オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

プロフェッショナル仕事の流儀のHIKAKIN(ヒカキン)氏から学ぶブログ運営

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20180321010415j:plain

昨日、NHKでやっていた「プロフェッショナル・仕事の流儀」をたまたま観たのですが、なるほどなと思わされることが結構ありました。

特にHIKAKIN氏の語っていたことは、ブログ運営においても共通していそうなことがたくさんあったので、かなり勉強になりましたね。

ということで、本日は感想というか個人的にこれは!と思ったことについてメモ代わりに書いていこうかと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

番組から見る動画制作とブログ運営との共通点

受け手が楽しむためには、まず自分が楽しむことが重要

常に大切にしているのは、元気な自分を見てもらって元気になってもらうという事だそうです。

Youtubeは息抜きや楽しむために見ることが多く、自分の場合は学ぶというよりは楽しんでもらう動画だと思っていて、そのためには自分が楽しそうというのが大切だとおっしゃっていました。

これはブログ運営でも同様で、愚痴や不平不満などネガティブな内容ばかりだったり、書いている本人が楽しんでいなかったりすると、読者にもそれが影響してしまうと思うんですよね。

まずは自分が楽しむ。これは本当に大切な事ですし、常に心掛けたいものです。

内容が偏り過ぎないよう複数のジャンルを運営

HIKAKIN氏はYoutubeで4つのチャンネルを運営しているそうです。

これは、読者に飽きさせないという工夫の他に、ネタ切れ防止やリスク管理(1つのチャンネルがダメでも他でカバーできる)の意味もあるように思います。

雑記ブログであれば似たようなことは1つのブログでできますが、特化型のブログ、つまりジャンルを1つに絞っている場合は、他にも別のジャンルのブログを複数運営したほうが良さそうです。

誤った情報を流さないように事前に細かくチェック

動画を撮影する際、誤った情報を伝えないよう細心の注意を払っているそうです。

ブログも同様で、何か商品を紹介したり学術的な事を書いたりするときに、自分の記憶だけを頼りに適当に書くのはダメですよね。

ちゃんと本などの信用できるものを参考にして、引用した場合はしっかりとその旨を明記することが必要です。

炎上せず誰が見ても楽しめるものを作る

HIKAKIN氏は炎上を極端に嫌い、細心の注意を払っているそうです。

誰が見ても嫌な気持ちにならないよう、調子に乗った発言をする事で楽しく見られない人が出てこないように、冷静に自分を客観視していました。

私は特にこの考え方に共感しましたし、だからこそ常に人気をキープしているんだろうなと納得もしました。



確かに、狙って炎上させることでアクセス数を稼ぐという手法も有効といえば有効です。

しかし、それは一部の人間の共感と反感によって一瞬話題に上るだけで、次につながるかというと正直なところ微妙だと思います。

事実、私は狙って炎上させるような人が大嫌いで、そういうブロガーを何人か見てきましたが以来そういう人達のブログを見ることは一切していません。

つまり、私という読者を確実に1人失っているわけです。

それよりも、炎上させず誰からも好かれるブログを目指したほうが、地道ではありますが読んでくれる人は増えていくのではないでしょうか。

理想論かもしれませんが、増えることはあっても減ることは無いですからね。

ファンの事を考えて常に100%のクオリティを保ち続ける

動画の種類にもよりますが編集に時間をかけており、また、分業制にはしていないそうです。

今まで100%だったものが、分業制にすることで70%に薄まってしまう事で、本当のファンをがっかりさせたくないという思いがあるとおっしゃっていました。

ブログも同様で、文章を書いた後に画像を入れたり強調したい部分は太字にしたりと、読んでくれる人が少しでも読み易くなるように工夫することは大切です。

また、「この人が書いているから」という書き手の個性に着目して読んでくれている人がいる可能性はゼロではありませんから、できることなら100%の力で記事を書くべきだとも思いました。

毎日決まった時間に投稿することで、ファンのルーティン化を狙う?

番組を見た感じ、動画を公開する時間を19時と設定しているようでした。

決まった時間に投稿するのは、ファンの日常に「HIKAKINの動画を見る」という行動を溶け込ませる狙いがあるんだと思います。

「あ、19時だ。動画見よう」とか、「19時過ぎてるから新しい動画あるな」とか。

最近はサボっていましたが、私も以前は決まった時間(最も読まれる時間帯)に合わせて投稿していたので、これからは気をつけたいと思います。

もっとも、これは毎日投稿しているからこそ効果があると思うので、理想としては『毎日決まった時間に投稿』できればなおの事良しです。

継続することで結果はついてくる

HIKAKIN氏は高校生の時から動画投稿を始め、最初は1年かけて10万再生といった感じだったそうです。

そういった状況にもめげず、働く傍らで動画投稿を続けた結果、ある日投稿した動画で爆発的なヒットを叩き出します。

これは、何よりも継続して動画投稿を続けたことが、結果として現れたのだと思います。

もちろん、狙って投稿した結果見事に当たったという部分もあるでしょうけど、それもまた日々の積み重ねによる経験からできた事なのではないでしょうか。

ブログも最初はアクセスが全くなく、低空飛行を続けるところからのスタートですが、それでも続けることで色々と工夫することができますし、それが結果にも繋がるはずです。

忙しい人のためのまとめ

今回から、この項目を増やしてみようと思います。

冒頭から書いてきたことを、箇条書きにして1分ほどで読めるようにまとめるという試みです。

現代人は時間がない。スキマの時間を使って読んでくれている場合、こんなに長い文章を最初から読むのはかったるいですからね。

という事で、今回の記事の内容は以下の通りとなっています。

  • 何よりもまず楽しむ
  • ブログを1本化しない(複数のジャンルを持つ)
  • 誤った情報は書かないよう注意する
  • 炎上には細心の注意を払う
  • 編集(見せ方)にも重点を置き、全力で文章を書く
  • 毎日決まった時間に投稿する
  • 継続は力

おわりに

正直なところ、私はYoutuberと呼ばれる方々の動画を観たことは1度もありませんでした。

そんな私でもHIKAKIN氏の事は知っていましたから、それだけ影響力があるということですし、番組を見てトップでい続けられる理由が良くわかりました。

ブログにも通じる部分がたくさんあったので、これからはできる範囲で実践していきたいです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。