オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【感想・レポート】Mimori Suzuko Live 2017 “Tropical Paradise”幕張メッセ2日目(9月3日)に参加したよ

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170903224758p:plain

本日、幕張メッセイベントホールで行われた、三森すずこさん(みもりん)のライブに行ってきました。

そんな今回のチケットはこちら。夏らしくて素敵な写真ですね。

f:id:aniota-alvarado:20170903234422p:plain
出典:Mimori Suzuko Live 2017 “Tropical Paradise”

彼女のライブに参加するのはこれで2回目という事もあり、最低限押さえるべき所だけを予習するという舐めプをかましたのですが、果たして無事楽しめたのか。

本日は、印象に残った部分の感想を書きつつ、舐めプした結果どうだったのかなども書いていければなと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

物販(みもりんブレード)を確実にゲットしたい場合は早目に行くべし

私は今回、前回の武道館のグッズでいいかな~という、ファンに有るまじき態度での参加でした。

したがって結構ギリギリに、開演30分前にくらいに着くように行ったのですが、その時点で人気のグッズは完売。

f:id:aniota-alvarado:20170903224921p:plain

ブレードはTwitterで物販販売開始から、1時間と経たずに完売という話もあります。

前回の武道館公演でも、結構早い段階で完売していた気がするので、今後もブレード等人気商品を購入したい場合は、かなり早目に現地に行く事をオススメします。



ちなみに、開演30分前の物販の様子はこんな感じでした。

f:id:aniota-alvarado:20170903225135p:plain

流石にここまでギリギリだと、混むという事はないようですね。

会場は広いもののそこまでの遠さを感じなかった

私が居たのはKブロック

ポニーキャニオンの箱を開けて目に入ってきた瞬間、軽く絶望する位置だったのですが、実際に会場に入って席に着いてみると、ステージまでの距離は思っていたよりは近かったです。

あくまでも、思っていたよりは、ですけどね(笑)

もっとも、後述しますが中央ステージや、トロッコのおかげもあって全く楽しめない席というわけではありませんでした。感謝。

今回のコンセプトは人魚姫

みもりんのライブといえば、毎回何かしらのコンセプトを意識したステージとなっています。

今回はというと、「人魚姫が海の中と人間界のパーティ両方に参加」的な感じだったと思います。

みもりんの経歴も相まって、リトルマーメイドを想像したのは私だけではないはずです。



というわけで、一番最初の曲「ドキドキトキドキトキメキス」が始まり、ステージ上部の大きな貝殻から登場するみもりん(人魚姫Ver.)。

さながらその姿はもはや人魚などではなく、かの有名な絵画、ヴィーナスの誕生を彷彿とさせたとか・・・。

というのは私だけだと思いますが、人魚姫感はバッチリ出ていたと思います。

MCで言っていましたが、大きな貝殻から登場するのは小さい頃からの夢だったそうです。か、可愛い。



そこからMCを挟みつつ(ウロコ可愛い!と言われて若干戸惑ってました)、数曲歌って「ミライスタート」。

ここで待ってました!トロッコの登場です!!

スタンド席ではあるものの、前から2列目という位置だったおかげでみもりんが近いのなんのって!

普段はコールを一生懸命やるタイプではないんですけど、この時ばかりは「Hi Hi Hi!」と大声かつオタクスマイル全開でやっていたような気がします。どうかカメラに映っていませんように・・・。



さて、トロッコに乗ったのはサービスというだけではなく、アリーナに浮島のように孤立している中央ステージに移動するためでもありました。

そこで「ヒカリノメロディ」が披露されたのですが、その途中で(確か)曲が止まり大量の白い煙に包まれるみもりん。

すわ何事か?!と思ったら、なんと煙が晴れると衣装が変わっているではありませんか。

人魚から人間に変身!という事のようです。素敵な演出ですね。



このあとMCを挟みつつ、確か「ROLLER COASTER」の時にトロッコにまた乗ってステージへと戻ります。

別ルートかと思いきや、また目の前に来てくれたのでどちらかで私の殺人級オタクスマイルが、カメラに映っていたかもしれません。



このあとの曲で私が印象に残っているのは、まずは前後してしまいますが「Spinning Stars」、「純情 Da DanDan」、「恋はイリュージョン」の3曲です。

みもりんのライブならではと言ってもいいと思うのですが、歌はもちろんのことダンスが格好いい。

特に私は前述した3曲のダンスが大好きで、それを生で見られたのがとても嬉しかったです。

「Spinning Stars」は男性が踊るようなワイルドさがある振り付け。「純情 Da DanDan」はみもりんダンサーズとの連携が素晴らしいキーズラインダンス。「恋はイリュージョン」はミュージカルを観ているような女性的な振り付けと、それぞれ違いがあるのがまた良いですよね。

前回の武道館公演は、少しダンス少なめだなーと感じていたので、なおのこと感激しました。



続いて、「サキワフハナ」は好きな曲というのもありますが、演出がとても印象に残りました。

モニターで観た場合に限り、みもりんが雨に打たれているように見えるのです。

また、カメラワークもかなり凝っていて、ラブライブ!の3rdライブで披露された「Daring!!」でのカメラさんの本気を思い出したほどです。


あとはこの曲のあと披露された新曲の「Colorful Girl」も印象深いですね。

私が予習した数少ない曲の一つがこれなのですが、というのもこの曲、曲の途中でみもりんの合図に合わせて色変えがあるのです。

順番は1.RED2.BLUE3.WHITE4.ORANGE5.GREEN6.PURPLE7.PINK8.YELLOW9.LIGHT GREEN10.LIGHT BLUE11.LIGHT PINK12.VIOLET13.COLORFULの順です。

そうです。市販されているキンブレのデフォルトの順番なのです。気づいたあなたは中々のオタクパワーの持ち主と言えるでしょう。

話を戻しますが、この色変えが思っていた以上に楽しい!

みもりんも楽しかったのか、初参加で置いていかれた人を気遣ってなのか、最後のほうのMCでまたやりましたからね。

ライブで恒例となりそうな、そんな曲でした。



次の「ユニバーページ」は、最後のほうというイメージがあったのでこの位置でという事にまず驚きました。

が、もっと驚いたのはトロッコです。

ここでもトロッコに乗って歌う演出があったのですが、なんと二階席と三階席の間にある中通路を通ったのです。

私の位置だとそこまで近い!という感じではないのですが、全員が楽しめたであろう演出に感激しました。



そして数曲飛んでアンコールを除くとの最後の曲となる「スマイリウム」。

この曲もまた私が予習した曲の一つで、サビの振り付けと落ちサビ前の色変えが特徴的な曲となっています。

振りと色変えが完璧にできると、常連ぶれるのでより楽しめるので是非マスターしてみてください。

色変えのタイミングは落ちサビの「一つ一つの星たちが」のところで、ピンクからイエローに変わります。詳しくは以下の動画を参考にしてみてください。


出典:mimorin.comスタッフ三森すずこ‏ @mimorincom(Twitterアカウント)

また、振り付けについては以下の動画を参考にしてみてください。


出典:mimorin.comスタッフ三森すずこ‏ @mimorincom(Twitterアカウント)




もちろん、このあとのアンコール曲も楽しかったですし、Wアンコールの「ちいさな手と観覧車」もテンションが上がったのですが、MCもまた印象深いです。

前回の武道館公演でもおっしゃっていた気がしますが、今日この舞台に立てている事の奇跡というか、巡り合わせにとても感謝しているし、人生何があるかわからない。だからこそ面白い!というようなことをおっしゃっていました。

みもりんがこれからも前に進み続けられるよう、微力ながら応援し、一緒に歳を取っていきたいものですね。

おわりに

個人的に、私は2ndアルバムが一番好きでして、その中でも特に好きな曲が結構今回のセトリに組み込まれていたので大満足でした。

舐めプした割には特にトラブルもなく楽しめたので、初心者でも安心して楽しめるライブなんだと思います。

みもりんのライブは、ショーを観ているような気持ちにさせてくれるので、終わると毎回ウキウキした気持ちになっています。

もちろん今回もそうで、MCでもおっしゃっていましたが、明日からまた頑張ろう!と思わせてくれる。そんなライブでしたね。

今回のライブがきっかけで、フォロワーさんともお話できましたし、みもりん様々といった感じです。

とりあえず、次は10月11日発売のシングルに期待!

ちなみに、本日のセトリはオタクの味方、アニュータ様が公開して下さっています。
aniuta.co.jp



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。