オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

リズと青い鳥は素直に観て良かったと思える映画でした(感想・ネタバレ)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20180603234431p:plain
来場者特典の裏表を撮影してくっつけたものです。
出典:リズと青い鳥(武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会、2018)

公開されてからもう随分経ちましたが、先日ようやく観に行ってきました。

本編であるユーフォ(響け!ユーフォニアム)とは別物のようだったので、正直なところ期待していませんでしたしギリギリまで迷っていたくらいです。

そんな状態でしたが実際に観に行ってどうだったのか、正直な感想を書いていきたいと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

時系列的には2期のあとだったが本編を観ていなくても問題ない?

まったく調べずに観に行ったのですが、暫く観ていて話の流れや登場人物からユーフォ2期のあとという位置づけだろうことがわかりました。


ユーフォ本編では主人公である久美子を中心に、全国大会出場に向けて吹奏楽にひたむきに打ち込む様子や、部員たちの成長が描かれています。

他方、リズと青い鳥はユーフォと舞台は同じであるものの、本編で描かれたような内容にはあまり触れられません。

本編ではあくまでも脇役であったみぞれと希美を中心にというか、ほぼ彼女たちの関係性についてのみ描かれている作品でした。


もちろん、ユーフォ本編を観ていると2人の間にあった過去の出来事や、周りの部員との位置づけなどが分かっているのでスッと作品に入り易いと思います。

もっとも、前述した通り本編とは舞台と登場人物が被っているだけで、あとは全くの別物といっても良いので本編を観ていないからといって置いてきぼりを食らうという事はないでしょう。

声優ではない本田望結さんは下手だったのか

この作品に全く興味がなかったとしても、名前だけは知っているという人もいるかもしれません。

私も興味がないとは言わないまでも当時そこまで積極的にチェックはしていませんでしたが、何となく存在を知っていた理由の一つがこれです。

本田望結さんが声優に挑戦するということよりも、オタクにビビって「お手柔らかに・・・」的なコメントをしていたのが話題になっていた気がします(笑)


で、実際映画を観てみてどうだったかというと、確かに上手くはありませんでした。

ただ、かといってクソミソにこき下ろすほど酷かったかというとそうでもなく、暫く観ているうちに慣れますし最後のほうはリズの雰囲気に合ってるかもとすら思えたほどです。

個人的には童話感が彼女の声質によってよく出ていたと思いますし、これだけを理由に観に行くのをためらっていたのだとしたら勿体ないですね。

キャラクターの個性を上手く使って描かれた傑作

さて、肝心の内容ですが、先に結論を言うと誇張でもなんでもなく本当に傑作だったと思います。


主人公の1人であるみぞれはかなり寡黙で、自分の感情を普段からほとんど表に出すことがありません。

他方、もう1人の主人公である希美はハツラツとしていて、周りにいつも人が絶えないタイプです。

この2人の関係性について描く時、みぞれの「寡黙さ」は下手をするとじれったいといったマイナスに取られる可能性があります。


しかしながら、本作ではみぞれの寡黙さという「静」の部分を上手く利用しながら、言葉に頼らない感情表現をいくつも盛り込んでいました。

2人が歩く時の距離だったり、みぞれの視線だったり、不自然ともとれるアングルだったり・・・。

もちろんそれだけだとわかり難い場面も出てきたかもしれませんが、必要最低限の言葉がそれらを補っていたので彼女の気持ちを見失うという事はありませんでした。

また、2人の関係性を「リズと青い鳥」という童話と照らし合わせて展開していったので、そういった点からもわかり易かったと思います。



こうした言葉以外による丁寧な心理描写の積み重ねが、終盤のみぞれによるオーボエの演奏で最も効果的に作用します。

このシーンでは、傍から見るとただみぞれがオーボエの美しい音色を奏でているようにしか聴こえません。

しかし、これまでの丁寧かつ繊細な前フリによって、まるでみぞれが希美に向けてありったけの想いと、自分からの解放を表現しているかのように聴こえるのです。

言葉は一切なくてそこにあるのは音楽だけ。

にもかかわらず泣きそうになった、というかちょっと泣いてしまったのは初めての経験でした。



今までの演出や、このシーンのあとにあるみぞれが希美に対して普段では考えられないほどの言葉と熱量をぶつけるシーンももちろん素晴らしいです。

ただ、大袈裟に言うならば、このみぞれが希美に対してオーボエを奏でるシーンのためだけにこの作品が存在しているといっても良いと思います。

それくらい、このシーンは印象的でしたし深く心に刺さりました。

このシーンを含めて全体的な構成もバッチリでしたし、久しぶりに手放しで傑作と褒められる作品でしたね。

忙しい人のためのまとめ

  • 時系列的にはユーフォ本編のあとだが、本編を観てなくても十分楽しめる
  • 女優の本田望結さんの演技はお世辞にも上手いとはいえないが、決して悪くはなかった
  • 言葉だけに頼らず細かい演出によって主人公の感情を表現しきった傑作と呼ぶにふさわしい作品だった

おわりに

この作品というか、2人の関係を「百合」とだけ表現するのは余りにも短絡的といえるでしょう。

前述した繊細な演出によって表現されたそれは、ただただ美しく言葉では言い表せないものがありました。

たかがアニメ映画に何を大袈裟なと思われるかもしれませんが、京アニの作画技術も相まって芸術作品の域にまで達していたと個人的には思っています。

映画館では人目が気になってちょっと泣くのを我慢してしまったので、Blu-rayを絶対に購入して家で静かに浸りたいですね。

本当に、観に行って良かったです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.