オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

声優ライブで厄介といわれるであろう幼稚な観客の問題を解決する方法

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170605213503j:plain

私は最近になってよく声優さんのライブに行くようになったのですが、その度に一部のファンに思う事がありました。

何でこんなことするんだろう、と。

本日は、そんなファンのマナーについて、思うところがあったので書いていきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

きっかけは昨日行った花澤さんのライブ

f:id:aniota-alvarado:20170605225324j:plain
ライブが素晴らしかっただけに、昨日の感想にはあえて記載しませんでしたが、実は、一部ファンの行動が私の中で許せるレベルを超えた出来事がありました。

ファンへの感謝とこれからの決意を胸に、Wアンコールを大成功させ、キャスト全員がはけたあとにスクリーンに映し出された直筆での感謝の言葉。

会場全体が何だか暖かい雰囲気に包まれていた中で、大学生くらいの男性2人組がこう叫んだのです。


「小野賢章さんとお幸せに~!!!」


はあ?ってなりましたよね(勘違いしないで欲しいのですが、花澤さんの交際についてどうこうという話ではありません)。

彼女自身が、ライブ中に言及していたならまだわかりますが、当然そんなこともなく。

にもかかわらず、しかも茶化した雰囲気でデカい声を出してニヤニヤしている2人組のあまりの幼さ、配慮のなさに愕然としてしまいました。

この2人はライブ中もMCで、感動するような場面で変な奇声を上げていたのですが、何よりライブの余韻をぶち壊したあの行動は今思い出しても残念でなりません。

これまでもそういった幼稚なファンは一定数いた

f:id:aniota-alvarado:20170605225728j:plain
これは花澤さんのファンに限った事ではなく、私が行った声優さんのライブにはほぼ確実に、毎回こういった常識のない、いわゆる厄介なファンが存在していました。
公式で禁止されていることを平気でやったり、明言されていないとしても常識で考えれば迷惑だとわかるような行為をしたり・・・。

その度に水を差された感じになって、純粋に楽しかったと言い切ることができない、そんなモヤっとしたものを抱えていたのです。

自分の思い通りにならないと厄介扱いするなんて言う人もいますが、別にこれは私が特別細かいからというわけではないと思います。

事実、先日みもりんのゆうがたパラダイスでお馴染みの前Qさんも、以下のようにおっしゃっていました。


出典:前Q(前田久)Twitter

何がいけないのか、どうしたいのか

f:id:aniota-alvarado:20170530233500j:plain
そんな厄介なファンですが、私が今まで行ったオタクに関係のないアーティストのライブでは、あまり見たことがありませんでした。

もちろん非オタク系のアーティストであっても中には厄介なファンはいるでしょう。

しかし、それにしたってオタク系のライブは毎回ですからね、オタクのほうがその傾向が強いのは間違いないんじゃないでしょうか。



もちろん、大多数の人はオタクであってもちゃんと思いやりを持ってライブに参加しています。

でも残念ながら、目立つのはそういう“厄介”のほうで、そこだけがピックアップされて「やっぱりオタクはキモイ」とか、「〇〇のファンはマナーが悪い」と言われてしまうのです。

ルールを守り常識の範囲内でライブを楽しんでいるファンにも、一生懸命より良いパフォーマンスをと頑張っている声優さんにも迷惑をかける。

これでも悪いことではないと言えるんでしょうかね。



また、こういった“厄介”の存在は、ライブに興味を持った人の参加を躊躇させる原因にもなっていると思います。

事実、行きたいけど怖くて行けないという意見を目にした事が何回かありますし、私自身これから更に酷くなるようならオタク系のライブは行くのを止めようかなと思っていますしね。

顧客離れや新規顧客を獲得できるチャンスを潰しているという点でも、やはり放置すべきではない問題なのではないでしょうか。



ではどうすべきか。どうしたいのか。

もちろん私は運営でも何でもないですから、来るなという権利はありませんし、元々いうつもりもありません。

私は来てほしくないのではなく、ただルールを守って常識の範囲内で楽しんで欲しいだけなのです。

かといって、そういった非常識な行為をする人は幼いわけですから、自分で省みるという事もできないでしょう。

そこで私は、同じように感じている人に声をあげて欲しいと思っています。

そうやって多くの人が「こういう行為は迷惑だ」と声をあげることで、それが蓄積されルールとなっていくのではないでしょうか。

特に、難しいとは思いますが、声優さん本人が言及してくれると効果は絶大です。

先日三森すずこさんのリリイベか何かで、「そのコールは止めて欲しい」とやんわりおっしゃっていたという話も聞きました。

有難いと思う反面、わざわざ言わせてしまったことが恥ずかしくもありますけどね。

おわりに

本来であれば、何様だよというのもありますし、こんなことをぐちぐちと言いたくはありませんでした。

ただ、なんとなく体感で、どんどんマナーが悪くなっていっているように感じたので、こうやって発信することに意義があるのではないかと思い、今回、長々と書いた所存です。

オタクが好きだからこそ、ライブが好きだからこそ少しでも良くなってほしい。

そういう思いが少しでも伝われば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。