オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

はてなブログで記事のコピーを防止する方法を導入する際の注意点

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20180514235602j:plain

先日、少し前に書いた当ブログの記事が今までにない勢いで読まれるということがありました。

単純に疑問だったので理由を調べてみたところ、どうもある人のブログがDMCAの申告をされてしまったのが原因のようです。

私の記事が参照されていたこともあり、どういう経緯でそういうことになったのかをなんとなく把握した結果、

  1. 記事をパクった側がパクリ元の記事をDMCA申告
  2. パクられた側の記事が検索から削除
  3. パクられた側が異議申し立て
  4. 無事記事が復活するも、そもそもパクられた側も別の記事をパクっていた可能性が浮上(真偽不明)


という流れのようでした。

ブログがパクられるだけでなく、更にDMCAの申告までされてしまう可能性があるというのはかなりの衝撃です。

今回は、この一件をきっかけに自分のブログを守るためにコピペを防ぐ手段はないかなどを調べたので、色々とまとめておきたいと思います。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

やり方自体は至って簡単でフッタにコードを貼り付けるだけ

コピーを禁止するためにはそれ専用のコードが必要ですが、当然素人の私に作れるはずもありません。

ありがたいことに詳しい方々がコードを公開して下さっていたので、それを使わせていただきました。

やり方まで画像付きで解説してくれていたのが「ブログ運営のためのブログカスタマイズ」さんです。

一応こちらでも簡単に説明しますと、[ダッシュボード]→[デザイン]→[カスタマイズ]→[フッタ]にコードをコピペして[変更を保存する]で完了です。



ササキマコトさんが運営している「マコトのおもちゃ箱 ~ぼへぼへ自営業者の技術メモ~」では、かなり専門的な事が書かれています。

また、右クリック禁止の方法についても詳しく書かれていました。

※貼り付ける場所については上と同様に[フッタ]です。

個別に一部記事を除外できないしデメリットも多い

もっとも、記事の中には先ほど紹介したお二方のようにコードを掲載していたり、例文としてコピペOKのものを掲載していたりするものもあると思います。

そういったコピペしても良いものについては禁止する必要がありませんよね。

試しに自分のブログで検証してみたところ、上で紹介されていたコードを貼り付けるとスーパーpre記法で載せたコードもコピーできなくなっていました。

こういうやつです(出典:フリーターの雑記ブログ)。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">

  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Hello World!</title>
  </head>
  
  <body>
  "Hello World!"
  </body>
  
</html>

それならばとソースコードの部分だけ除外できるようなコードを付け加えられないか色々と調べてみたのですが、残念なことに一切見つかりません。

私がコードの魔術師であれば自ら作り出せたでしょうけど、生憎と何もわからないど素人なので完全に詰みました。



また、調べていく中で、コピー防止や右クリック禁止などの防衛策は色々とデメリットがあるということもわかりました。


第一に、こういった制限を設けることで善良な読者のかたにまで不便にさせてしまうというリスクがある。

これは本当にその通りでかなり猛省しましたね。


第二に、他サイトで引用してもらえる可能性がグッと下がるということ。

これも本当にそうで、「この部分は参考になるしブログに引用する形で載せて紹介しよう!」とせっかく思ってくれたとしても、「なんだよできないならいいわ」とせっかくの好意を無下にしてしまいます。


第三に、こういった防止策は簡単に回避できるらしいですし、そもそもソースは表示できるのであまり意味はありません。

回避策については「主に言語とシステム開発に関して」さんが詳しく書いてくださっています。



以上より、コピー防止や右クリック禁止措置については導入を見送ることにしました。

コピペ対策としてできることはコピーライト表示くらい?

ではただ指をくわえてみていればいいのかというと、そういうわけにもいかないでしょう。

そこで何かできることは無いかと更に調べていく中で、初歩的なのかもしれませんが「ブログにコピーライトの表示をする」べきだという事に気付きました。

もちろん物理的には何ら効果はありませんが、心理的な抑止効果が期待できますしトラブルに巻き込まれた時「こういう表示もしてるし!」くらいは言えます。


ではさっそく具体的なやり方ですが、いたって簡単で専用のコードを[ダッシュボード]→[デザイン]→[カスタマイズ]→[フッタ]に貼り付ければ完了です。

もっとも、はてなブログの場合は使用しているテーマによってコードの内容が異なる可能性があります。

私の場合は「CONTENTS」というテーマを使用しているので、[ダッシュボード]→[デザイン]→[テーマストアでテーマを探す]でまずは自分が使用しているテーマを探しました。

その上で、作成者のかたがどこかのページに載せてくれていないかを探したところ、案の定解説ページの[フッター枠]というところにコードを掲載してくれていたのでそれを使用しています。


なお、テーマ専用のコードがどこにも載っていない!という場合は、別の記事に詳しくまとめたものを後日アップするのでそちらを参照してみてください。

おわりに

自分が一生懸命書いた記事がパクられるのは嫌だなあと思い、何とか防衛できないかと調べてたどり着いたのがコピー防止と右クリック禁止でした。

しかし、確かに一定の効果はありますが結局は回避できてしまうようですし、普通に読んでくださっているかたに負担をかけるのは本意ではありません。

個人的にはメリットとデメリットを比較した上で、それでも必要だという場合のみ導入することをおすすめします。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.