読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【画像あり】はてなブログで記事を更新した際、ping送信が自動になるよう設定する方法

スポンサーリンク

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170422180821j:plain

私がはてなブログを選んだ理由の一つに、使いやすい!というものがありました。

そんなはてなブログですが、何でもはできないわよ。できることだけ状態でして、できない事の一つに、「ping送信先の登録」があります。

しかしながら、その問題を解消してくれる方法があると調べて分かったので、今回はそのやり方について書いていきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ping送信ってそもそもなんなの?

の前に、一応簡単にですが、ping送信について書いておきます。

私はつい最近までpingを某ペンギンを彷彿とさせる“ピング”と読むという、どうやら超恥ずかしいことをしていたようなのですが、正確にはピンと読むそうです(もっとも、今では前者も正解らしいですが)。

ping送信をすると、送信先に「更新したよ!」という事を知らせることができ、反映してくれます。

例えば、ブログランキングのようなものに登録している場合は、最新記事がそのランキングに掲載されるといった感じです。

はてなブログでping送信先を登録するには

前置きはこれくらいにして、実際にどうするのかというと、はてなブログそれ自体にはサービスがないので別のもので代用します。

その名もIFTTT。俺TUEEEEみたいな名前ですが、その印象はあながち間違いではありませんでした。超便利。
ifttt.com
それでは早速、やり方を説明していきます。

1.アドレスとパスワードを登録

使用するためには、アドレスとパスワードを登録してサインインする必要があります。

おそらく、登録したメールアドレスに届いたURLをクリックして本登録、みたいなことはなかったはずなので、適当なアドレスでも良いかもしれません。私はビビりなのでちゃんとしたものを登録しましたけど。
f:id:aniota-alvarado:20170422183759j:plain

2.サインインしたら、右上のアイコンをクリック

登録し、サインインしたら、右上のVみたいなマークをクリックし、「New Applet」を選択します。
f:id:aniota-alvarado:20170422215320j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170422215327j:plain

3.thisを選択し、「RSS Feed」というサービスをクリック

次に、出てきた「+this」を選択すると、ずら~っと色々なアイコンが出現するので、その中から「RSS Feed」を選択します。
f:id:aniota-alvarado:20170422215526j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170422215535j:plain
見つからなかったら、以下のように直接「RSS Feed」と入れて検索してみて下さい。
f:id:aniota-alvarado:20170422215616j:plain

4.自分のブログのURLにrssを加えたものを入力

次に、ばばーっと英文が羅列された画面が出てくると思うのですが、「Connect」を選択し、続けて「New feed item」をクリックします。
f:id:aniota-alvarado:20170422215833j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170422215844j:plain
すると、URLを入力する画面が出てくるので、そこに自分がping送信する元となるURLに/rssを加えたものを入力します。

例えば、私の場合は当ブログを更新した際、それを登録しているアンテナサイトやランキングサイトに反映させたいので、当ブログのURLに/rssを加えたもの(http://aniota-alvarado.hatenablog.com/rss)を入力することになります。
f:id:aniota-alvarado:20170422221636j:plain
最後に、「Create trigger」をクリックしたら、ping送信元の設定は完了です。

5.thatを選択し、「Maker Webhooks」というサービスをクリック

続いて、ping送信先の設定をします。

まず、「+that」を選択し、先ほどと同様に色々なアイコンが出現するので、その中から「Maker Webhooks」を選択します。
f:id:aniota-alvarado:20170422222329j:plain
おそらく、一目見てわかるところには無いと思うので、検索してしまったほうが早いでしょう。
f:id:aniota-alvarado:20170422222311j:plain

6.送信先のURLを入力

次に、またも長~い英文が出てくるので、「Connect」をクリックし、「Make a web request」を選択します。
f:id:aniota-alvarado:20170422223324j:plain
f:id:aniota-alvarado:20170422223331j:plain
続いて、ping送信先のURLを一番上に入力し、Content Typeを「application/json」にし、他はノータッチで「Create action」をクリックします。
f:id:aniota-alvarado:20170423003815j:plain
なお、ping送信先のURLは、サイトによって異なるので、自分で調べる必要があります(「サイト名 ping送信 URL」とかで検索すれば出てくるかも?)。

例えば、人気ブログランキングであれば、マイページの更新情報(Ping)というタブをクリックすれば、以下のようにURLが出てくるので、それを入力するといった感じです。
f:id:aniota-alvarado:20170422223756j:plain

他の送信先と区別ができるように、名前を付けておく

これは任意となりますが、色々なping送信先を設定する場合、他と区別できるようにしておいた方が後々便利です。

そこで、最後に出てくる英文だかURLだかの文字列を消して、そこに自分がわかり易い名称を付け直し、「Finish」をクリックして終了です。
f:id:aniota-alvarado:20170422224020j:plain
以下の画面になれば、設定完了となります。
f:id:aniota-alvarado:20170422224058j:plain

おわりに

いかがでしたでしょうか。

このサイトの存在を知るまで、私はサイトを更新するたび、登録先に飛んで手動で更新ボタンを押すという、かなりアナログなことをしていました。

設定後に、試しに人気ブログランキングに行ってみたところ、数時間後ちゃんと反映されていたので、このやり方でおそらく問題ないかと思います。

同じようにはてなブログ利用者で、ping送信先を登録できないのは不便だ!と憤っている人がいましたら、参考にしてみて下さい。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。