オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

噂通り初心者にはハードルが高いのか?オープンしたてのラーメン二郎埼玉川越店に行ってきました

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

「ラーメン二郎」といえば、行ったことはなくても名前は知っているという人も、結構いることでしょう。

そんな、知る人ぞ知る「ラーメン二郎」が、埼玉県は川越市に新しくオープンしたという事で、早速行ってきました。

ということで、今回はそんなオープンしたての「ラーメン二郎 埼玉川越店」について、感想やらを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

私のジロリアン度

ジロリアンとは、簡単にいうと、ラーメン二郎をこよなく愛する、そんな二郎に魅了された人たちの事を指すそうです。

オープンしたての二郎にわざわざ行くという事は、私もそれなりの・・・と思われるかもしれませんが、実は全くそんなことはなく、ジロリアンと名乗ったらボコボコにされてしまうほどのにわかです。

行ったことのある二郎は川越を除くと4店舗で、それぞれ1回ずつ。しかも最後に行ったのは約2年前といえば、その初心者っぷりが伝わると思います。

回転率はオープンしたてという事もあってあまり良くない?

まず、私が行ったのは夜の部のほうなのですが、開店の10分前くらいに着いて3、40人くらいは並んでいたと思います。

前述した通り、かなりのにわかである私ですが、それでもこれくらいの人数であれば、過去の経験から、想像よりも早く店に入れると思っていました。

しかし、実際に二郎にありつけたのは、ここから約1時間半後だったので、おそらく他の店より回転率は良くないと思います。

また、営業開始から1時間強くらいで、すでに夜の分終了と貼り出されたようなので、その事からも早めに行くことをオススメします。

一番懸念していたお店の雰囲気は、おそらく緩いほう

さて、私のような二郎初心者が一番気にするのは、お店の雰囲気と注文のしかたです。

それは、たまに見かける以下のコピペが原因といっても良いでしょう。

店主 「ラーメン行ってみましょうか?」
学生 「???」 数秒沈黙
店主 「ニンニク入れますか?」
学生 「あ、はい、お願いします」
店主、両耳に手をあてて「ラーメンにニンニク入れますか?」
学生 「お願いします」
店主、イライラしながら
「お願いします? ニンニク入れるんですかー?
 ラーメンにニンニク入れて良いんですねー?」
学生、当惑しながら 「お願いします」
店主 「チッ!」 ニンニク入れて丼をドスンと置く

怖い。怖すぎます。

では実際にはどうだったのか、まず、お店全体の雰囲気ですが、そこまでピリピリした感じはなかったです。

むしろ、オープンしたてで店員さんがまだうろ覚えのようで、助手の人が色々と教えてあげる場面が多く、お客も“間違っても良い”雰囲気が漂っていました。



次に、問題の注文の仕方ですが、麺の硬さや味の濃さなどは、私は普通で良かったので特に何も言いませんでした(言うタイミングはお店によってまちまちのようです)。

前述したコピペの無料トッピングに関しては、「ニンニク入れますか?」と聞いてくるので、その時に伝えます。

私が行った時は、結構注文の仕方がバラバラで、明らかに慣れていない人もいましたが、それで嫌な態度を取られるといったこともありませんでした。

味は良く行く人曰く、スタンダードなタイプらしい

二郎に味なんて求めていない!という人もいるのかもしれませんが、私のような初心者からすると、やっぱり美味しいほうが嬉しいです。

では、川越二郎はどうだったかというと、外観は以下の通りです。
f:id:aniota-alvarado:20170323000312j:plain
頻繁に二郎に通う友人によると、これはかなり綺麗に盛られているとの事です(笑)

また、肝心の味についてですが、私の主観では、全体的に丁度良く、今まで食べた二郎の中でも美味しいほうなのではないかなと思いました。

チャーシューはそれなりに柔らかかったですし、スープの濃さも丁度良かったです。

これまた私よりも二郎に行き慣れていた友人曰く、スタンダードなタイプで、十分美味しかったとのことでした。

初心者でも食べきれる、オススメの食べ方

ちなみに、私のような初心者でも、食べ方を工夫すれば結構完食できるものです。

まず、注文するのは当たり前ですが「小」にしましょう。これでも普通のラーメンを超大盛にしたくらいの量はあります。

次に、食べる順番は、①チャーシュー→②麺→③野菜の順番にしましょう。

私は一番最初、順番を意識しないで食べたせいで、最後かなり涙目になりながら食べた記憶があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

以上の事からもわかる通り、私はかなりの二郎初心者ですが、そんな私でも何ら嫌な思いをすることなく、食事することができました。

私のように、ネットの噂におびえ、興味はあるけどハードルが高く、行くのに躊躇われるという人は、川越二郎をオススメします。

女性客もかなり少なかったですが居ましたし、素人にとって行きやすいお店だといえるでしょう。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。