オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

転売撲滅すべし!羽生・宇野両選手の号外を郵送で入手する方法

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20180218182439p:plain

昨日、平昌五輪のフィギュアスケート男子で、羽生結弦選手と宇野昌磨選手がそれぞれ金メダル、銀メダルを獲得しましたね。

私もリアルタイムで観ており大変感動したのですが、その感動に水を差す行為をしている人がいるではありませんか。

号外の転売

非常に残念な気持ちになったので、今回はそんな転売に手を出す人が減ることを願って記事を書いていこうと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

なぜ転売がダメなのか

一応前置きとして私が転売を許せない理由を書いておきます。

大抵転売に関する論争が起きると、制作者が損をしているとか本来買いたい人に行き渡らないとか、法律上の側面からはどうこうみたいな話が出てきます。

が、私はそういう理論的な話というよりも、単純に「腹が立つ」という感情によるところが大きいので許せないんだと思います。

数量限定のものや抽選のものなど、限られた人しか手に入らないものがあって、それがちゃんと欲しいと思っている人の手に渡るのであれば、悔しいけれど諦めもつきます。

でも転売はそのもの自体を欲しいと思っていない人の手に渡って、そのあと欲しいと思っている人が本来の値段以上の金銭を支払って手に入れているのです。

つまり、一切思い入れのない人が邪魔をして、予定されていた金額以上の収益を得ていることになります。

欲しいと思っていた側の人間からすれば、腹が立つのは当然ではないでしょうか。

スポーツ報知の号外を正規の手段で入手する方法

前置きが長くなってしまいましたが本題に入ります。

今回のこの号外ですが、なんと送料のみ実費で取り寄せることができるそうなのです。

封筒に返信用切手(100円)を同封し、返信先の郵便番号・住所・氏名・電話番号を書いて、〒108-8485 報知新聞社販売局「フィギュアスケート号外」係へ送ってください。

2018年2月28日必着のようなので、期限には十分注意してくださいね。

一応封筒に同封とだけしか書いていませんが返信用封筒を用意するほうが良いかもしれないので、早めに送ることをおすすめします(間違っていたら返ってくるので)。

この辺りの事を電話やメールで聞こうと思ったのですが、問い合わせフォームに電話番号はなく、メールも個人に返信はしないとなっていたので確認できませんでした。申し訳ないです。

おわりに

もちろん私もすべての転売がダメというわけではありません。

が、今回の転売行為は金メダル・銀メダルを獲得した両選手を称える気持ちがあれば、絶対にしない行為だと思います。

そんな人間に利益を出してほしくない、ただその一心で今回このテーマを取り上げました。

この記事で、少しでも正規の手続きで号外を入手できる人が増えることを願っています。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.