読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

Youtubeの広告を5秒でスキップさせないような内容を考える

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170502172950j:plain

2chをぼーっと見ていて、なるほどなというタイトルのスレッドがありました。

youtubeの広告って5秒でスキップできるのにその5秒に力を入れない広告多いな

私は頭の中であれこれ考えるのが好きなので、じゃあどういう広告だったらスキップしなくなるだろうと、何か案はないか考えてみました。暇かよ。

ということで、今回はそんな暇人の妄想にお付き合いいただければ幸いです。

スキップされにくい広告の条件とは

当たり前の話ではありますが、Youtubeを開く理由は、特定の動画を観たいと思うからです。

そういう人にとって、その前に流れる広告というのは、着ようと思った上着の袖が絡まってた時くらい鬱陶しいし、イラっとすると思います。

そんな高いハードルを超えるほどに、相手の興味を引かなければならない。しかも5秒以内という条件は、相当な難易度でしょう。

具体的にどういった広告が望ましいか

では、具体的にどういった広告であればスキップされにくいか。いくつか案を出してみたいと思います。

出オチタイプ

まず、5秒の間に結論を先出しします。

「10秒前(25秒前)の俺は、こんなことになるなんて思わなかったんだ・・・」とか、酷い有様を映し出して「どうしてこんなことになったんだ!」とか。

その理由を5秒以降に流すようにすると、気になってそのまま見る人もいるはずです。

視聴者に考えさせるタイプ

最後にくる結果が気になるようなものなら、そうそうスキップしようとは思わないはずです。

例えば、心理テストの問題だったり、なぞなぞだったり、クイズだったりを5秒以内に出して、正解を最後に発表するなんてことをされると、たまったもんじゃないです。

質問の種類をランダムにいくつか用意すれば、毎回違うので2回目以降でも通用しますし、結構現実的な気がします。

ショートコントや漫才

実力のある芸人さんを起用して、15秒や30秒でその商品にちなんだ漫才だったり、ショートコントだったりをやってもらいます。

お笑いが嫌いな人だとどうしようもありませんが、好きな人であれば立ち止まって見る可能性は十分考えられます。

5秒以降の内容が数種類あるとかだと、より望ましいですね。

モーフィング(アハ体験)

先ほどのクイズと被りますが、画像が徐々に変化していくタイプの問題です。

5秒以降も見続けなければ、どこが変化したかわかるはずもないので、気になってそのまま最後まで・・・という人もいるかもしれません。

懸賞タイプ

懸賞として、豪華賞品が当たる!と銘打ち、広告の最後にキーワードが出るようにします。

冒頭の5秒で結構多くの人が欲しい!と思うような賞品を提示すれば、最後まで見てキーワードをゲットしようとする人も、結構いるのではないでしょうか。

雑学を教えてくれるタイプ

冒頭で、「どうして○○っていうか知ってる?」といった感じで、語源だったり由来だったりを説明していきます。

特に、日常的に使えるミニ雑学のような手軽なものだったり、普段何気なく使っているけど深く考えて来なかったりしたものだと、より気になって最後まで見るかもしれません。

おわりに

広告主に対するプレゼンみたいになってしまいましたが、私があーでもないこーでもないと無意味に妄想したのが、以上6つのタイプです。

もちろん15秒、30秒通してストーリー性のある広告を流すという事も大切かもしれませんが、スキップされてしまっては元も子もありません。

(そういった意識はないにせよ)観る人の邪魔をするのだから、せめて面白い、興味をそそるような広告を流していただければなと。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。