オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

大好きなベイビーステップが連載終了と聞いて打ち切りなのかを調べた

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20171025181733p:plain
出典:勝木光『ベイビーステップ』(講談社)

あまり表に出してはいませんが、ベイビーステップという作品をそれはもう楽しく読んでおり、単行本も全巻持っています。

内容的に、まだまだエーちゃんの活躍の場がありそうだったので完全な不意打ちを食らったのですが、あと数話で連載終了するというではありませんか。

私としては余りにも突然の事だったので、すぐに「打ち切り」の4文字が浮かびました。

ということで、本日はその辺りについて調べてみたので、ベイビーステップの面白さを語りつつ書いていければなと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ベイビーステップはただのテニス漫画ではない

スポーツ漫画というと、大抵は「最初から天才型の主人公が無双する」とか、「最初はただ好きなだけだったのが才能あるコーチに出会うことによって徐々に強くなっていく」とか、「途中からギャグに振り切る」とかそういうものが多い印象があります。

ベイビーステップも、言ってみれば「練習によって強くなっていく」タイプの漫画ではありますが、ただそれだけというわけではありません。

主人公が試合前の練習だけでなく、試合中であってもノートを使って学習し、強くなっていくというかなり新しいタイプのスポーツ漫画になっているのです。



元々、主人公のエーちゃんは努力家かつ頭が良く、自分なりに授業をかみ砕いてノートに書き起こして、好成績を収めるという秀才タイプの人間でした。

が、ふとしたきっかけでテニスに出会い、その努力の対象が勉学からテニスに移ったことでエーちゃんの人生が大きく変わっていきます。

強くなるためにはどうすべきかを理論的に分析して、実践していき、実際に強くなっていく様は斬新で読んでいても飽きることはありませんでした。

売上が低迷していて打ち切りになったのか

というように面白いと思っていたのは私だけで、実際は売り上げが落ち込んでいたため打ち切りになってしまったのか。

そうだとしたら物凄く悲しいのですが、突然の連載終了にも納得がいきます。

そこで、実際に売り上げがどうなっていたのか調べてみました。



以下のサイトを参考にさせていただいたのですが、なんと、最新刊の売上ではマガジンの作品で6位とどう考えても不人気とはいえない結果だったのです。

では、単行本自体の売上が落ちているからなのか。

それについても調べてみましたが、上であげたサイトによればそこまで大きく落ち込んでいるわけではなく、安定して売れているという印象を受けます。

これらの事を総合すると、どうも打ち切りというわけではなさそうですね。

おわりに

打ち切りではない。つまり、作者である勝木光さんが自ら判断し、物語を締めくくろうと思ったという事になります。

個人的にはこれからもエーちゃんの活躍を読み続け、最終的にはグランドスラムで好成績を収めるなんて展開も期待していましたが、これはこれで良いのかもしれません。

ダラダラと続くよりも、もっと読みたかったと思うくらいのタイミングで終わらせる。

残念ですが、それもまたいい作品足り得る条件の一つともいえるので、最終回まで全力で追い続けたいと思っています。

とかいっておいて、そこから第2章が始まったりするんですけどね(笑)



追記:どうやら思った以上に打ち切りっぽい終わり方だったみたいですね。

もしかすると、勝木さんと講談社側でトラブルがあったのかもしれません。

どちらにしても、素敵な作品だっただけにやはり終わってしまうのは悲しいです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.