オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【決定版】収益が2倍に!アドセンスで最適な広告位置を徹底検証

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20170808184048p:plain


先日行った運営報告で触れた通り、今回はGoogle AdSense(アドセンス)の広告位置について書いていこうと思います。

私はアドセンスを初めて1年以上経つのですが、その間色々と調べて収益が出やすい広告の位置について試行錯誤してきました。

そんな中、特に効果があったものについてや、利用していて考えが変わった事などについて触れていくつもりです。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

サイドバーはほとんどクリックが期待できない

ブログというのは読んでもらってなんぼですから、その妨げになるような行為は避けるべきです。

したがって、アドセンスを文中に入れてしまうと、クリックされた場合途中で離脱してしまうので本末転倒となってしまいます。

このポリシーを貫かんと、私はサイドバーに広告を1つ貼り付けていたのですが、それから1年強経って得た収益は約3野口(規約によりぼかしてます)。

3野口。これはもうほとんどないのと一緒です。



そこで私が選んだ変更先は「文中」、正確には4つ目の見出しの前です。


・・・文中???


はい、こいつ金のために魂を売りやがったとお思いのかた。正解です。

というのは半分冗談で、実はちゃんと理由があります。

当ブログは悲しいかな、直帰率が9割でリピーターが少ないという一見さんブログとなり果てています。

※ブクマのコメントで直帰率が高い=悪ではないというご指摘を受けました。

おっしゃる通りで、私の場合は加えてリピーターが少ないためこういう書き方をしていたのですが、それだと勘違いさせてしまうので訂正させていただきました。誤解させてしまっていたら大変申し訳ありませんでした。

しかも滞在時間もかなり短い傾向にあるので、途中どころか下手をすれば冒頭の導入で「つまらん!お前のブログは本当につまらん!」状態になっている可能性が高いです。あ、涙出てきた。

このように、どうせ別のページに移ってしまうのであれば、広告をクリックして移ってもらったほうがいくらかマシというもの。

これに対して、文中になければ最後まで読んでくれたかもよ?という意見は最もですが、そういう人は広告があっても無視して最後まで付き合ってくれるはずです。私がそうであるように。



で、何で文中かというと、ポジ熊さんの記事内でその有用性が語られていたためです。
www.pojihiguma.com
私の場合はポジ熊さんとまったく同じ位置ではなく、4つ目の見出し前に限定してしまっているので一番の収益とはなりませんでしたが、それでも1ヵ月で約1.5野口くらいにはなっています。

サイドバーと比較すると半年分を1ヵ月でという事になりますね。

任意の見出し前に自動で貼り付ける具体的な設定方法

見出し前の設定については、まるさんのブログが非常に参考になりました。
www.kanamalu.com
情弱の私からすると、アドセンスコードとアドセンス変数というのがよくわからなかったのですが、これは既に掲載している広告と干渉し合わないようにするためのもののようです。

数字は作成するのが1つ目なら何も入れなくて良いですが、2つ目ならそれぞれ2、3つ目ならそれぞれ3と入力するといいでしょう。

別の方法で既に広告を貼り付けていた場合でも、干渉し合う可能性があるので、その時は適当な数字を入れると問題を回避できます。

私の場合は、後述する「目次前」を既に貼り付けていたので、それと最初干渉し合ってしまいました。

そこで、確か念のために数字の5とかそこら辺を入力して作った記憶があります。

直帰率が高くリピーターが少ない人におすすめなのが「目次前」

前述した通り、直帰率が高くリピーターが少ない場合記事の途中か、下手をすれば冒頭にさよならバイバイされていることになります。

冒頭の場合は位置にしてちょうど目次前、ならばそこにも広告を貼り付けてしまえば少しは溜飲も下がるというものです。

ということで、目次前の設定についてはhkmさんのブログが大変参考になりました。
www.jpneet.com



もっとも、ここで注意が必要なのは、コード中にあるafterbeforeに書き換えるという事です。

    $target.eq(0).after($('.insentense-adsense'));

上にあるコードをそのまま使用すると、目次のあとに広告が来ることになるためです。

また、レスポンシブをレクタングルに固定するために、アドセンスのautoをrectangleに書き換えるということもしましたが、これは規約違反ではありません。

この件については、アドセンスのヘルプにしっかり載っていました。
support.google.com

推奨されているダブルレクタングルはそこまで効果がない?

また、記事下にある広告については、スマホでは1つ、PCだとダブルレクタングルになるように変更しました。

これについてはボム君さんのサイトが大変参考になりました。
www.bombkun.com
もっとも、変更前と変更後を比較してみたところ、1ヵ月で約1.3倍ほどしか増えなかったので、かなり収益がある人以外はそこまでの効果は期待できないかもしれません。

理由としては、やはり基本的にはスマホで閲覧している人の割合が多いため、PCについての変化はあまり意味がないからでしょう。

1年以上検証した結論は記事下が最強

あれこれと書きましたが、じゃあ結局どこが一番ベストな位置なのか。

全期間をみても、先月の結果をみても「記事下」が一番結果を出していました。

次点である「目次前」と比較しても、その差はやく2倍なのでとりあえず「記事下」は安定でしょう。

ちなみに順位としては、

  1. 記事下
  2. 目次前
  3. タイトル下
  4. 4つ目の見出し前

の順番で、2位と3位はほぼ同率という結果です。

したがって、広告数を従来通り3つにするのであれば、記事下、目次前、タイトル下の3つがベストポジションという事になりますね。



ちなみに、以前はこれに加えて「アンカー広告」も有効にしておりました。

しかし、実際に自分の記事をスマホで読んでみると、非常に邪魔でストレスが限界突破する勢いだったので撤去しましたよね。

上にフリックしている時に間違って下からスススゥ~っと広告を広げてしまった時の苛立ち、プライスレス。

おわりに

もちろんブログの傾向によって効果に差はあるとは思いますが、初心者でどこに設置していいかわからないという場合は参考になると思います。

特に、当ブログのように直帰率がえげつないのであれば、やってみる価値はあるはずです。

位置だけでもかなり違いが出てくることは明らかですので、あなたがもし現在クリック率が思わしくないのであれば、記事下、目次前、タイトル下の順番で設置してみてはいかがでしょうか。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。