オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

スーパーマリオランに課金したので正直な感想を書きます

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20161216152410p:plain
出典:任天堂「スーパーマリオラン」(2016)

過去に、マリオランが配信された直後、無課金でどこまで遊べるか検証したことがあります。

そこからかなり慎重にこのゲームの面白さを見極めた結果、1,200円払う価値があるだろう!と判断したため少し前に課金しました。

そこで今回は、課金前と後でどういう変化があったのか、結局のところ1,200円の価値があるのか、後悔していないのかについて書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

大きく変わったのはプレイできるキャラクターと王国づくり

まず、当たり前ではありますが、ワールドツアーにおけるステージ数が1-3以降もすべて遊べるようになりました。

この変化については当然なので軽く流すとして、私としては使えるキャラクターが増えたことと、王国にくるキノピオの種類が変わったことが大きいと思っています。


前者については、無課金の場合はマリオとキノピオ(ニンテンドーアカウントと連携すると使えるようになります)だけでしたが、ここに「ルイージ」、「ピーチ姫」、「キノピコ」、「ヨッシー」が加わります。

これによりワールドツアー及びキノピオラリーの攻略がどちらも容易になるので、このキャラ増加はとてもありがたかったです。


また、後者については、王国にくるキノピオ(キノピオラリーで勝つと増えるキノピオ)の種類が増えることで色々な建物を購入できるようになります。

特に、ハテナブロックが大小合わせて4つ(1つは確か無課金でも増えたと思います)増えるのが大きくて、これによってラリーチケット枯渇問題はほぼ解消するといっていいでしょう。


他にも、前述したキャラクター加入も特定の色のキノピオを集めなければならないですし、王国の拡張についても同様なのでこれが一番大きいといっても良いかもしれませんね。

結局1,200円の価値はあったのか

このように、色々な変化があり遊べる範囲も広がったわけですが、一番気になるのは課金する価値があるかどうかだと思います。

できるだけ客観的に、冷静に考えたところ、する価値があるかどうかはタイプによって分かれるのではないかという結論に達しました。

以下、私が考えたタイプ別に書いていきます。

アクションゲームが苦手なタイプ

このマリオランは、アクションとはいっても比較的簡単にプレイできる作品だと思います。

しかしながら、過去作をプレイしたりほかのアクションゲームをプレイしたりした中で、アクションが苦手だという人であれば十分に楽しむことは難しいでしょう。

そういう人が課金をしたところですぐに飽きてしまう可能性は非常に高いので、その場合は課金するに値しないといえそうです。

ステージをクリアすることだけしか興味がないタイプ

前述したアクションが得意という人であっても、ワールドツアーを全クリさえできればいい!という人の場合は同じく課金するに値しないといえそうです。

というのも、ワールドツアーのクリアだけに着目するとネットでも一時期騒がれていましたが、1時間ほどでクリアできてしまうのです。

もちろん後半になるにつれて難易度は上がりますが、アクションゲームに抵抗がない人であれば何度かやっているうちに確実にクリアできます。

そうすると、全24ステージというボリュームはかなり物足りないため、1,200円は高いと感じるでしょう。

やり込むことが苦ではないタイプ

この作品はステージクリアの他に色のついたコインを集めたり、王国づくりのためにキノピオラリーで勝ち続けることが必要だったりと色々なやり込み要素が存在しています。

こうしたクリア以外の目的についても完璧にしたいというやり込みが苦ではないタイプの人であれば、きっと楽しくプレイできると思います。

ゲームの種類によりますが、据え置きのゲームで遊ぶ場合、最低でも1ヵ月はプレイできないと物足りなく感じて満足しないと思います。

その点、この作品もクリア以外に遊びつくすとなると1ヵ月ほどはかかると思うので、むしろ1,200円は安く感じるかもしれません。

そういう人であれば、課金するに値すると感じるのではないでしょうか。

マリオシリーズが好きというタイプ

これは言うまでもない気がしますが、間違いなく課金するに値すると思うでしょう。

従来のマリオの要素を残しつつスマートフォンで手軽に遊べるという絶妙なバランスを保っているので、マリオファンも満足するはずです。

もっとも、十字キーで操作できないのはマリオじゃない!これじゃあストレスを覚える!!という人については、課金しないほうが良いとは思います。

忙しい人のためのまとめ

  • ワールドツアーの全ステージプレイ可能、使えるキャラの増加、王国にくるキノピオの種類の増加が大きく変わった点
  • アクションゲームが苦手な人、ワールドツアーをとりあえずクリアできればいい人は課金に向いていない
  • ワールドツアークリア以外のやり込み要素も楽しめる人、マリオシリーズが好きな人は課金する価値がある

おわりに

できるだけ私情を挟まないように書いたつもりですが、課金した手前、若干良いように書いているかもしれません。

私個人としてはクリア自体は確かに簡単だったのですがまだ色のついたコインを全部集め終えていませんし、フレンド登録した人とステージの記録を競っていますし、王国再建のためのショップですべてのものを購入し終えていませんしでまだまだやることがあり結構満足しています。

スマホアプリに1,200円というと確かに高い気がしますが、ファミコンないしスーパーファミコンのソフトと考えると妥当というかむしろ安い気もしますね。

色々と書きましたが、まだ課金するか悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.