読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクの戯言

オタクが思うがままに書き連ねていく、とりとめのないブログです

弱小ブログでもできる事はある!アクセス数アップのためにやったこと~形式面~

ブログ 雑記

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

少し前に、ブログを始めて1年が経ったという事で、それに関する記事を書きました。
aniota-alvarado.hatenablog.com
その中で、少しだけアクセス数がアップするためにやったことに触れたのですが、後日詳しく書くと言っていて忘れていたことに気付きました。

そこで、今回は2回に分けて、アクセス数アップのために、ブログ初心者なりに工夫したことを、形式面と内容面とで書いていこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

とにかく“読む人が読み易いブログ”を意識した

まず、形式面で私が一番最初に意識したのは、読んでくれる人ができるだけイライラしないように、ストレスを感じないようにしようということです。

また、それに加えて、どうしたら目に止まるか、わかり易いかという事も意識するようになりました。

そういった観点から、変更したのは以下の7点です。

1.行間を必ず1行空ける

何らかの方法があるのかもしれませんが、はてなブログで何も気にせず書いていると、はてな記法を利用している場合、文字がびっしり詰まった状態で反映されます。

そこで、記入する段階で、必ず一文書いたら一行空けるという事をするようにしました。

2.タイトルをなるべくわかりやすくした

どこかで書いた気もしますが、当初私はタイトルをかなり抽象的にしていました。

例えば、この記事だったら「ブログ改革のススメ!」とかそんな感じです。センスなさ過ぎて笑います。

ただ、それだと意識されることすらなく、スルーされる可能性が高いと気付いてから、タイトルにも力を入れるようになりました。

3.目次をつけた

当ブログは、検索から記事にたどり着いたというかたが、かなりの割合を占めています。

それが、何か調べ物をしていて・・・という場合、目的の内容に中々たどり着けないと、相当イライラするはずです。

そこで、パパッと目的の内容に到達できるよう、目次を導入してみました。

4.定型文を導入した

この辺りは、守形レイジさんが無料公開してくださっている、「はてなブログ解体新書」を参考にさせて頂きました。
sugatareiji.stores.jp
かなり前に拝見したので、完全にうろ覚えですが、テンプレの挨拶などを毎回書くことで、ブログにその人のカラーが出るみたいな、そんな話だった気がします。

その他にも色々と参考になることが書かれているので、はてなブログを利用している人は一読することをオススメします。

5.サムネイルをつけるようにした

その記事がどういった内容なのか、その雰囲気が一目でわかるというのは、結構大事な事だと思います。

はてなブログでは、編集オプションから「アイキャッチ画像」を個別設定できるので、毎回何かしらの画像を指定するようにしています。

詳しく知りたいかたは、別に記事を書きましたのでこちらをご覧ください。
aniota-alvarado.hatenablog.com

6.関連記事が現れるようにした

私もたまに、検索から記事にたどり着き、そのまま関連する別の記事へと移動するという事をします。

私のブログのアクセス数からすれば、それは微々たる数かもしれませんが、より多くの記事を読んでいただける可能性があるのであれば、やらない手はありませんよね。

相当前にやったことなので、ぼや~っとした記憶を頼りに、一応参考にしたであろうサイト様を以下に掲載しておきます。
www.toritemi.com

7.変更点が出るたびに、リライトをした

前記の6点については、当然ですが最初からやっていたわけではありません。

そのため、変更前と後の記事に、大きく差が出てしまっていました。

それをその都度、リライト(修正)していった結果、以前はほとんど読まれていなかった記事が、主力となったなんてこともありました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

以上の7点を意識するようになる前と、なったあとでは、単純計算で一日のアクセス数が3倍ほどに増えました。

もちろん、弱小ブログですから、元々のアクセス数がそこまで多くはないものの、それでも自分の中ではかなり大きな変化といえます。

同じように、アクセス数が伸び悩んでいるという、弱小ブログの管理人さんにとって、少しでも参考になれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

はてなブログでアイキャッチ画像を好きなものに設定する方法

ブログ 雑記

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、これはブログにも言えることのような気がします。

そんな、視覚に訴える方法の一つとして有用なのが、「アイキャッチ画像(サムネイル画像)」の設定です。

ということで、本日は、はてなブログで「アイキャッチ画像」を設定する方法について書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

デフォルトのままだと基本はプロフィール画像

はてなブログに限った話ではないと思いますが、記事を書く際に写真を投稿することができますよね。

この、投稿した写真の中で、一番最初に投稿したものが、自動的にその記事のアイキャッチ画像に設定されます。

もっとも、記事によっては一切写真を掲載しないということもあるでしょう。

その場合は、設定していればプロフィール画像が、設定していなければはてなが用意した質素な画像が、アイキャッチ画像になってしまいます。

やり方は、編集オプションに画像のURLを入れるだけ

では、自分が用意した写真や画像を、いちいち記事内に投稿することなく設定するにはどうすればいいのか。画像付きで簡単に解説します。

1.ブログにあった写真を用意する

当たり前の話ではありますが、ブログ運営の際に細心の注意を払わなければならない事の一つとして、「著作権」の問題があります。

そこで、私は使用する写真を、自分が撮影したものか(厳密には、それでも複製権侵害の可能性がある場合があります)、フリー素材の物に限定しています。

個人的には、以下のサイト様を頻繁に利用させていただいています。
www.photo-ac.com

2.はてなフォトライフにアップロードし、URLを取得する

1.で用意した写真を、はてなフォトライフにアップロードし、URLを取得します。

「写真を投稿」の「フォトライフ」をクリック
f:id:aniota-alvarado:20170325232200p:plain
右上の「アップロード」をクリック
f:id:aniota-alvarado:20170325232211p:plain
出てきた「アップロード」をクリックして使用する写真をアップロード
f:id:aniota-alvarado:20170325232218p:plain
アップロードした画像をクリック
f:id:aniota-alvarado:20170325232227p:plain
出てきた画像の上で右クリックして、「画像のURLをコピー」を選択
f:id:aniota-alvarado:20170325232237p:plain

3.「編集オプション」の「アイキャッチ画像」に2.で取得したURLを貼りつける

先ほど取得したURLを、「編集オプション」の「アイキャッチ画像」にあるスペースに貼り付けます
f:id:aniota-alvarado:20170325233124p:plain

これで、アイキャッチ画像が自分の用意したものに変更されました。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

蓋を開けてみると簡単なことがよくわかりますが、当時、画像を用意したものの、URLはどうやって取得すれば良いのか若干戸惑ったのを覚えています。

同じように、ブログを始めたばかりで右も左もわからない!という人の参考になれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

噂通り初心者にはハードルが高いのか?オープンしたてのラーメン二郎埼玉川越店に行ってきました

感想 食事 グルメ

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

「ラーメン二郎」といえば、行ったことはなくても名前は知っているという人も、結構いることでしょう。

そんな、知る人ぞ知る「ラーメン二郎」が、埼玉県は川越市に新しくオープンしたという事で、早速行ってきました。

ということで、今回はそんなオープンしたての「ラーメン二郎 埼玉川越店」について、感想やらを書いていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

私のジロリアン度

ジロリアンとは、簡単にいうと、ラーメン二郎をこよなく愛する、そんな二郎に魅了された人たちの事を指すそうです。

オープンしたての二郎にわざわざ行くという事は、私もそれなりの・・・と思われるかもしれませんが、実は全くそんなことはなく、ジロリアンと名乗ったらボコボコにされてしまうほどのにわかです。

行ったことのある二郎は川越を除くと4店舗で、それぞれ1回ずつ。しかも最後に行ったのは約2年前といえば、その初心者っぷりが伝わると思います。

回転率はオープンしたてという事もあってあまり良くない?

まず、私が行ったのは夜の部のほうなのですが、開店の10分前くらいに着いて3、40人くらいは並んでいたと思います。

前述した通り、かなりのにわかである私ですが、それでもこれくらいの人数であれば、過去の経験から、想像よりも早く店に入れると思っていました。

しかし、実際に二郎にありつけたのは、ここから約1時間半後だったので、おそらく他の店より回転率は良くないと思います。

また、営業開始から1時間強くらいで、すでに夜の分終了と貼り出されたようなので、その事からも早めに行くことをオススメします。

一番懸念していたお店の雰囲気は、おそらく緩いほう

さて、私のような二郎初心者が一番気にするのは、お店の雰囲気と注文のしかたです。

それは、たまに見かける以下のコピペが原因といっても良いでしょう。

店主 「ラーメン行ってみましょうか?」
学生 「???」 数秒沈黙
店主 「ニンニク入れますか?」
学生 「あ、はい、お願いします」
店主、両耳に手をあてて「ラーメンにニンニク入れますか?」
学生 「お願いします」
店主、イライラしながら
「お願いします? ニンニク入れるんですかー?
 ラーメンにニンニク入れて良いんですねー?」
学生、当惑しながら 「お願いします」
店主 「チッ!」 ニンニク入れて丼をドスンと置く

怖い。怖すぎます。

では実際にはどうだったのか、まず、お店全体の雰囲気ですが、そこまでピリピリした感じはなかったです。

むしろ、オープンしたてで店員さんがまだうろ覚えのようで、助手の人が色々と教えてあげる場面が多く、お客も“間違っても良い”雰囲気が漂っていました。



次に、問題の注文の仕方ですが、麺の硬さや味の濃さなどは、私は普通で良かったので特に何も言いませんでした(言うタイミングはお店によってまちまちのようです)。

前述したコピペの無料トッピングに関しては、「ニンニク入れますか?」と聞いてくるので、その時に伝えます。

私が行った時は、結構注文の仕方がバラバラで、明らかに慣れていない人もいましたが、それで嫌な態度を取られるといったこともありませんでした。

味は良く行く人曰く、スタンダードなタイプらしい

二郎に味なんて求めていない!という人もいるのかもしれませんが、私のような初心者からすると、やっぱり美味しいほうが嬉しいです。

では、川越二郎はどうだったかというと、外観は以下の通りです。
f:id:aniota-alvarado:20170323000312j:plain
頻繁に二郎に通う友人によると、これはかなり綺麗に盛られているとの事です(笑)

また、肝心の味についてですが、私の主観では、全体的に丁度良く、今まで食べた二郎の中でも美味しいほうなのではないかなと思いました。

チャーシューはそれなりに柔らかかったですし、スープの濃さも丁度良かったです。

これまた私よりも二郎に行き慣れていた友人曰く、スタンダードなタイプで、十分美味しかったとのことでした。

初心者でも食べきれる、オススメの食べ方

ちなみに、私のような初心者でも、食べ方を工夫すれば結構完食できるものです。

まず、注文するのは当たり前ですが「小」にしましょう。これでも普通のラーメンを超大盛にしたくらいの量はあります。

次に、食べる順番は、①チャーシュー→②麺→③野菜の順番にしましょう。

私は一番最初、順番を意識しないで食べたせいで、最後かなり涙目になりながら食べた記憶があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

以上の事からもわかる通り、私はかなりの二郎初心者ですが、そんな私でも何ら嫌な思いをすることなく、食事することができました。

私のように、ネットの噂におびえ、興味はあるけどハードルが高く、行くのに躊躇われるという人は、川越二郎をオススメします。

女性客もかなり少なかったですが居ましたし、素人にとって行きやすいお店だといえるでしょう。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

スクフェスのスコアマッチで勝率の高い時間帯はいつか?検証結果を報告

ゲーム ラブライブ! レポート 雑記

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

先日、スクフェスにて、第30回目のスコアマッチイベントが終了しました。

私はこのイベントを初回から欠かさずやっていたのですが、やっていくうちに、何となく勝ちやすい時間帯とそうでない時間帯があるなと思っていました。

そこで、今回ようやく時間が取れたので、全時間帯を検証し、勝率の高い時間帯とそうでない時間帯を検証してみたのです。

それでは、前置きはこれくらいにして、さっさと本題に入りたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

検証の条件とユニット

まず、前提として検証の条件ですが、以下のルールの下、検証しました。

  1. 1時間ごとに、3回プレイすること
  2. 経験上、最も効率が良かったEXPERTでプレイすること
  3. 運の要素をなるべく排除するため、フルコンを出すこと

※正確性を重視するのであれば、プレイ回数は多いに越したことはないのですが、現実的なラインとして3回としました。

次に、ユニットですが、私のユニットはそれぞれ以下の通りとなっています。
f:id:aniota-alvarado:20170315233138p:plain
f:id:aniota-alvarado:20170315233155p:plain
f:id:aniota-alvarado:20170315233247p:plain
ご覧の通り、クール属性が圧倒的に弱いので、これで勝てたら本物といえなくもない・・・?

漠然と感じていた、早朝と夕方に勝ちやすいという感覚は合っていた?

単に結果だけ書いても良いのですが、適当に羅列することも可能なので、一応記録しておいたスクショも載せていきます(フルコンは3回以上、ミスしたものも一応掲載)。

ちなみに、文字の色は、それぞれ赤がスマイル、緑がピュア、青がクールとなっています。

0時・・・1位3位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317000245p:plain
1時・・・2位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000341p:plain
2時・・・3位1位3位
f:id:aniota-alvarado:20170317000451p:plain
3時・・・1位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000508p:plain
4時・・・2位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000534p:plain
5時・・・2位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000556p:plain
6時・・・1位4位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000617p:plain
7時・・・4位2位3位
f:id:aniota-alvarado:20170317000641p:plain
8時・・・3位2位4位
f:id:aniota-alvarado:20170317000709p:plain
9時・・・2位4位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317000736p:plain
10時・・・1位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000804p:plain
11時・・・2位1位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317000824p:plain
12時・・・3位2位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000843p:plain
13時・・・3位4位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000901p:plain
14時・・・4位3位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317000922p:plain
15時・・・4位3位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317000939p:plain
16時・・・2位2位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317001005p:plain
17時・・・4位3位1位
f:id:aniota-alvarado:20170317001028p:plain
18時・・・2位1位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317001051p:plain
19時・・・3位3位4位
f:id:aniota-alvarado:20170317001113p:plain
20時・・・1位4位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317001145p:plain
21時・・・1位1位4位
f:id:aniota-alvarado:20170317001208p:plain
22時・・・4位2位2位
f:id:aniota-alvarado:20170317001236p:plain
23時・・・1位1位3位
f:id:aniota-alvarado:20170317001256p:plain

人によって、何を持って“勝ち”とするかは違うと思いますが、私としてはスコアマッチptがマイナスとならない、1位、2位であれば“勝ち”であると考えました。

その条件に当てはまるのは、下線が引いてある時間帯です。

その上で、3連続1位が一番望ましいのですが、今回はそれがなかったので、2回1位があったものが、太字となっています。

結論

前記の通り、勝率が高い時間帯は、1時、3時、4時、5時、10時、11時、16時、18時の8つです。

その上で、1位が2回あったのは、3時と10時の2つだけでした。

私が漠然と感じていた、早朝と夕方というのは、おそらく5時と16時あたりだと思うので、そこまで的外れな感覚ではなかったのかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

私のユニットを見てもらえればわかると思いますが、3属性とも、決して強い布陣とはいえません。

そのため、毎回スコアマッチには振り回されっぱなしで、少しでも勝率を上げたいというのが、今回の検証をするに至った動機となっています。

もちろん、毎回、かなりの数をこなすという事をしていませんから、正確性については微妙なところだと思います。

あくまでも参考程度ですが、同じように弱小ユニットを使用している人の一助になれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。

【ネタバレなし】こういう人は観ないほうが良い?ラ・ラ・ランドに向かない5つのタイプ

感想 映画 音楽

はじめに

当ブログに初めてお越しのかたは初めまして、定期的に来てくださっているかたはいつもありがとうございます。あにおです。

先日、ようやく「ラ・ラ・ランド」を観てきました。

個人的にはそこそこ満足できたのですが、観終わってから、感想を検索してみると、賛否両論というではありませんか。

なるほど確かに、観ていて思い当たる節がいくつかあったので、否定派がいても全く不思議ではありません。

そこで、今回は私が思った、「こんな人は向いていないよ」という項目みたいなものを羅列していこうと思います。

それでは、最後までお付き合いいただければ幸いです。

1.ミュージカルが嫌いな人

CMを見てもらえればわかると思いますが、この作品はミュージカル要素がかなり強いです。

いきなり歌い出すとか意味わからない。歌が邪魔で集中できない。といった、ミュージカル嫌いの人は絶対に観るべきではないです。

2.論理的な人

この作品は、テンポ感を大切にしているからか、心理描写が若干甘めという印象を受けました。

登場人物が何故こういった行動をとったのか、という理由がはっきりしないことが結構あったので、そういうのが気になる人は観ないほうが良いです。

3.音楽に興味がない人

1.と若干被る部分がありますが、この作品の監督は、ミュージカル要素以外に、音楽、とりわけジャズに傾倒している節があります。

作中にも音楽にスポットが当たる場面が多々あるのですが、音楽それ自体に興味がない人からすると、相当しんどいと思うので、そういう人は観なくて良いと思います。

4.典型的なハッピーエンド以外受け付けない人

ネタバレしないように書くため、かなり抽象的になってしまいますが、この作品の終わりかたは人によってはスッキリしないかもしれません。

やっぱり物語は大団円を迎えなくちゃ!といった感じで、誰が見てもスッキリできる終わり以外受け付けないという人は、観ないほうが良いと思います。

5.アニメ・ラノベオタクの人

もちろん人によりますが、おそらく、この作品をアニメやラノベでやったら“賛”よりも“否”のほうが多くなるのではないか、という印象を抱きました。

これは、主に4.に大きく関わっており、あの結末を是とできるのは、実写だからという側面が強いような気がします。

私も結構モヤっとしましたし、アニメやラノベだったら「うーん・・・」と首をひねったと思うので、そういうのが嫌な人は観ないほうが良いと思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ネタバレしないよう、内容にはほとんど言及しなかったため、かなり抽象的になってしまいました。

これで上手く伝わるかはわかりませんが、全くの心の準備をしないで観に行って、予期せぬダメージを受けた。という人が一人でも少なくなれば幸いです。



長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

それでは、またのお越しをお待ちしております。