オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

観ないのは勿体ない?期待値の低かった龍の歯医者を観た感想(ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

先週、先々週と2週に分けて、NHKで「龍の歯医者」というアニメが放送されました。

NHKでは、放送までこれでもかというほどに宣伝していたのですが、そのPVを観るに、個人的にはそこまで面白そうだとは思えませんでした。

そんな期待値が低い状態ではあるものの、一応観てみたところ、意外にも面白いではありませんか。

そこで、再放送もあることですし、今回は「龍の歯医者」について感想なんかを書いていければと思っています。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

主役の声を当てているのは、今話題のあの人

このアニメは注目すべき点がいくつもありますが、その中でも色々な意味で目立ったのが、主役を演じている人だと思います。

現在は法名である「千眼美子」として活動している、清水富美加さんです。

正直なところ、私は一連の騒動によって、彼女のイメージが強く出てしまい、作品の邪魔になってしまうのではないかなと危惧していました。

しかし、実際に視聴してみてビックリしたのですが、彼女、とても声優初挑戦とは思えないほどに、上手いのです。

普通のセリフはもちろんの事、感情を爆発させることが必要となる状況でも、棒読み感がほとんどなかったのは、かなり驚きました。

もし続編があるのであれば、面倒ごとが起きるのを避けるべく、別の人を起用するのではなく、また彼女が野ノ子を演じてくれたらなと思います。

制作会社はエヴァでお馴染みの「スタジオカラー」

また、この作品を語る上で外せないのが、制作会社です。

新世紀エヴァンゲリオンといえば、オタクで知らない人のほうが少ないほど有名な作品ですが、その監督・脚本等を手掛けた庵野秀明さん。

彼が立ち上げた制作会社であるカラーが、本作を手掛けているのです。

作品を観ているとそのことが良く表れていて、エヴァを彷彿とさせるようなシーンが多々観られました。

これなら劇場で公開しても十分集客できるだろうな、そう思わせるほどに迫力のある映像だったのも、流石といったところです。

内容それ自体もかなり良くできていた

といった感じで、作品の内容以外について色々と書きましたが、一番重要なのは何といっても内容です。

前述した通り、私は当初、PVを観ていた段階では、そんなに面白そうじゃないなと、あまり観る気が起きませんでした。

そんな状態で、観始めたわけですが、しばらく経つと、その独特の世界観にどっぷりとハマってしまったのです。

だって考えてみて下さいよ、でっかい、でーっかい龍に人が住んでいて、その人が龍の虫歯を治療してるんですよ?何それ?!ってなるでしょう。

PVでももしかするとそのあたりを説明していたのかもしれませんが、流してみていたせいか、それとも私が単純にそこまで理解が及んでいなかったからなのか・・・。

どちらにしても、この設定というか世界観がスッと私の中に入ってきてからは、前編が終わるまであっという間でしたね。



話の流れとしては、隣国と交戦中の話でその戦局を大きく左右するのが“龍”という存在。

その“龍”の唯一の弱点が虫歯菌で、その虫歯菌を退治するのが龍の歯医者と呼ばれる職能集団。

物語は、その一員である野ノ子と、黄泉帰りによって龍の歯から生き返った敵国の兵士ベルを中心として、展開されていくというものでした。



迫力ある戦闘シーンや、テンポよく物語が展開していくところなど、見どころは沢山あったのですが、その中でも私がグッと来たのが、「来る際(きたるきわ)」という設定です。

龍の歯医者は龍によって選ばれるのですが、その際に受ける試験で自分の最期である、「来る際」を知ります。

その運命に抗わなかった者だけが、龍の歯医者としての役割を与えられるという設定なのですが、その設定に対する野ノ子とベルのやり取りに、かなり考えさせられました。

ベル「死ぬことがわかっていて、それを避けようとしないのは、自殺と同じじゃないか」
野ノ子「生きるって、長生きすることが目的なの?」


天狗虫編より


このやり取り、どちらの言い分もそれぞれ正しいというか、わかるのですが、特に野ノ子のセリフにハッとさせられました。

重要なのは、ただ生きることではなく、どう生きたか。そう言っていると私は思ったからです。

この他にも、この作品では度々“命”に関する描写が出てきており、何だか色々と考えてしまいました。

おわりに

この作品は、私が前述した以外にも、かなり見所がある作品です。

虫歯菌の設定や、登場人物それぞれの背景、戦争の行方に、龍という存在など、掘り下げようと思えばいくらでもできる余地が残っています。

前編・後編自体も、十分劇場版として公開できるクオリティの高いものだったので、続編を製作するのであれば、是非とも劇場版として、その迫力を存分に味わいたいと思いました。

そんな本作ですが、残念ながら見逃してしまったという人、再放送があるので是非観てみて下さい。

BSプレミアムにて前編が3月20日の午後4時15分から、後編が同日午後5時1分から放送予定です。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。