オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

1話で切ったけものフレンズを改めて3話まで観てみました(ネタバレ・感想)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

今期のアニメが始まって、最初のほうで以下のような記事を書きました。
aniota-alvarado.hatenablog.com
この時、私は「けものフレンズ」ももちろん観ていたのですが、正直なところ全く面白いと思えませんでした。

が、それからしばらく経つと、かなりの盛り上がりをみせているではありませんか。

これはもしかして、私が早まったのでは・・・?と思ったので、とりあえずそのあとの2話、3話と観てみることにしました。

という事で、前置きが長くなりましたが、今回は改めて3話まで観た結果、どう思ったのかについて、感想なんかを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ただ動物を擬人化した美少女アニメだと思っていた

1話を観た段階で、私はこのアニメの悪い部分のほうにばかり目がいってしまっていました。

CGはそこまでクオリティが高くなく、声優さんが特に迫真の演技をしているわけでもない。

ストーリーもぼやっとしていて、何がしたいのかよくわからない。

ただ動物を擬人化した可愛い女の子たちが、ただただ日常生活を送るのを眺める、いわゆる「頭を空っぽにして観るアニメ」という印象を持ったのです。


別に、そういったジャンルのアニメが悪いというわけではないのですが、私個人としては、それだけでは観続けるのが辛く感じてしまいます。

事実、1話はそういう印象を持ったため、30分という短い時間であるにもかかわらず、最後まで観るのがかなり辛かったです。

観続けたことで徐々に浮き彫りになった世界観

ということで、一旦は視聴を中断していたというか、下手をすればそのまま消去コースとなっていたわけです。

しかし、それに反してネットでは日に日に盛り上がりをみせているではありませんか。

悪ふざけで、作品をあえて祭り上げるということも過去にいくつかありました。

しかし、それにしては盛り上がる期間が長く、勢いもどんどん加速していっています。

これはもう、自分が早まったとしか思えなかったので、とりあえず2話、3話と観てみることにしました。



あれ?面白いぞ・・・???



2話目で登場したバスや、3話目で登場したリフトにカフェ。こういった私たちの世界では当たり前の物がある一方で、当たり前に存在するはずの人が(かばんを除いて)見当たらないのです。

この事実が、人類になにかしら起きたことを想像させ、それだけでかなり興味をそそられました。

そうなると、そもそも「フレンズって何?」という謎や、「ジャパリパークは何故作られたの?」という疑問など、色々と気になる点が出てきます。

もしかすると、人類が滅んだ世界で、その痕跡を辿りながら自分が何者なのかを知る旅をする。

そんなかばん達の物語に、純粋な興味とロマン、そして少しの不気味さを覚え始めてからは、もう一気に引き込まれてしまいました。



こうしてハマってしまうと、前述した悪い評価も手のひら返しされ、CGは何だか味があってほのぼのするし、演技もくどくなくて良いと思えるのですから、我ながら何と現金な事か。

あとは、これも改めて観たことで気付いたのですが、毎回動物の豆知識というか、生態について説明してくれるのも面白いですね。

おわりに

ということで、最初の評価から180度変わり、今では早く続きを観たいという気持ちにすらなっています。

自分がちゃんとその良さに気付かずに、1話で見切りをつけていたことがとても恥ずかしいです。

もちろん、こういった自分が気になった謎というか、疑問点が最終的に解消され、良くまとまるかどうかで最終的な評価は変わりますが、とりあえず1話切りする作品でない事だけは確かでした。

同じように、1話で視聴を止めてしまった人は、今からでも遅くないと思うので、視聴を再開してみてはいかがでしょうか。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。