オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【画像あり】楽天市場からのメールが詐欺かどうか調べる方法(本物と比較)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき、恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20180323022303j:plain

先ほど、明日もあるしそろそろ寝るかと思っていた矢先に、かなり気になる情報が飛び込んできました。

【注意】楽天市場を装った不審なメールにご注意ください(注文内容ご確認メール)(2018年3月22日)
出典:楽天市場ホームページ

丁度昨日(22日)に楽天で注文していた商品が届くよーというメールを受け取っていたので、これはもしや!と不安になったのは言うまでもありません。

メールをサッと見てわーい商品届くんだと小躍りし、特に疑いもせず配達状況とかを調べる勢いでしたからね。

ということで、今回は楽天市場からのメールが本物なのか、それとも詐欺なのかを調べたので共有すべくそのことについて書いていこうと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

現在確認されているのは楽天市場からのメールだけ?

3月22日に送信された楽天市場を装ったメールは、公式サイトによれば以下のようなものだそうです。

f:id:aniota-alvarado:20180323012221p:plain

f:id:aniota-alvarado:20180323012229p:plain
出典:楽天市場ホームページ

そして、私が今回受け取った楽天からのメールは以下の通りとなっています。

f:id:aniota-alvarado:20180323012529p:plain

そもそも、私が楽天市場からだと勘違いしていたということもありますが、明らかにメールの内容も外観も違いますよね。

もっとも、私が過去に楽天市場から受け取ったメールを見てみたのですが、確かにかなり酷似しているというかほとんど一緒でした。

f:id:aniota-alvarado:20180323013347p:plain

f:id:aniota-alvarado:20180323013355p:plain

f:id:aniota-alvarado:20180323013403p:plain

いやほんと一瞬見ただけじゃ間違いなく騙されますよこれ。

本物との違いはメールの一番最初に注文者の名前で「●●様」がないのと、詳細のところで注文者の情報(氏名、郵便番号、住所、電話番号)が記載されていない点くらいですかね。

本物と詐欺メールとを見分ける方法

では、どうすれば詐欺だと断定できるのか。

まず、身に覚えがない場合は間違いなく詐欺なので無視してください。



次に、もし私のように丁度注文している時期と重なってしまっている場合は、メールの件名から商品名が確認できるのであればそれで判断してみて下さい。

f:id:aniota-alvarado:20180323014033p:plain

もっとも、私がこのように確認できたのは商品名でメールボックスを検索したからという可能性があります。

したがって、自分が注文した商品の名前でメールボックス内を一度検索してみて、それにヒットするかどうかというのが一つの判断材料になるかもしれません。



メールの件名から判断ができない場合は、まず添付ファイルがあるかどうかを見て、あったら間違いなく詐欺なので無視しましょう。

注文内容の確認で何かファイルが添付されるなんてことはあり得ませんからね。



それでも判断ができないという場合は、時期が時期なのでとりあえず無視が一番です(無視したところで商品は届くので)。

が、どうしても気になるのであれば開いてみてまずは送信先のアドレスを確認してみて下さい。

過去に楽天市場からメールが来ている場合はそれと比較すれば一目瞭然だと思いますが、一応私に届いた本物のアドレスは以下の通りでした。

order@rakuten.co.jp

ちなみに、メールアドレスの他に判断するとすればこれかなというものもいくつかあるので、箇条書きにしていきますね。

  • 注文したショップの名前が同じか
  • 注文日時は合っているか
  • 問い合わせ先は注文したショップのものか
  • 注文した商品の内容(商品そのものや値段、購入数など)は合っているか
  • 注文者の情報は合っているか
  • 送付先が自分の指定した場所か



なお、メールを開いてしまった場合は楽天市場でアナウンスしている通り、絶対に不用意な行動をとらないようにしてください。

  • 身に覚えのない内容のメールに記載されてるリンク、URLはクリックしない
  • リンク、URLをクリックしてファイルがダウンロードされる場合は開かない
  • 不明な添付ファイル(zip)は開かない
  • 宛先に自分以外の複数の受信者(メールアドレス)が入っているメールは開かない

出典:楽天市場ホームページ

結局のところ、本物、偽物関係なく無視をするのが一番安全という事ですかね。

忙しい人のためのまとめ

  • 楽天市場以外からの確認メールは対象外?
  • 本物との違いはメール冒頭に「●●様」がなく、詳細の冒頭に注文者の情報がない
  • 身に覚えがなければ詐欺
  • 注文した商品名でメールボックス内を検索して、ヒットしなければ詐欺
  • 添付ファイルが付いていたら詐欺
  • 楽天市場のアドレス「order@rakuten.co.jp」からじゃなければ詐欺
  • ショップ名、注文日時、問い合わせ先、商品内容、注文者、送付先が合っていなければ詐欺
  • 一番安全なのは本物であれ詐欺であれ無視する事

おわりに

寝る前にびっくりしてあれこれ調べたらこんな時間になってしまいましたが、調べて良かったと思います。

結論として私宛に届いたメールは詐欺ではなさそうですが、それはたまたまであって次も大丈夫な保証はありませんからね。

事実、普段楽天カードからくるメールの「楽天カードを装った不審なメールにご注意ください」は流してしまっており、完全に気が緩んでいました。

楽天関係に限らず、これからはちょっと気を引き締めて色々な詐欺への警戒心を高めようと思います。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。