読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

弱小ブログでもできる事はある!アクセス数アップのためにやったこと~形式面~

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

少し前に、ブログを始めて1年が経ったという事で、それに関する記事を書きました。
aniota-alvarado.hatenablog.com
その中で、少しだけアクセス数がアップするためにやったことに触れたのですが、後日詳しく書くと言っていて忘れていたことに気付きました。

そこで、今回は2回に分けて、アクセス数アップのために、ブログ初心者なりに工夫したことを、形式面と内容面とで書いていこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

とにかく“読む人が読み易いブログ”を意識した

まず、形式面で私が一番最初に意識したのは、読んでくれる人ができるだけイライラしないように、ストレスを感じないようにしようということです。

また、それに加えて、どうしたら目に止まるか、わかり易いかという事も意識するようになりました。

そういった観点から、変更したのは以下の7点です。

1.行間を必ず1行空ける

何らかの方法があるのかもしれませんが、はてなブログで何も気にせず書いていると、はてな記法を利用している場合、文字がびっしり詰まった状態で反映されます。

そこで、記入する段階で、必ず一文書いたら一行空けるという事をするようにしました。

2.タイトルをなるべくわかりやすくした

どこかで書いた気もしますが、当初私はタイトルをかなり抽象的にしていました。

例えば、この記事だったら「ブログ改革のススメ!」とかそんな感じです。センスなさ過ぎて笑います。

ただ、それだと意識されることすらなく、スルーされる可能性が高いと気付いてから、タイトルにも力を入れるようになりました。

3.目次をつけた

当ブログは、検索から記事にたどり着いたというかたが、かなりの割合を占めています。

それが、何か調べ物をしていて・・・という場合、目的の内容に中々たどり着けないと、相当イライラするはずです。

そこで、パパッと目的の内容に到達できるよう、目次を導入してみました。

4.定型文を導入した

この辺りは、守形レイジさんが無料公開してくださっている、「はてなブログ解体新書」を参考にさせて頂きました。
sugatareiji.stores.jp
かなり前に拝見したので、完全にうろ覚えですが、テンプレの挨拶などを毎回書くことで、ブログにその人のカラーが出るみたいな、そんな話だった気がします。

その他にも色々と参考になることが書かれているので、はてなブログを利用している人は一読することをオススメします。

5.サムネイルをつけるようにした

その記事がどういった内容なのか、その雰囲気が一目でわかるというのは、結構大事な事だと思います。

はてなブログでは、編集オプションから「アイキャッチ画像」を個別設定できるので、毎回何かしらの画像を指定するようにしています。

詳しく知りたいかたは、別に記事を書きましたのでこちらをご覧ください。
aniota-alvarado.hatenablog.com

6.関連記事が現れるようにした

私もたまに、検索から記事にたどり着き、そのまま関連する別の記事へと移動するという事をします。

私のブログのアクセス数からすれば、それは微々たる数かもしれませんが、より多くの記事を読んでいただける可能性があるのであれば、やらない手はありませんよね。

相当前にやったことなので、ぼや~っとした記憶を頼りに、一応参考にしたであろうサイト様を以下に掲載しておきます。
www.toritemi.com

7.変更点が出るたびに、リライトをした

前記の6点については、当然ですが最初からやっていたわけではありません。

そのため、変更前と後の記事に、大きく差が出てしまっていました。

それをその都度、リライト(修正)していった結果、以前はほとんど読まれていなかった記事が、主力となったなんてこともありました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

以上の7点を意識するようになる前と、なったあとでは、単純計算で一日のアクセス数が3倍ほどに増えました。

もちろん、弱小ブログですから、元々のアクセス数がそこまで多くはないものの、それでも自分の中ではかなり大きな変化といえます。

同じように、アクセス数が伸び悩んでいるという、弱小ブログの管理人さんにとって、少しでも参考になれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。