読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

自称お笑い好きがM-1グランプリ2016の優勝者を予想!

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

少し前になりますが、M-1グランプリの決勝戦に進出した8組が発表されましたね。

私は普段、アニメばかり観ていますが、それと同じくらいバラエティ番組も良く観ていたりします。

そのため、一番厄介な「自分は面白くないのに通ぶってる鬱陶しい奴」みたいになっており、テレビを観ながらあーでもないこーでもないと講釈を垂れる日々です。最悪ですね。

そんな痛い奴なので、M-1ももちろん毎回観ていますし、毎回優勝者を予想してもいます。

ということで、今年は一体どのコンビが優勝するのか、敗者復活から誰が上がってくるのかも含めて予想してみたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

敗者復活は素人の投票によって決まる

誰が優勝するかを予想するためには、敗者復活から誰が上がってくるかというのも重要なポイントとなります。

前回のトレンディエンジェルが、まさに敗者復活からそのまま優勝したわけですから、ここは外せません。

ちなみに、敗者復活といいましても、全員が全員復活できるわけではなく、有資格者として20組だけがその資格を所持しています。

  1. 霜降り明星
  2. 三四郎
  3. アインシュタイン
  4. かまいたち
  5. Aマッソ
  6. マヂカルラブリー
  7. インディアンス
  8. ゆにばーす
  9. 錦鯉
  10. 大自然
  11. ニューヨーク
  12. とろサーモン
  13. 和牛
  14. 学天即
  15. ミキ
  16. メイプル超合金
  17. ジャルジャル
  18. 南海キャンディーズ
  19. アルコ&ピース
  20. 東京ダイナマイト


以上、有資格者として20組の名前が挙がっていますが、この中で私が個人的に面白いと思っているのは、「三四郎」、「アインシュタイン」、「ニューヨーク」、「とろサーモン」、「和牛」、「学天即」、「メイプル超合金」、「アルコ&ピース」、「東京ダイナマイト」の9組です。

この中でも、特に面白いと感じたのは「とろサーモン」、「和牛」、「学天即」、「メイプル超合金」、「東京ダイナマイト」ですが、M-1の畳みかける笑いと最も相性がいいのは「学天即」ではないかなと思っています。

もっとも、ネタによっては「和牛」と甲乙つけがたいものがあり、「学天即」は良い意味でも悪い意味でも安定してしまっています。

そこで、敗者復活からは「和牛」が勝ち上がってくると、予想したいと思います。

最終決戦に残る3組と、最終的な順位は?

では、以上を踏まえて、最終決戦に残る3組を予想していきたいと思います。

M-1の決勝は、同じプロが点数を付けるという事もあり、単純に面白いというだけでは勝ち残ることができません。

最終決戦に残る条件として、何となく観ていて感じたのは、まず前提として「ずっと面白い」、つまり、観客がシーンとなる瞬間があまりないことがあげられると思います。

それに加えて、後半にかけて畳みかけるように笑いのポイントがあって、ラスト1分間くらいの段階で、大爆笑が起きるというのが、審査員に好まれる展開のようです。

さらに、テンポとして、最初はそこそこのスローテンポから入って、どんどん加速していくというのも、高得点がつきやすいのではないでしょうか。

また、間にアドリブを入れる余裕があれば、なおのこと好印象を与えられる気がします。純粋に漫才を楽しんでいる雰囲気が出ますからね。



以上の事を踏まえた上で、最終決戦に残る3組をまずは予想していきます。

と、その前に、決勝戦に出場する8組は以下の通りです。

  1. アキナ
  2. カミナリ
  3. 相席スタート
  4. 銀シャリ
  5. スリムクラブ
  6. ハライチ
  7. スーパーマラドーナ
  8. さらば青春の光


この中で、私が個人的に面白いと思ったのは、「アキナ」、「相席スタート」、「銀シャリ」、「さらば青春の光」の4組です。

もっとも、この中で私が上で述べた審査員に好まれる条件に当てはまるのは、「アキナ」のみだと思います。

また、私が面白いと感じたのと、審査員に好まれるというのは別の話なので、実際に最終決戦に勝ち上がるのは以下の3組だと予想します。

  • アキナ
  • 銀シャリ
  • 敗者復活枠(和牛)


まず、アキナですが、準々決勝のネタと同じ傾向のものを持ってきた場合、優勝するのは難しいと思います。

あのタイプのネタは、確かに安定して笑いは取れますが、終盤にかけての大爆笑というのは難しく、下手をすると間延びしてしまうことすらあるためです。

しかし、3回戦で披露したネタと同じ傾向のものであれば、おそらく一番優勝に近いといえるでしょう。



次に、銀シャリですが、このコンビは古き良き漫才を大切にしているところがあると思います。

そのため、ボケもツッコミもとても丁寧で、笑えるポイントもしっかりあって安定しているのが強みといえるでしょう。

しかし、テーマがベタだったり、序盤からずっと同じテンポでつっこむ傾向にあるので、優勝となるとちょっと難しい気がします。



最後に、敗者復活枠ですが、私の予想が当たっていれば、和牛ということになります。

このコンビは、設定に入るタイプの漫才よりも、純粋にしゃべりだけで魅せる漫才、タイプでいうと3回戦で披露したネタのほうが、M-1に合っていると思います。

しかし、ツッコミが良くも悪くも落ち着いているため、終盤にかけてのハイテンポは望めず、優勝となると少し難しいかもしれません。



以上から、私が最終的に予想する順位は、以下の通りとなります。

  1. アキナ
  2. 和牛
  3. 銀シャリ


ということで、優勝の可能性が一番高いのは「アキナ」だと予想します。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

実際に敗者復活の有資格者と、決勝進出が決定している8組については、GYAO!で3回戦、準々決勝のネタをすべて観た上での予想なので、完全な的外れとまではいかないと思います。

GYAO!では3連単という企画をやっているようなので、その予想の参考になれば幸いです。

今年のM-1まであと残りわずかとなりましたが、去年優勝したトレンディエンジェルの活躍を観ると、未だその影響力は衰えていないといえます。

今年はどのコンビの運命が変わるのか、決勝がある12月4日が楽しみですね。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。