オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

デレステでフルコンできるようになるまで実践した5つのこと【攻略】

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20180405195054p:plain
出典:アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(バンダイナムコ、2015)

私は音ゲーがあまり得意なほうではなく、比較的簡単であろうものでもフルコンに至るまでは相当苦労します。

この「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ(デレステ)」も同様で、フルコンまであれこれ試行錯誤しました。

ということで、今回はフルコンに至るまで一体どういう事をしたのかについて書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

私の音ゲープレイヤーとしてのレベルは相当低い

デレステは一般的な音ゲー同様、音楽に合わせて落ちてくる玉(ノーツ)をタイミングよくタップすることでスコアを伸ばします。

それをミスなく続けることでコンボを繋ぎ、フルコンをして高得点を目指すわけなのですが、前述した通り私はこの音ゲーがとても苦手なのです。



もちろん、繰り返しやっていくうちにある程度は慣れるため、そこそこの難易度であればクリアすることは可能です。

しかし、ノーミスでクリアするというフルコンともなると、その難易度はグッと上がります。

比較的簡単であろう「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)」ですら、EXPERT全曲をフルコンすることができていない状態ですので、その下手さ加減がよくわかると思います。

現在のフルコン数について

ということなので、デレステに至ってはフルコンなど夢のまた夢。それはもう試行錯誤の日々なのです。

そんな音ゲー苦手な私ですが、難易度最大であるmasterのフルコン数が、始めてから現在までで45曲中36曲にものぼっています。

これも日々試行錯誤し続けた結果であり、ここに至るまで何度「自分は音ゲーに向いてないのでは・・・」と思ったことでしょう。



では、一体どのようにして、ここまでフルコンの数を増やしたのか、以下に具体的な方法を記したいと思います。

なお、私の使用しているスマートフォンはiPhoneSEで、プレイスタイルは親指といった感じです。

フルコンを目指す上で意識するコツ5つ

前置きが長くなりましたが、以下具体的な攻略法について箇条書きしていきます。

  1. ユニットはNICEとGREATをPERFECTにするスキルを持っているキャラクターに変更(多ければ多いほど良い)
  2. プレイ速度は標準だと6だが、やってみて一番PERFECTが出やすい速度に変更する(ちなみに私は7.5が一番コンボが繋がりやすい)
  3. プレイ中のノーツの色を、背景と同化し難く長押しやフリックが分かりやすい色に変更
  4. カクつくようなら3Dにこだわらず、2D軽量化などに変更
  5. 一番コンボが途切れやすいであろうフリックのやり方を工夫する

フリックの工夫例

  • 長押しのあと1回だけフリックするものは、指で「シュッ」と払うのではなく、長押し状態から進行方向にそのまま指を「ズズズ・・・」とずらすようにすると成功しやすい
  • 連続して指でなぞっていくタイプのものについては、これも同様に指をずらすようにしてなぞるのと、あとは曲よりも若干遅いタイミングでずらしてみると成功率が上がる
  • フリックは矢印部分(ノーツ)だけなぞれれば良く、間の透明なつながり部分は無視しても平気という事も意識しておくと良い

忙しい人のためのまとめ

  1. 判定強化のユニットで組む
  2. プレイ速度をコンボが繋がり易い速さに変更
  3. ノーツの色を見易いものに変更
  4. カクつくなら2Dに変更
  5. フリックは払うのではなくなぞるようにすると良い

おわりに

以上ように、色々と試行錯誤してフルコンできる曲が徐々に増えていった次第です。

未だにフルコンできるのはまれなのですが、とりあえずその曲について1回フルコンできてしまえば、フルコンできた曲にカウントされますしスタージュエルもゲットできます。

要は、奇跡の1回を目指せばいいのです。

何度もできるのであれば、それは音ゲー上級者であって、上記のような試行錯誤なんて必要ないでしょうしね。

もしあなたが同じように音ゲーが苦手で、中々フルコンできないのであれば、是非参考にしてみてください。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.