オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

アニメ「サクラダリセット」をつまらないと早々に切ってしまったあなたへ(ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170526161922j:plain

現在放送されているアニメ「サクラダリセット」ですが、正直なところ最初は嫌いでした。

が、今現在も観続けています。

批判するために観続けてるとか厄介なアンチかよ、と思われるかもしれませんが、そうではありません。そうではないのです。

その理由も含めて、本日は、このサクラダリセットについて、あれこれ書きたいと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

嫌いな理由は主に2つ

なぜ最初にそんなにも拒否反応が出たのか。

まず1つ目に、登場人物の話し方があげられます。

現実・非現実にかかわらず、通常、会話というのは少し砕けた感じのやり取りが多いです。

しかし、この作品はこの会話がとても不自然というか、書き言葉のような回りくどい話し方なのです。



そして2つ目に、何がしたいのかよくわからない、目的の不明確さがあげられます。

能力ものというと、何か明確な目的の下、戦うなりなんなりするというのがほとんどですが、この作品ではそれがありません。

主人公であるケイが、感情の欠落した美空と心を通わせていくのかな。くらいの雰囲気しかなく、能力という設定の必要性に疑問を持ってしまいました。

本番は、菫の死からだった

とはいえ、切ってしまうには少し早すぎると思い、1話以降も観続けていたところ、段々と最初の印象に変化が起こりました。


この作品、徐々に面白くなるタイプの作品だったのです。


まず、最初に気になった話し方に関しては、別に改善はされませんが、慣れるので問題ありませんでした。

というか、どの口が言ってるんだという感じですが、話が面白くなるにつれてそんなことはどうでも良くなるので気にするだけ無駄でした。

むしろ今では、これも何かストーリーに関係しているのでは?と好意的にとらえる始末です。



次に、目的についてですが、最初のほうはまだ、一見すると一つ一つのエピソードは意味を持たないように思えます。

しかし、多分というか、ほぼ確実にというか、回を追うごとにはっきりとしてきますが、全てのエピソードが「菫の死の回避」か、「理由をはっきりさせる」ための伏線になっていると思うのです。

関係なさそうな個々の能力という点が、最後には線となって繋がり、菫へと続いている。そう考えると一気に楽しみになるから不思議です。



また、一つ一つのエピソードの精度も増してきています。

毎回、能力が複雑に絡み合うため、それぞれの行動の意味が理解できた時に脳が震えます。最新話とかが特にそうですね。

この点、公式サイトが実はかなり丁寧にフォローしてくれているので、わからなくなったら見てみると良いと思います。
wwwsp.sagrada-anime.com
「KEYEORD」でかなり細かく説明してくれています。

おわりに

今まで、面白くないなと思って切ったものが、後々面白くなるという事は何回かありました。

しかし、最初の印象が「嫌い」「苦手」というかなりネガティブなものから、ここまでポジティブな印象に変わった作品は下手をすれば初めてかもしれません。

私の目が節穴というだけで、居ないかもしれませんが、同じように苦手意識を持って視聴を止めてしまった人は、改めて観てみることをオススメします。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。