オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

【2018川越】よしもとスペシャルライブに初めて行った正直な感想

スポンサーリンク

はじめに

当ブログにお越しいただき恐悦至極にございます。あにおです。


本日、ウェスタ川越にて行われた「よしもとスペシャルライブ」に行ってきました。

お笑い自体は好きなものの生で観るのは初めてだったので、正直なところどうだったのか感想を書いていきたいと思っています。


それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

※長々と読んでられない!という場合は目次の「忙しい人のためのまとめ」から飛んでください。

出演者は全部で5組、時間はそこまで長くなかった

まず、出演者ですが以下の5組となっていました。

  • パンクブーブー
  • かまいたち
  • 和牛
  • ゆにばーす
  • おばたのお兄さん

ヤオコーの懸賞で当たったものなので、それにしては中々の面子だと思います。

特に上の2組は賞レースでチャンピオンになっているので、否が応でも期待してしまいますよね。


ちなみに、全体の流れは最初にヤオコーの社長さんから挨拶があり、そのあと5組がネタ披露。最後にちょっとしたプレゼントコーナーという感じでした。

全部で大体1時間半くらいだったので、そこまで長くはなかったです。

各組の持ち時間はおそらく10〜15分といったところだと思います。

全員が笑いを取っており満足のいく内容だった

まず、トップバッターはゆにばーすからで、M-1の3回戦だったかに披露していたラジオのネタがベースになっていました。

最初ということもあり会場を温めるようなやり取りも多く、安定して笑いを取っていましたね。


続いてはおばたのお兄さんだったのですが、予想以上に笑いを取っていましたし個人的にも面白かったです(失礼)。

ただ、「小栗旬」、「花より男子」という2つを知っていないと面白さは半減すると思うので、人によっては「???」という場面もあったかもしれません。

会場の雰囲気に合わせたネタ運びや、客のいじり方がかなり上手かったですね。



続いてはかまいたちで、こちらもM-1の3回戦だかにやっていた心理テストをベースにしたネタでした。

わかっていても笑ってしまう上手さがありましたし、間が絶妙でしたね。


続いては和牛で、こちらも観たことのあるネタではありましたが面白かったです。

笑いを取っていたのはもちろんですが、川西さんの喉の調子が悪くなった時や、おばたのお兄さん(小栗旬)を弄った時などはライブ感があって良かったです。


最後に、パンクブーブーですが流石の二冠ですね。笑いの量が一番多かったと思います。

近くに座っていた人なんかは、途中窒息するのでは?というくらい笑ってました(笑)

ベースとなるネタ自体は観たことがありましたが、そこに一つ前の和牛のネタを入れたり、色々組み合わせたりしていたので全然気になりませんでしたね。



ここまでで大体1時間経っており、ここからは味の素セットと5組のサイン(寄せ書き)、一緒に写真を撮るという特典を5人にプレゼントするという企画が始まりました。

一応1階〜3階まで全員に権利があると言っていましたが、当たった人は舞台に上がるのでおそらく1階席だけが対象だったんじゃないでしょうか(当たった5人は全員1階席でした)。

司会はパンクブーブーのお2人が務め、番号を引くときにボケたり当たったお客さんを弄ったりと30分終始楽しい雰囲気でしたね。

残念ながら当たりませんでしたが、観ているだけでも楽しかったので十分満足です。

忙しい人のためのまとめ

  • 各組が大体10〜15分の持ち時間で、他にプレゼントコーナーもあって大体1時間半という長さだった
  • それぞれがしっかりと笑いを取っていたが、その中でもパンクブーブーは圧巻だった
  • テレビで観るのも良いが、生ならではの良さもあることがわかった

おわりに

普段ネタ番組をテレビでは結構観ており、正直それだけで満足している部分はありました。

しかし、今回初めて生で観て思ったのは、テレビとはまた違った良さがあるということです。

その場でしか生み出せない笑いだったり、テレビよりも長尺で観られたり、ライブにはライブの良さがあるんですね。

これを機に、これからは劇場などで行われている生のお笑いライブも観に行きたいと思います。

いやー、いい経験をさせていただきました。




長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

Copyright © 2016-2018 オタクの戯言 All rights reserved.