オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【Googleアドセンス】アドセンス狩り疑惑が発生したので色々調べました

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

ブログ発足時に比べれば、多くのかたが来てくれるようになった当ブログですが、ここ数カ月はPV数も横ばいで、漫画だったらテコ入れが必要な状況になっています。

が、何故かアドセンスの収益が開幕スタートダッシュをかましてきていて、既に先月の収益の半分ほどに達する勢いです。


おかしい。


基本的に疑り深い性格というか、マイナス思考なため、これは何か落とし穴があるのではないかと、私の中ですぐに疑惑が持ち上がりました。

そこで今回は、アドセンス狩りに遭っていないか調べる方法と、遭っていた場合どうすればいいのかについて、書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

アドセンス狩りには2種類ある

私がGoogleアドセンスを始めた時点で、アドセンス狩りの存在については把握していました。

この話の前提となるので、一応書いておくと、アドセンス狩りには2種類あるそうです。

1つ目は、広告を勝手にアドセンス規約違反のサイトに貼られてしまうパターン。2つ目が、広告クリックの乱打です。

前者については、アドセンスの設定で「広告表示許可サイト登録」をすれば基本的には問題ありません。私も申請が通った時点ですぐやりましたからね。

「広告表示許可サイト登録」がまだだよ!というかたは、以下のサイト様がわかり易くていいかと思われます。

links-creations.com

話がそれましたが、今回、私が問題視したのは、後者の広告クリック!クリッククリッククリック!!!のほうです。

不正クリックされているかどうかは、クリック数及びクリック率の変動で判断すべし

アドセンス狩りの標的となった場合、よほどのマンモスブログでない限りは、個人からの標的になるケースが多いと思います。

そうすると、クリック数及びクリック率もそこまで爆発的に増えることは考えにくいのですが、それでも1日に数回はクリックすることが考えられます。

つまり、普段であれば平均して4、5回ほどしかクリックされていないのに、ある日突然平均して10回とかになっていれば、誰かの標的になっている可能性が高いのではないでしょうか(クリック率についても同様に爆発的に増えていたら疑っていいと思います)。

とはいえ、かなり計算高い犯人だった場合は、1日に1回だけクリックして発覚を遅らせるという事も考えられます。

そこで、被害に遭っていた場合はもちろん、特に警告等が来ていない段階であっても、「無効なクリックの連絡フォーム」から、前もって報告しておくことをオススメします。

support.google.com

その際、Google Analyticsとアドセンスを連動させておくと、報告する時に便利らしいので、連動がまだのかたは是非やっておいてください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

結局、クリック数及びクリック率を調べてみたところ、そこまで爆発的に増加していたわけではないので、今回はたまたま収益が増加していただけという可能性が高そうです。

とはいえ、やはり違和感があるというか、おかしいなという疑いは晴れていません。

最悪、Googleのほうから「お前、不正クリックしてるだろ?」という通告が来るようなので、そうなった時のために記録だけはこまめに取っておこうと思います。

アドセンスを導入されているかたで、アドセンス狩りについてあまり意識していなかったという人は、これを機に色々と対策してみてはいかがでしょうか。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。