オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

スーパーファミコンミニの予約で勝利できた要因というかコツを書くよ

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越し頂き恐悦至極に存じます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20170916182913p:plain

本日、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(スーパーファミコンミニ)」の予約が開始されました。

ファミコンミニの時はあまり興味がなかったのですが、それでも獲得に難儀したという話は耳にしていました。

そうすると、今回もおそらく予約段階で大変な思いをするのだろうと思い、あれこれと準備をしておいたところ無事Amazonで予約をする事ができました。

そこで、今回はこういった予約合戦が行われるときに、どうすれば上手く予約を勝ち取ることができるのか。買えなかったという悲しい結果に終わらないためにはどうすべきか。私の考えを書いていきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

一番良いのは地元の販売店

Twitterで検索して調べている最中で、よく目にするツイートとがありました。


「なんか秋葉原のヨドバシとか大変らしいけど、うちの地元だと余裕で予約できたよ」


確かに、地元でしたら開店時間もわかっていますし、都内の家電量販店よりも押し寄せる人数は少ないはずです。

事前に予約可能か、可能だとしてどれくらい数があるのか、先着か抽選か、予約開始日の開店時間はいつもと同じかなどを確認した上で、近くのお店で予約するのが一番スマートなのではないでしょうか。

ネットで予約する場合は事前に下調べが必要

ネットで予約する場合はかなりの倍率となる可能性が高いので、事前にどれだけ情報を集められるかが重要となります。

まず、ヨドバシカメラやビックカメラなど、主要な通販サイトで会員登録を済ませておきます。

その上で、予約に関する情報が出ていないかをチェックしておき、その情報を集約しておくのです。

例えば、ヨドバシカメラの場合は今日の朝9時から予約整理券が発行されましたし、ビックカメラであれば今日の朝9時~18日の24時までに抽選予約申し込み手続きをする必要がある。と言った感じです。



加えて、Twitterでも何か情報がないかチェックしておきます。

購入を予定しているサイトや店舗名、スペース、スーパーファミコンミニで検索するといった感じです。

そうすることで、有益なつぶやきを発見できることがあるためです。

Amazonのように全く情報がない場合

私は今回、寝坊して出遅れたので最初からAmazonで予約する気できたので地元のお店や、他のネット通販は軒並みスルーしていました。

Amazonでは予約に関する事前情報は一切なく、下手をすれば予約そのものを行わないのでは?という雰囲気すら漂っていました。

が、蓋を開けてみれば11時20分頃に突如予約を開始し、約10分ほどで完売するというテロみたいな事が行われたのです。

そんな地獄のような争奪戦にどのようにして勝利したのか、以下で詳しく書いていきます。



私がまず最初に行ったのは、Amazonのサイトに行き検索欄に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」と正式名称を打って検索するという事です。

ここで大事なのが「正式名称」という点です。

Amazonの検索は非常に優秀で、対象となる商品を特定できるものであれば正式名称ではなくても検索結果に反映してくれます。

しかし、今回のようにまだ商品が掲載されていない場合は、正式名称以外は検索に反映されない可能性があるようなのです。

事実、「スーパーファミコンミニ」で検索をかけていた人は、掲載されたことに気付かず予約を逃してしまったようですしね。



さて、このように検索結果を表示しておいた上で、次はTwitterで情報収集をします。

私は「スーパーファミコンミニ Amazon」で検索しておいて、新しい呟きが追加される度にチェックしていました。

この場合は先ほどとは異なり、正式名称よりは一番つぶやかれるであろう愛称のようなもののほうがヒットしやすいと思います。



この2つの準備を行った上で、作業をしながら度々チェックしていたところ、Twitterのほうで「スーパーファミコンミニAmazonで予約できた!」というつぶやきが登場しました。

1つだけならデマの可能性もありますが、URL付きでのつぶやきも2つ登場しいよいよ本当っぽい。

しかし!ここで焦ってURLをクリックして、その先で予約してしまうのは危険です。

詐欺を警戒した私は、一応Amazonの検索結果をリロードして、実際に検索結果に表れるのを待って購入しました。

確かに、このようにもたもたしていると予約を逃すというリスクはあります。

しかし、それで焦って詐欺に引っかかったのでは目も当てられません。

Twitterの情報をそのまま信じて素早く予約するか、詐欺のリスクを考えて予約を逃す覚悟で確認してから予約するかは各々で判断してください。

おわりに

今回、スーパーファミコンミニの予約について書いていますが、何もこの商品に限った話ではなく、他の商品の予約争奪戦においても応用できると思います。

大切なのは事前の情報収集と、当日に予約直前までの手続きを済ませた上で、Twitterで刻一刻と変わる状況を把握しておくことです。

今後また似たような争奪戦が行われるときは、是非参考にしてみて下さい。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.