オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

キャリアであるauから、MVNOであるmineoに移行するまで~店舗契約編~

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170418005710j:plain

格安SIMへの変更を決意してから、色々なことを書いてきましたが、今回でようやく一段落というところまで来ました。
aniota-alvarado.hatenablog.com
今回は、実際にサポート店であるPCデポに行き、契約・運用まで進んだので、それらについて書いていきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

持っていくものはそこまで多くない

まず、サポート店での契約に際し、私が行ったところは事前予約が必要なところでした。

mineoのサイトには「要事前予約」と記載されていなかったので、他のお店でもその可能性があります。事前に電話すると良いでしょう。

また、サイトでは「利用ガイド持ってきてね」とか、「eoIDとパアスワードを持ってきてね」とか、よくわからない事が書いてありましたが、これらはスルーして大丈夫でした。

実際には、①MNP予約番号(10ケタ)、②自己名義のクレジットカード、③身分証(私は免許証を持っていきました)の3点だけが必要との事でした。

懸念していたPCデポの対応は、そこまで悪いものではなかった

さて、これらの持ち物を引っ提げて、いざ悪名高きPCデポへ!と意気込んで行ったのですが、蓋を開けてみればそこまで酷い対応ではありませんでした

私の担当が慣れていない人だったため、頼りない場面は多々あったものの、こちらの質問には誠実に答えてくれましたし、黙っていたら無理な契約を提案してくるという事もなかったです。不祥事を受けて色々と改善されたのかもしれませんね。

ただ、懇切丁寧に、一から十まで説明してくれるわけではなさそうなので、ある程度の事前知識を入れていった方が安心だとは思います。

契約までの簡単な流れ

では、簡単にではありますが、契約(SIMカードの引き渡し)までの流れを以下に記載していきます。

1.契約に関する説明と、必要事項の記入(約60分)

まず、担当の人から契約に関する説明がなされ、同意した上で、必要事項を書類に記入していきました。

記入事項の中でこれは事前に知っておいた方がスムーズだなと思ったのは、受信できるアドレスと、eoID/パスワードの記入です。

前者は、キャリアを解約するので、それに代わるフリーメールアドレスを事前に用意しておき、それを記入すると良いと思います(私はgmailを取得しておきました)。

後者は、どちらも文字の上限が80字くらいまであったので、事前に好きなものを用意しておくと良いでしょう。

特に、eoIDは、他者と被ると弾かれる可能性があるとの事なので、凝ったものを用意するとすんなり登録してもらえると思います(非公開なので名前にちなんだものでも平気です)。

2.必要事項の登録(約30分)

次に、1.で記入した必要事項と、身分証・クレジットカードの情報を、担当の人が裏で登録するという流れになります。

免許証とクレジットカードが持っていかれることにかなりの不安を覚えますが、のちに不自然な形で利用されることがあれば、訴えれば良いやという精神でじっと待ちました。

3.SIMカードの受け渡し(約90分)

最後に、必要事項の登録が済み、身分証・クレジットカードが返却されたのち、mineoによる審査が始まります。

これは、カードの名義が違ったり、MNP予約番号が間違っていたり、等々、何か不備があった際に弾かれるとの事なので、ちゃんと要求をこなしていれば落ちることはなさそうです。

90分というのは、実際にSIMカードが受け渡し可能になるまでに要した時間で、それまではお店で待つも良し、どこかで用事を済ませてまた来るも良しといった感じです。

ちなみに、私はまた来店して受け取ったのですが、その時有料のサポートを受けることを選択した人は、そこから更に時間がかかるかと思われます。

スマートフォンにSIMカードを差し込んでようやく完了

以上で契約は終了ですが、有料サポートを受けなかった人は、まだやることがあります。以下、画像付きで説明します。

ちなみに、基本的には店舗で貰ったであろう利用ガイドに載っているので、それを参照しながらやってください。

無い場合は、ネットにもあるので「mineo A(もしくはD)プラン 利用ガイド」とかで検索すれば出てきます。

1.SIMカードを交換する

私が使用しているのはiPhoneSEなので、iPhoneの場合のみの説明となります。

まず、側面にある小さな穴に、iPhone購入時に付属していたピンのようなものを差し込んで、グッと押します。
f:id:aniota-alvarado:20170418001605j:plain
次に、出てきたSIMカードと同じ状態になるように、mineoのSIMカードを交換します。
f:id:aniota-alvarado:20170418001719p:plain

2.ネットワーク設定

SIMカードの交換が終わったら、利用ガイドによれば「MNP転入切替」の手続きです。

が、ICCID/製造番号の下4桁を入力する画面で、数字がどうしても入力できないというトラブルが発生しました。

よくよく調べてみたところ、そのページの「回線切替状況」が手続き不要だか完了だかそんな感じで、やらなくて良いという表示だったからのようです。お店でやってくれていたんですね。



ということで、その次の「ネットワーク設定」をすれば、いよいよ初期設定は終了となります。

利用ガイドで指定されたアドレス(私の場合はhttp://mineo.jp/r/a/apn/でした)に行き、プロファイルをインストールすれば完了です。

この時、Wi-Fi等のネットワーク環境が整っていることが必須となりますので、家に無線LANがある人は家で、なければフリーWi-Fiスポットがある場所でこの設定をして下さい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

アナログ人間のため、サポート店での契約を選択しましたが、実際に担当者の人とやり取りできたということもあり、正解だったかなと思っています。

懸念していたPCデポ問題も、杞憂に終わりましたし、設定自体も以上のように比較的簡単でした。

キャリアとのギャップについては、まだ使い始めたばかりなので、1月経ったくらいに忌憚のない意見を書いていこうかなと思っています。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。