オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

3話終わったことだし2017年秋アニメでおすすめの3作品を語ります(感想・ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20171027180600p:plain

今期アニメが始まって、早いものでそろそろ1ヵ月が経とうとしています。

そんな今更感が漂う中、個人的なベスト3というか、面白くなりそうだというアニメを3つ上げるのは、ようやく3話まで出揃ったからです。

「アニメは3話から」とアニメガタリズでも言っていましたし、そう大きく外してはいないと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

視聴確定した中で面白くなりそうな今期のおすすめ

まず、毎週楽しみで録画したものをすぐに観ちゃう!という3作品を上げていきます。

いぬやしき

GANTZの作者である奥浩哉先生が描いている漫画が原作で、連載当時結構話題になったと記憶しています。

私は原作を読んだことがなかったのですが、アニメが終了したら買おうかなと思うほどに面白いです。

まずなにより、主人公がおじさん(見た目はおじいさん)というのが斬新ですし、早い段階で皓という敵を出したのも今後の展開を期待させます。

同じ境遇で全身が機械となった壱郎と皓が、それぞれわかり易く“善と悪”に分かれたことで、色々な可能性が想像できるのが良いですよね。

心優しい壱郎が今後どういった事件に巻き込まれ、どう変わっていくのか、非常に楽しみな作品です。

魔法使いの嫁

オリジナルかと思っていたら、原作は漫画のようで既に8巻出ていました。

この作品の何が良いかって、ファンタジー作品と呼ぶに相応しい作り込まれた世界観です。

特に3話のドラゴンの話は観ていてかなりワクワクすると同時に、どこか物悲しい気持ちにもなり、余韻が尋常じゃなかったですね。

もちろんこういった内容もそうなのですが、映像や音楽もまた世界観の演出に相当寄与しており、全体的にクオリティが高いです。

この先どんな世界を魅せてくれるのか、智世の傷ついた心がどう癒えていくのか等々、これまた今後の展開が非常に楽しみです。

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series

遠い昔に原作を1巻読んでいたと思うのですが、鳥頭の私はきれいさっぱりに忘れており、ほぼ初見のような感じで毎週観ています。

主人公のキノが旅をする中で個性的な国に行き、そこでひと悶着あるというのが1話完結でお送りされるので、非常にテンポが良く観易いのが気に入っています。

訪れる国にある独自のルールは考えさせられるものが多く、毎週いい意味で観終わってからモヤモヤしていますね(笑)

毎週、今度はどういう国に行くのだろうと、まるでキノと一緒に旅をしているかのような感じになるのもこの作品ならではだと思います。

ただ、欲を言えば、1話完結でありながら、並行して全話に共通する最終目標というか、ゴールみたいなものがあるとなお良いですかね。

とはいえ、このままでも十分面白いのであくまでも強いて言えばといった感じです。

その他に視聴継続する予定の作品一覧

3話まで観ていて自信をもって人にお勧めできるというわけではないものの、個人的に楽しんでいる作品も他に色々とあります。

こちらについては、箇条書きで作品名だけ羅列していこうと思います。

  • 宝石の国
  • ラブライブ!サンシャイン!! 2期
  • 結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-
  • UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~
  • Infini-T Force
  • このはな綺譚
  • Just Because!
  • アニメガタリズ
  • 干物妹!うまるちゃんR
  • クジラの子らは砂上に歌う
  • ネト充のススメ
  • ボールルームへようこそ(継続)

このうち、「ラブライブ!サンシャイン!!2期」と「結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-」、「ボールルームへようこそ」についてもお勧め!と言いたかったのですが、重い愛のせいで必要以上に褒めちぎる可能性が高かったため泣く泣く諦めました。

おわりに

毎クール楽しいアニメはいっぱいありますが、特に今期は豊作のような気がします。

今から観ても全然話はついていけると思うので、私が今回上げた3作品の中でスルーしていた!というものがあれば是非一度観てみて下さい。

3作品以外に上げたものについても、実は語りたいことは沢山あるのですが、それをやってしまうと論文かな?と思われるほどの文字数になるのでこの辺りで止めておきます(笑)



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。