オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

2018年春アニメのうち全話観た中でのおすすめトップ3(感想・ネタバレあり)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極に存じます。あにおです。

f:id:aniota-alvarado:20180708234903j:plain
出典:「多田くんは恋をしない」公式Twitter(2018、「多田くんは恋をしない」製作委員会)

もうすでに次のクールである夏アニメが始まっていますが、ようやく先日私が観ているアニメの視聴を全て終えることができました。

今期は群を抜いて面白かったアニメはないものの、安定している作品が数多くあった。そんな印象を抱いています。

今回は、前のクールにやっていたアニメのうち、面白かったものを3つ上げて簡単に感想なども書いていこうと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

最後まで観たアニメ一覧

まず、前提として私が最後まで全話視聴したアニメを羅列していきます。

  • 弱虫ペダル 4期
  • 刀使ノ巫女(2クール)
  • ダーリン・イン・ザ・フランキス(2クール)
  • 斉木楠雄のΨ難 2期(2クール)
  • 宇宙戦艦ティラミス
  • 銀河英雄伝説 Die Neue These
  • 3D彼女 リアルガール
  • 多田くんは恋をしない
  • こみっくがーるず
  • メガロボクス
  • ヒナまつり
  • 魔法少女サイト
  • デビルズライン
  • ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
  • LOST SONG
  • ひそねとまそたん
  • 奴隷区 The Animation


続いて、冬アニメではあるものの2クールのためまだ終わっていないアニメが以下の作品です。

  • シュタインズ・ゲート ゼロ
  • ルパン三世 PART5
  • フルメタル・パニック! Invisible Victory

おすすめアニメトップ3

では、この中で私が特に面白いと思った作品を上げていきます。

第3位 ヒナまつり

原作を読んでいたので新鮮さこそありませんでしたが、そんな条件下でもしっかり笑わせてくれました。

構成も原作のままではなくサクサクと進めることを意識しており、なによりも制作陣の愛が感じられたのが良いですね。

個人的には少し感動系の話に偏り気味だった気もしますが、ギャグ一辺倒ではなく色々な側面を見せることでバランスを意識したのかもしれません。

作画も最後まで綺麗でしたし、作る側も見る側も楽しめるそんな素敵なアニメだったと思います。

第2位 銀河英雄伝説 Die Neue These

正直なところ1話を観た段階ではそこまで面白く感じず、なんなら退屈だなあとすら思っていました。

しかし、ラインハルトとヤンという2人の主人公がそれぞれ敵同士となり、対立するという構図が分かってからどんどん面白くなってきたのです。

それぞれの過去を掘り下げどういう人物なのかを描くことで感情移入がしやすくなりましたし、破竹の勢いで活躍する様は観ていて爽快感がありました。

2人を活躍させるために周りを若干アホに描いている側面がある気もしますが、実際に宇宙で戦闘が行われたら無能な指揮官もそれなりにいるのかもしれませんね。

最後のほうは次の話が待ちきれなくなるくらい楽しみだったので1位にしても良かったのですが、劇場版につなげて終わらせなかったことからこの順位となっています。

第1位 多田くんは恋をしない

かなり迷いましたが最終回で綺麗に終わったこと、全体の流れが素晴らしかったことから1位とさせていただきました。

テレサと光良のドラマチックな出会いから、2人が徐々に気持ちを通じ合わせていく様子がとても繊細かつ丁寧に描かれています。

全13話を一気に観ると、まるで良くできた映画を1本観終えたような感覚に陥るかもしれませんね。



視聴者側としてはテレサが他国の要人であることが早い段階で想像でき、最終的に2人の関係をどう落ち着かさせるのかが一番の関心ごとだったと思います。

通常、身分が違うだけでなく婚約者までいるとなると、光良が身を引くとか婚約者のシャルルが嫌な奴となり欠け落ち気味に奪うとか、後味の悪い展開になりがちです。

その点、テレサの気持ちを知ったシャルルが身を引く、しかも世間には身勝手な理由だと思わせるという切なくも誰かを嫌な気持ちにさせることのない落としどころは、素晴らしかったのではないでしょうか。

最初に2人が出会ったところでまた2人が再会し、物語を紡ぐであろうことを想像させる終わらせ方もとても綺麗でした。

実はほとんど横並びといえるクールだった

と一応順位をつけましたが、このクールは特出した作品がなくどれも安定して楽しめたというのが正直なところです。

前述した最後まで観た作品群も悪かったというわけではなく、本当に強いていえばこの3作品という感じなのです。

1話観た時の期待感とは若干ズレは生じましたが、切らずに最後まで観るくらいにはどれも良かったと思います。

忙しい人のためのまとめ

  • 第3位の「ヒナまつり」は原作を上手く改変しており、制作陣の愛を感じる素晴らしい出来だった
  • 第2位の「銀河英雄伝説 Die Neue These」は徐々に面白さが増していくタイプの作品だった
  • 第1位の「多田くんは恋をしない」はテレサと光良の関係をとても丁寧に描いており、最終話まで上手くまとまっていた

おわりに

いつもであれば順位付けをするのにそこまで悩まないのですが、このクールは本当に困りました。

いい意味でも悪い意味でも特出した作品がなく、観ていた作品のほとんどが横並びでしたからね。

1話を観た段階での予想とは大きく順位が変動していますが、横並びということからもわかる通り決してつまらなくなったからではないのでご了承ください。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.