オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

結局今期の覇権アニメはどれなのか?2016年秋アニメベスト3(感想・ネタバレ)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

アニメは3話観てから。

そんな事がいつの間にか暗黙の了解のようになっておりますが、慎重な私は3話の段階では判断がつきませんでした。

もっとも、流石に1クールの半分があらかた終了した現時点であれば、その作品の善し悪しについて、しっかり判断できるでしょう。

ということで、今回は個人的に今期の覇権アニメといえるのはどの作品なのか、現時点での感想も交えて書いていこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

2期などの続き物も入れたランキング(総合)

まず、2期などの続き物を入れたランキングを書いていきます。

入れたものと入れていないものを分けるのは、前の期のほうを観ていない人の場合、TSUTAYAで借りるなり、Blu-rayを購入するなりしなければならず、非常に手間となるためです。

そういう手間が嫌だという人は、ここは飛ばして続き物が入っていないランキングを参考にして頂ければと思います。

それでは、前置きはこれくらいにして、3位から発表していきますね。

第3位 ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校

まず、何といっても相変わらず作画のクオリティが高く、試合中の躍動感がとても良く伝わってくるところが素晴らしいです。

また、メインキャラクターの見せ場がそれぞれに用意されていて、観ている人がどこかのポイントで必ず心を動かされるようになっていると思います。

相手チーム、今回でいえば白鳥沢の選手もそれぞれ個性的で、毎回毎回よくもまあここまで被らずに、魅力的な“敵”を描くことができているなと感心してしまいます。

試合のテンポとしては、本来であれば1試合というのはダレてしまうはずなのですが、それを感じさせない工夫がされていて、今のところ全く飽きずに観ることができています。

今後、どの選手が活躍するのか、非常に楽しみです。

第2位 亜人

前のクールでは、佐藤にやりたい放題されて、そのまま終わっていましたが、シーズン2ではいよいよ圭たちが反撃に出ます。

その際、かつて敵対していた戸崎と手を組むのですが、その展開がまたベタではあるものの熱く、観ていてテンションが上がりました。

作画については、フルCGということもあって、一切の乱れがありませんし、佐藤の卑劣な行為がより迫力のあるものに仕上がっていると思います。

シーズン2は圭と佐藤の戦いが一番の見どころといえますが、それ以外にも、圭に訪れた微妙な心境の変化についても、注目していきたいと思っています。

よく言えばクール、悪く言えば徹底的なリアリストだった圭が、今後どのように変化していくのか、亜人たちの未来はどうなってしまうのか、ますます目が離せませんね。

第1位 響け!ユーフォニアム2

前作の評判の高さからある程度は期待していましたが、その期待をものともしないほどに、面白さは健在といった感じでした。

京アニ作品という事で、作画については相変わらずのクオリティでしたし、内容についても前作にもまして面白くなっています。

全国大会優勝という最終目標を設定し、そこに向かって突き進んでいく様子だけを描いても十分見所があるはずなのですが、この作品はそこに加えて、部活内での微妙な人間関係について深く掘り下げています。

そうすることで、「全国大会優勝」という一本の軸に、各キャラクターの背景という肉付けがされることとなり、より見所が増えるとともに、より感情移入しやすくなっているのでしょう。

また、本作は若干ドラマっぽいところもあるので、主人公である久美子を演じている黒沢ともよさんの、あの妙にリアルな演技が絶妙に合っていて、そこもまた見所の一つなのではないかなと思っています。

内容、テンポ、作画、演技、どれをとってもハイクオリティといえ、だからこそ多くの人が手放しで「面白い!」といっているのではないでしょうか。

2期などの続き物を抜いたランキング

前述した結果に表れていますが、続き物を入れるとどうしてもそれらが上位を占めてしまいます。

続くという事は、それだけ面白いという事ですから、当然といえば当然なのですが、前作を観ていなかった人からすれば「ちくしょう!」と悔しい想いをしてしまうはずです。

そこで、そうした続き物を抜いたものだけで、次はベスト3を発表してみたいと思います。

第3位 うどんの国の金色毛鞠

正直なところを申しますと、最初はタイトルから面白くなさそうな臭いがプンプンしていました。

しかし、1話観てみて自分の嗅覚が全く当てにならないことを思い知り、ひたすら反省したのを覚えています。

この作品の一番の見どころは、何といっても狸が変化した小さな男の子、ポコと、主人公である宗太との心温まるやり取りでしょう。

ポコの愛くるしさに、観ていて癒される人も多いと思います。

また、宗太が父の意思を継いで、うどん屋をまた再開させるのか、ポコとの今後はどうなっていくのかなど、色々と気になるので、そういった意味でも今後が楽しみです。

タイトルだけで観ず嫌いをしていた人には、是非1話観てみて欲しいですね。

第2位 装神少女まとい

同時期にやっている「魔法少女育成計画」と若干、若干ではありますが被っているような気がするこの作品。私は個人的にこちらのほうが好きです。

一見するとふざけているというか、何なんだこれはと観ている人を置いてきぼりにするのですが、そのまま数話観続けていくと、段々とその面白さにハマっていくと思います。

まといが纏創できるようになったのは何故なのか、クラルスが所属しているファティマとは一体どういう機関なのか、クリード・キラーとは今後どう関わっていくのかなど、わからないことだらけで、続きが気になってくるのです。

また、そういったシリアスな問題とは別に、息抜きとばかりにギャグが挟まれていて、それがまた良いテンポを生んでいます。

特にゆまは良いキャラクターをしているので、まとい以外の個性豊かなキャラクターも見どころの一つと言えるでしょう。

終わり方次第では、今期で一番面白かったといえる可能性は十分あると思います。

第1位 ユーリ!!! on ICE

この作品は、とにかく作りが丁寧なところが素晴らしいと思います。

作画もそうですが、フィギュアスケートという観ない人からすればサッパリな競技について、そのルールなどをその都度説明してくれるのは、ちゃんと視聴者の事を考えているからであり、とても好感が持てます。

また、内容自体も安定していて、本来であればもっと力が出せるはずである勇利に、ヴィクトルというまだ現役で戦えるレジェンドがコーチに就くことで、勇利が徐々に力をつけていくという展開は、正に王道といえるでしょう。

そこに、ライバルであるユーリを始めとする、個性豊かな選手たちが現れ、互いにしのぎを削っていく様子も、とても熱くて観ていて思わず力が入ります。

勇利やユーリがどう成長していくのか、最終的にグランプリファイナル優勝で終わるのか、それともその先があるのか等々、今後の展開に目が離せません。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

全ての作品を合わせると、やはり今期の覇権は「響け!ユーフォニアム2」になるのではないかなと思います。

今期は、どうしても続き物が強く、新規作品は軒並み弱いという印象です。

安定して面白いという作品は結構あるのですが、特出して面白いという作品はほとんどなかったので、次のクールに期待したいですね。

このままの調子で行けば、おそらく「響け!ユーフォニアム2」が圧勝すると思うので、とりあえず覇権アニメといわれそうなものだけ観たい!という人は、参考にしてみていただければ幸いです。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。