オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

ガチャ姫はよくある異世界ものとは一線を画した作品だった(感想・ネタバレ)

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。


f:id:aniota-alvarado:20180904232132p:plain

最近、Web小説にはまっており色々と読み漁っています。

本日は、そんな中から最新話まで読破した「ガチャ姫」についての感想を書いていこうと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

設定は異世界転移ものにソシャゲの要素をミックスしたもの

異世界転生や異世界転移ものというと、今では相当な数があり人によっては「またか・・・」という感想を抱くかもしれません。

かくいう私もそうで、最初は正直なところあまり期待せずに読んでいました。

が、しばらく読み進めるとわかるのですが、この「ガチャ姫」はちょっと普通の異世界ものとは様子が違ったではありませんか。


主人公が別の世界から転移してくるというところまでは、通常の異世界ものと同じです。

しかし、主人公が特殊な力を持っているとか、いきなり転移先で大活躍するといったありがちな展開ではありませんでした。

なんと驚くべきことに彼は何の力も持っておらず、何ならその世界で底辺とも呼べる位置づけだったのです。


これだけでも通常の異世界ものとは様子が異なりますが、ここに更に面白い設定が加わります。

それがタイトルの一部にもなっている「ガチャ」です。

主人公が転移した世界では「王」と呼ばれる存在がそれぞれ領地を持っており、多かれ少なかれ家臣というか兵を従えています。

そういった戦力を得る手段としてあるのが、傭兵等と金銭的な契約関係を結ぶというやり方と「ガチャ」なのです。


主人公は王として異世界に転移し、よくあるソシャゲ同様石を使って仲間を召喚します。

ここで普通の異世界ものであれば、強い仲間をバンバン召喚して敵をばったばったと倒していくのでしょう。

しかし、この石はかなり貴重なものでおいそれと手に入らないにもかかわらず、主人公が召喚できたのはN(ノーマル)のキャラ4人にR(レア)のキャラ1人。

ちなみに、レア度は下からN<R<HR<SR<EXという順番です。

つまり、一番下のレアリティ4人と下から二番目のレアリティ1人を仲間にしたわけです。ばったばったなんて夢のまた夢です。


このように、通常の異世界ものに良くみられる「序盤から何か一つ秀でたものがあり無双する」ということが、この作品においてはみられなかったのです。

この設定に私はまず興味を引かれました。

見所はどんどん大きくなっていくコミュニティと個性豊かなキャラクター

それからしばらくは「そこそこ面白い」くらいの評価だったのですが、読み進めていくうちにどんどんその評価が上がっていきます。


まず、なにより好感の持てる主人公。これが地味に大きいです。

主人公である勇咲は力が無いこと、仲間のレアリティが低いことを悲観せず常に前を向いています。

困難に自ら立ち向かい、弱くとも仲間を守ろうと前線にい続ける。ひたすらに良い奴なのです。


次に、そんな弱小ともいえる勇咲のコミュニティが、少しずつ、でも着実に大きくなっていくのが見ていて気持ちいいです。

ガチャだったりひょんなことから知り合ったりと過程は様々ですが、徐々に強い仲間が増えていき、領地も拡張されていきます。

特に領地が徐々に充実していくのは、ソシャゲの領地拡大機能のようで何だか気持ちが良いんですよね。

また、強い仲間が増えたからといって当初からの仲間であるRのオリオンの影が薄くなるかというと、そういうわけでもありません。

レアリティに関係なくそれぞれに見せ場を作るというか、活躍の場が設けられているのは素直に凄いと思います。普通だったら偏りますからね。


最後に、そういったどんどん増えてくるキャラクターたちが、みんな個性豊かで上手く描き分けられています。

最新話まで相当な話数があり、それまでにかなりの数のキャラクターが出てきているのですが、それぞれが見事に存在感を発揮しているのです。

よくありがちなのが語尾だけを特徴的にして描き分けるという手法ですが、本作には当てはまりません。

かなり詳細に造り込まれた設定によって、それぞれの個性が上手いこと必要な場面で活かされていました。これ、本当に凄いです。

基本的には「ガチャ姫」というくらいですから女性メンバーが多いですが、最新話まででちょこちょこ男性も出てきています。

それらすべてのキャラクターが皆いい味を出していて、甲乙つけがたいくらいに魅力的なキャラクターばかりなのも見どころの一つといえるでしょう。

忙しい人のためのまとめ

  • よくある異世界ものとは違って、主人公が最初から強くないのとガチャというソシャゲの要素があるのが斬新
  • 好感が持てる主人公で、応援したくなるほどに良い奴
  • どんどん大きくなっていくコミュニティが見ていて気持ちよく、増えていく仲間も個性豊かでそれぞれに活躍の場がある

おわりに

前述した通り女性メンバーが多いということもあり、ハーレム要素が目につくという事もあるかもしれません。

しかし、本作はただの異世界ハーレムものではなく、面白い要素がたくさん詰まっていました。

「異世界ものはもう飽き飽きだ」という理由からもしこの作品を敬遠していたのであれば、試しにちょっと読んでみて欲しいです。

また、これを機会に知ったという人も是非読んでみてください。

止まらなくなること間違いなしです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.