オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

ブログで300記事書けばアクセス数・収益が増えるなんて大嘘だった

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20171017193357j:plain

たまーにブログやTwitterのタイムラインなどで、「とりあえず300記事書けば変わる!」みたなブログ論を語っている人を見かけます。

アクセス数やアフィリエイト(アドセンス)が伸び悩んでいるとしても、300記事書けば確実に変化がみられるよ!的な内容です。

が、実際はどうなのか。ちょうど昨日の記事で300記事に到達したということで、このブログ論が正しいのかを包み隠さず書いていこうと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

結論からいうと、300記事書けば変化がみられるというのは嘘

揚げ足を取りたいわけではないので、厳密に300記事ピッタリというよりは、その前後も含めてとりあえず量産しろという事なんだと思います。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる。たくさん書けばアクセス数は増え、アフィリエイトによる収入も増える。それは当然といえば当然です。

しかし、ただ300記事書けばそれだけでこうした現象が起きるかのような書き方をしている場合は、注意が必要です。



実際、私は現在300記事に到達していますが、アクセス数もアドセンスによる収益も急増していません。というか、下手をすれば下がることもあります。

そりゃあこのブログを始めた1か月目よりは増えていますけど、300記事論で唱えているのはそういう事ではないはずです。

アナリティクスで調べてみても、ここ半年はPV数がほぼ横ばいか、たまに下がるくらいで劇的に上がっているという事はありませんでした。

1月に大体15記事くらいをアップしているので、大体200記事から変化がみられていないことになります。

これだけでも、とりあえず300記事書けばウハウハ!と書いている人が嘘をついていることが分かりますよね。

もっとも、全部が全部嘘というわけではない

と、ここまで300記事書けば変わる!論は大嘘だというような書き方をしてきましたが、全員が全員嘘をついているわけではありません。

私は確認していませんが、中にはきちんと理論立てて説明してくれている人もいるはずです。

ということで、私も先人に倣ってどうすればよかったのかを書いていくことにします。



まず、雑記ブログという形式を採っている時点で、かなりのセンスが要求されるので難しいです。

自分が読者の立場で考えれば良くわかると思いますが、基本的にネットで検索する時というのは専門的な情報、密度の濃い情報を欲している時です。

そんな時、その分野だけを専門として書いているブログがある場合、そのブログを参照しようしませんか?

説得力が違いますし、そうでなくても専門化されたブログは検索順位が1番上か、上のほうにある傾向があるので、クリックされやすいというのもあります。

つまり、300記事書いてアクセス数・収益を爆発的に増やすことを期待するのであれば、専門性に特化したブログのほうが現実的といえるわけです。



次に、当たり前の話ではありますが、内容がきちんとしていて、かつ、ストック型の記事ばかりを量産しないと意味がありません。

ストック型、つまり、どの時期であっても読まれる。長く愛される記事の事です。

ブログを立ち上げた当初は、誰にも読まれないというストレスからフロー型、つまり、その時トレンドになっているテーマについて書いてしまいがちです。

例えば、話題の映画・ドラマの感想とか、期間限定のイベントなどですかね。

確かに、一瞬かなりのアクセス数を叩き出しますが、1年後には数名読んでくれるかどうかくらいにまで落ち込みます。

他方、ストック型であればそういったことはなく、常に高いアクセス数を叩き出してくれるので、増やせば増やすほど全体のアクセス数・収益も増加していくわけです。

例えば、ライフハックをテーマにしたものや、グルメ、観光地についてとかですかね。

ここで先ほど述べた「専門性に特化したブログ」が活きてくるわけでして、ある分野に特化した、専門的な記事というのはストック型の記事になり易いというのもあるんです。



これらをまとめると、①専門性に特化したブログで、②ストック型の記事を書き続ければ、300記事に到達する頃にはそこそこのアクセス数・収益を叩き出している可能性が高いということになります。

おわりに

もっと結果を出している先人たちが書いているという事と、ブログ論はブログ運営をしている人以外には全く興味がない話だという事から、最近はこの手の話を書くのは控えていました。

しかし、私が300記事に到達したことに伴い、恥ずかしながらちょっとだけ意識していたアクセス数・収益の増加が思っていたのと違ったため、書くことにしたというわけです。

ちょっと考えればわかりそうなものですが、私のように何も考えずに記事を書き続けていたにもかかわらず期待してしまう、そんな残念なことにブログを始めたばかりの人が陥るのを防げればと思っています。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。