

今回のライブでかなり驚いたのは、LIVEのこのタイミングで数多くの新曲が発表されたという事です。

曲数にして約6曲、このライブでしか味わえないようなものを作りたいという想いから、こういったセットリストにしたようでした。



また、アンコール後に通常であればまずバンドメンバーから登場して、最後にはやみんという流れだと思うのですが、何故かはやみんだけが登場し、そのままなんと、

新曲である「星になって」を弾き語り

したのです!!

「この楽曲はまだ未完成の曲なのですが・・・」

といいつつ、この会場で披露することでまた何らかの形になればと思っていると言っていましたが、まさか弾き語りまでするとは・・・。

もう完全に声優さんの枠を飛び越えているなと、ただただ圧倒されてしまいました。

もちろん、演奏も歌声も素晴らしく、こうして曲が出来上がっていく過程に立ち会えたこと、とても幸せだなと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私が今回、初めてはやみんのライブに参加した感想としては、勿体ないことをしていた!!ですかね。

喉からCD音源なんていう表現がありますが、はやみんの場合はCD音源を超えていて、生で聴くことに価値がある、そんな歌声でした。

ある曲の終わりに、若干アカペラになる部分があったのですが、そのあまりの凄さに鳥肌が立ったほどです。

今ではライブグッズを買わなかったこと、とても後悔しているので、品川公演にて物販だけ購入しようと思っています。

これからもライブを続けてもらうには、物販の購入は重要ですからね。

私のような初心者でも、何の問題もなく楽しめたので、少しでも興味が沸いた人には是非行って欲しいです。

これからはライブが行われる度に、絶対に応募しようと固く誓うようになる。そんな素晴らしいライブでした。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。