読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

飯田里穂「青い炎シンドローム」発売記念イベント in ららぽーと富士見 イベントレポート

ライブ レポート 声優 感想

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

前置きもへったくれもありませんが、本日、タイトル通り、飯田里穂さん(りっぴー)のリリイベに行ってきました。

f:id:aniota-alvarado:20161218224136j:plain

ららぽーと富士見でのイベントもそうですが、りっぴーのイベント自体初参加だった私が、行ってみてどう感じたのか。

今回は、そのあたりの感想を中心に書いていければと思っています。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

会場は屋外で、基本的には平場

まず、会場についてですが、私が想像していたよりもかなりこじんまりとしたところでした。

口で言っても中々伝わらないと思うので、まずは写真を見ていただこうと思います。

f:id:aniota-alvarado:20161218224616j:plain

f:id:aniota-alvarado:20161218224641j:plain

もっと引きの写真もあったほうが良かったなと、載っけてから気付いたのですが、この後ろに広めの椅子が会場を囲むように2、3段あるくらいで、あとはひたすら平場でした。

もっとも、りっぴーのファンがきちんとしているからなのか、会場が緩いだけなのかはわかりませんが、あまり規制が厳しくなく、池袋サンシャインのように通路で立ってみていて注意されるという感じはないので、結構見やすいと思います。

普通だったら、撮影禁止の看板を持った人がいたりするものですが、それすらなかったのには驚きました。

最初のMCでそういった注意はもちろんありましたが、それだけでここまで問題が起きずにイベントができるというのは、やっぱりファンの質が良いからなのかもしれませんね。

フリーで観覧したいのであれば、ステージ下手側が狙い目

他にもこの会場でイベントをする人がいるのかはわかりませんが、もしまたあるとして、フリーで観覧したいというのであれば、ステージ下手側で観るのが一番いいと思います。

優先エリアの次に、おそらくステージから一番近いのがこの位置で、出演者との距離も3メートルくらいでしょうか。結構近く感じられそうでした。

パッと見た感じでは、前述した階段状になっている椅子が観やすそうではありましたが、ステージからは結構な距離がありますからね。

あとは、ステージの裏側からでも、後ろ姿や横顔くらいは見えそうだったので、「立ち止まらないで」という案内がなければ、穴場かもしれません。

もちろん、一番いいのは優先エリアなんですけど、当たらなければどうしようもないですからね。

初めて参加したりっぴーのイベントは色々と衝撃的だった

今回、おそらくりっぴーの故郷という事で、リリイベにしては珍しく2部構成となっていましたが、私は1部の途中から参加することができました。

参加した人の話では、地元トークを中心に冒頭でそこそこ話したあと、曲に入ったみたいです。

私はこの曲(青空プロローグ)の途中からだったのですが、そのあとのトークから、2部のトークを通して聞いて、かなりの衝撃を受けました。


りっぴー、トークが抜群に上手いです。


テレビ出演やニコ生、ラジオなどでもわかっていた事ではありましたが、ことイベントというか、ライブでのMCでは、彼女の喋りの上手さがより際立つように思います。

通常、MCには大きく分けて2通りあって、1つがほぼほぼ一人で喋って、客のツッコミというか、茶々のようなものにたまに返すだけというもの。

もう1つが、客に質問をしていって、最終的に「まだまだ盛り上がれるかー!」みたいな感じで、ひたすら客を煽るものです。

ところが、りっぴーはこのどちらでもなく、基本的に観客と「会話」するのです。

例えば、凛ちゃんのグッズを付けていた子がいたようで、その子に話しかけたり、アプモンのグッズを持っていた子とその家族に話しかけたり、昔自分が良く行っていた施設の名前を尋ねたり・・・。

もちろん前述した2通りのMCも要所要所でありましたが、大部分が観客の1人や数名に言葉をなげかけるというか、良い意味で観客をいじって、やり取りをしていました。これはファンからするとかなり嬉しいですし、身近に感じられると思います。



また、今回、1部では前述した「青空プロローグ」と「青い炎シンドローム」を、2部では「Love Motion」と同じく「青い炎シンドローム」をそれぞれ歌ったのですが、ここでもまた衝撃を受けました。


りっぴー、歌も抜群に上手いです。


喉の調子を崩しているということだったのですが、それであのクオリティですから、本調子だったら一体・・・と戦慄しました。

音程が安定しているのはもちろんですが、透明感があるというか、透き通った歌声が素敵でしたね。

何を大袈裟なと思われてしまうかもしれませんが、CDよりも、生で聴いた方がより良さがわかる歌声なんじゃないかなと、聴いていて思った次第です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

時間にして、1部、2部ともに30分程度の内容でしたが、かなり充実した時間が過ごせたなと思えるほど、濃厚な30分間でした。

歌やトークが素敵だったのもそうですが、終始笑顔でいるその姿に、こちらまで笑顔になってしまうところが良いですよね。

今回のリリイベを経て、次回は是非ライブに行きたいなと素直に思えるイベントでした。

これまであったリリイベに行けなかった人は、是非一度生でりっぴーを体感していただきたいですね。私と同じ印象を受けること間違いなしです。


長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。