読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【Googleアドセンス】始めてから11カ月、ようやく最初の収益が振り込まれました

アドセンス ブログ レポート 雑記

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

記録によると、私がGoogleアドセンスを始めたのが、去年の2月25日からです。

そこから約11カ月経ち、先日、ようやく最初の振り込みがアドセンスからありました。

ということで、今回は振り込まれるまでどのような感じだったのか、額にして大体どれくらいだったのかを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

本格的に利益が出はじめたのは、Proに移行したあとからだった

まずはじめに、前にも書きましたが、規約によれば、アドセンスのスクリーンショットを貼ることはできないようです。

そのため、何一つ証拠のないぼや~っとした、お前、それホントなの?と思われてしまうような内容になってしまう事をお許しください。



さて、本題に入りますが、全期間のレポート(折れ線グラフ)を見てみたところ、無料版での収益は目も当てられない感じで、心電図でいうと「し、死んでる・・・」という有様でした。

そこから、明らかに息を吹き返しているというか、ジグザグ加減が著しくなっているのが、ちょうどProに移行して1月ほど経った辺りからです。

タイトルには11カ月でようやく!と書きましたが、実質的には約3カ月ほどで振り込まれる基準額である8,000円を超えたということです。

このことからも、やはりはてなブログで収益を望むのであれば、Proへの移行は避けて通れないのかもしれません。

振り込み日時と具体的な収入

では、大体1年かけてどれくらいの収益が発生したのか、これまたぼや~っと書きます。

まず、振り込みされる日時ですが、本来は毎月21日のようです。

しかし、先月はその日が土曜日だったため、翌週の月曜日である23日に振り込まれていました。


f:id:aniota-alvarado:20170203180915p:plain
通帳にはこんな感じで記帳されました。ちなみに、(カというのは後株という意味らしいです。


で、いくら振り込まれたかというと、諭吉さん1人分くらいです。

約1年やって1諭吉、本気でこれだけで稼ごうとしていたならば、恐ろしく効率が悪いですね(笑)

君も有名ブロガーになって月に何十万と稼ごう!みたいな文句をたまに見ますが、そのためには相当な労力と時間をかけなければ難しいと思います。

もし、楽して稼げそうだと思って始めることを検討している人がいたら、迷いなくバイトすることをオススメします。

そして、兼業でやるのであれば、やはりあくまでも趣味としてブログ運営をして、たま~にごくわずかな収益が発生する、くらいのスタンスのほうが良い気はしますね。

最も多くクリックされた広告の位置

ということで、収益が大体1諭吉だったということですが、更に諭吉さんを分解していきます。

まず、一番クリックされたのは記事下で、額にして約半諭吉でした。

次に、二番目にクリックされたのはタイトル下で、こちらは約3分の1諭吉でした。

最後に、一番クリックされなかったのは、サイドバーで、こちらは約6分の1諭吉でした。

やはり、広告位置はほとんどの人が言っていた通り、記事のすぐ下が一番クリックされやすくサイドバーはあまり意味をなさないようですね。

ということで、本来であればサイドバーではなく、記事の途中に入れるのがオススメらしいのですが、私はあくまでもサイドバーのままにしようと思っています。

やはり、読んでいる人が読みにくいでしょうし、記事の途中でクリックされるという事は、最後まで読んでもらえないという事ですから、本末転倒ですしね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

まだGoogleアドセンスを始めたばかりで、収益の事、広告の位置、Proへ移行すべきか等、色々とわからないという人の参考になればと思い、ぼや~っとではありますが、あれこれ書いてみました。

もしかすると、アドセンスで楽してガッポガッポー!と思っていた人のイマジンをブレイカーしてしまったかもしれません。

しかし、これは私の努力とセンスがないだけでもあるので、やりようによってはもっと短期間で、より多くの収益を望めると思います。

まだ基準額に達していないかた、私と同じくそこまでの収益を上げることができていないかた、どうかめげずに頑張ってくださいね。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。