オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

友達に恋人を紹介したがる人の心理が理解できないので教えて欲しい

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20171024230658p:plain
出典:荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険 第36巻』(1994、集英社)

友人の1人がそろそろ結婚を考えているようで、私を含めた数名に彼女を紹介したいと言ってきました。

こういったことは別に珍しいことではなく、結構頻繁に行われていると思うのですが、正直なところこの行為が私には理解できません。

そこで、今回はこの行為についての私の見解を述べた上で、紹介したがる人の意見も聞ければなあなんて思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

なぜ“恋人”だけが紹介の対象となるのか

かなり冷たい言い方をすると、友人にとっては特別な人でしょうけど、私にとっては完全に赤の他人です。

それがまだ、共通の趣味があるとかならわかりますが、そういうわけでもない。

そうであるにもかかわらず、紹介されたところでこちらとしてはどう対応していいか困ってしまうというのが正直なところです。

まあ、大人ですから表面上は友好的に振る舞いますけど、人見知りとしては内心やはりしんどいのです。



いやいや、友人の家族になるであろう人なら会ってあげてもいいじゃないか、減るもんじゃなし。仲良くして欲しいんだよきっと。という意見もあるでしょう。

ただ、それならなぜ親やきょうだいは紹介しないのでしょうか。

“家族になる予定”ではなく、モロ家族なんだから紹介の対象足り得るのではないのか。

そこら辺の違いがどうにもよくわからんのです。

生涯独身であろう人間には紹介しなくても良いのではないか

ここでもし、私が結婚していて妻(子)がいるというのであれば、まだわかります。

今後家族ぐるみの付き合いをすることもあるでしょうから、紹介したい。理にかなっているといえるでしょう。

が、私は独身でこの先結婚する予定もなければ気もないので(友人も承知している)、家族ぐるみの付き合いをするという事はありません。

そうすると、友人の恋人(奥さん)と一緒に何かをするという機会はほとんどないでしょうから、別に紹介する必要性はないように思います。



確かに、この先友人の家に遊びに行くということがあれば、奥さんと顔を合わせることもあるでしょう。

しかし、私の父が変わっていただけかもしれませんが、父の友人宅に家族で遊びに行くという機会は1回あったかないかくらいでした。

そうすると、私も同様に外で友人と遊ぶという事はあったとしても、友人宅に行くという事はなさそうですから、やはり奥さんとがっつり関わることは無い気がします。

というか、どちらにしたって結婚式の時に会うんだから、それで良いと思うんですよね。

おわりに

別に私も何かの機会に会うことがあって・・・とかであれば、紹介されることに抵抗感を覚えたりはしません。

ただ、わざわざ機会を設けた上で恋人を紹介する、となると「なんで?」となってしまいます。

私がパリピでみんな仲良しっしょ!みたいなタイプであればまだわかりますが、こんなとっつきにくいことを書いてる時点で違うのは明白です。

一体どういう心理で紹介したいと思うのか、本当に理解できないので、この記事をきっかけにして紹介したい側の考えを教えていただけると嬉しいですね。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.