オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

読者がうざいと思う「続きを読むボタン」の導入を再検討して思い止まった理由

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170610234022j:plain

私が昔まとめサイトをスマホで読んでいた時、「続きを読む」というボタンがあるととてもイラっとしていました。

そういった理由から、私は自分のブログにこの機能を導入するのを見送っていたのですが、今になって考え方が少し変わり、導入を検討してみたのです。

今回は、そんな「続きを読むボタン」導入検討の経緯と、結局止めてしまった理由について書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

読者のためにならないというのは勘違いだったのではないか

f:id:aniota-alvarado:20170611001832j:plain

前述した通り、私は読む人にとって鬱陶しいかな?という理由で、この機能の導入を見送っていました。

しかし、ブログ運営を真剣に考えるようになった際に、むしろ導入すべきなのではないかと思うようになります。

その理由が、「トップページ重すぎ問題」です。



私のブログは、なるべくわかり易いように、また、文字だけでなく視覚にも訴えたほうが読み易いのではないか、という考えの下、画像や時には動画も多く引用するようにしています。

最近は特にその傾向が強いため、気付けばトップページを開くのに、結構な時間がかかってしまうように・・・。

この問題を放置するほうが、読者のかたにとってマイナスとなるのではないか、そう考えるようになりました。

そこで、この問題を解消してくれるのが、今まで敬遠してきた「続きを読むボタン」というわけです。

調べていた中で、Googleが持つこの機能への意外な考えに触れる

f:id:aniota-alvarado:20170611002155j:plain

以上の理由から、「続きを読む ボタン 必要」みたいな感じで色々と調べていたところ、ある一つの記事が目に留まりました。
web-tan.forum.impressrd.jp
公式に発表されたという事ではありませんが、Google様の主要メンバーがこの機能に不快感を示しているというのです。

もちろん嫌われたくないというのもありますが、それよりも、やはりこの機能が快く思われていないという事実が、私の足を踏みとどまらせました。

改めて考えてみると、トップページが重いのはそこまで問題ない

f:id:aniota-alvarado:20170611002710j:plain

また、これをきっかけに冷静になって改めて考えてみたのですが、トップページが重いのって実はそこまで問題ないのではないでしょうか。

自分で言っていて物凄く悲しくなってきますが、私のブログは驚異の直帰率を誇っていたはずなので、基本的には一見さんしかいないはずです。

そうすると、読んでくださっているのはそれぞれ独立した記事ですから、1つ1つの記事が重くなり過ぎないように気を付ければ問題ないことになります。

にもかかわらず、この機能を導入してしまうと、最後まで読もうという気を削いでしまうかもしれません。

おわりに

Googleには嫌われ、読者のかたからもうざがられ・・・となると、私にとってはデメリットしかありません。

ならばやっぱりやめようというのが、今回私が出した結論です。

今まで少し迷っていたのが、今回の事で完全に吹っ切れたので、よほどのことがない限りは導入しないと思います。

同じように「続きを読むボタン」の導入で迷っているあなたも、ちょっと立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。